FC2ブログ

ダイマックス適性

最近、ダブル構築の組み方に関して、やっと理論化の目途が立った。

ダイマックス適性の高いポケモンをメインダイマに据える。
②メインダイマの隣におく相方を決定する。
③先発2体で無理が発生する敵の並びに対する立ち回りを考え、死に出し役・交代先に相応しいポケモンを選ぶ。
特定の強力なギミック構築に対する解答を盛り込む。

というのを基本路線とすることにした。
続きを読む
スポンサーサイト



ダイマックスの切り方

8世代でダブルバトルをやっていて、私はまだまだこのゲームに対する理解が浅いな、としばしば感じる。
何故だが知らないが、お互い派手な技を撃ち合っていると、バッサバッサと盤面のポケモンが倒れていき、いつの間にか勝負がほぼ決した状態になっていることが多く、その間盤面のコントロールが全くと言っていいほどできないのだ。

そして、こう思った。

ダイマックスへの理解が足りない!

そう、とても当たり前な話なのだが、このゲーム、ダイマックスの扱いが最も重要なのである。ここを何とかできないことには勝てるようにはならない。
よって今回は、ダイマックスに対する現状での理解をまとめておくことにする。
続きを読む

ダブル先発案

ダブルバトルを日々考えているが、早くも暗礁に乗り上げてしまった感がすごい。
というのも、ダイマックスポケモン(+弱点保険)の圧がものすごく、少しでも読み外すと即刻負け崩れてしまうからだ。
特に、先発の時点で敵からの制圧を受けてしまうというのでは、絶望的だ。

そこで、ダブルバトルを考えるにあたって、安易に崩されない先発を考案することには大きな意味があると考えた。


まず、制圧してくる相手から紹介する。


【想定すべき相手】

★エルフーン+ドラパルト(非常に危険)

まず最初にこの初手を挙げた。
この先発が高い制圧力を誇る理由は、

・追い風下のドラパルトより速いポケモンが存在しない。
・嘘泣き+特殊珠ダイ技が様々なポケモンを一撃で葬る。
・ドラパルトは物理か特殊かわからない。
・ドラパルトは特性クリアボディで能力下降を受けない。
・ダイドラグーンでこちらの物理火力が削がれてしまう。

とヤマほどある。ダブルの先発は、エルフーン+ドラパルトへの立ち回りが確定していなければ話にならない


★エルフーン+鬼火力(危険)

鬼火力としては、ウオノラゴン、パッチラゴン、ヒヒダルマ、正義の心ウインディ、正義の心ルカリオ、サンパワーリザードン、珠ジュラルドン、珠ギャラドス、珠アイアント、と多種多様。
この多様な相手に対して安定した立ち回りができる先発というのは、極めて稀である。


★ドリュウズ+バンギラス(危険)

砂下の大ドリュウズが強いの一言に尽きる。
というのも、砂下大ドリュウズ(特に珠)、ものすごい高い火力で半端な等倍相手を軒並み縛りながら、先攻ダイアースダイスチルで自身と味方の耐久を上げ、行動保証を行うからだ。何とかドリュウズを処理したはいいが、気付いたら隣がムキムキになっていて手遅れ、ということにもなりかねない。


★能動保険(非常に危険)

自ら弱点保険を発動させ、ムキムキエースを誕生させる組み合わせ。
様々なパターンが考案されており簡単な対策をし得ず、予測していないところから超火力が飛んでくることも多いため、極めて危険。
パターンは、以下のものが主に考えられる。

・氷の礫+保険トゲキッス
・氷の礫+保険ドラパルト
・波乗り+保険バンギラス
・波乗りorアクアジェット+保険蒸気機関セキタンザン
・蜻蛉帰り+保険ルンパッパ+ペリッパー
・氷の礫+保険軽業ルチャブル
・氷の礫or影撃ち+保険軽業フワライド


★吸い+積み(非常に危険)

トゲキッス(やバタフリー)で敵の攻撃を吸いながら隣で積み、直後ダイマックスしてぶん殴る先発。
中でも危険度が高いのが、次。

・トゲキッス+剣舞ドリュウズ(+バンギラス、カバルドン)
・トゲキッス+龍舞ドラパルト
・トゲキッス+太鼓カビゴン(+スピードスワップアブリボン)


★ダイジェット+中速以上(注意すべき)

ダイジェットできるポケモンがダイジェットで味方ともども加速しながら殴りかかる。ダイジェットでどんどん素早くなるため、一度後手に回ると取り返しがつかなくなりがち。
ダイジェッターとしては、物理ドラパルト、オンバーン、ウォーグル、リザードン、ギャラドス、トゲキッス、アーマーガア、インテレオン、シルヴァディあたり。


★晴れ・雨・霰(注意すべき)

天候を利用し、高い素早さから高火力の技を叩き込んでくる。

・キュウコン+リザードン
・コータス+ラフレシア(お先にどうぞ+噴火)
・カマスジョー+ルンパッパ
・バイバニラorユキノオー+適当(氷ロトム、インテレオン、ミロカロスなど)

などが該当。


★トリパ(注意すべき)

トリックルームから低速高火力高耐久アタッカーが殴りかかってくる。

・イエッサン+ブリムオン+ドサイドン
・バタフリー+瓦or地震サマヨール+保険ドサイドン
・ドサイドン+サイドチェンジサマヨール

いきなりドサイドン先発で、苦手な相手見てもサイドチェンジで嫌がらせしてくるような場面が、結構多発する。注意したい。


【考えられる先発】

一番大事となるのは、対エルフーン、対トゲキッス周りの動きであろう。
とにかく、これらの補助フェアリーに対して強い軸でなければ、使う意味はないと考える。

まず、対エルフーンであるが、これに対する解答は、主に次のようなものがある。

この指トゲキッス軸構築
エルフーンはトゲキッスの処理が遅く、エルフーンの隣からの殴りで攻めなければならないため、ある程度有効。

エルフーン+ドラパルト
最速のポケモンドラパルトで追い風合戦を制する。ミラーすると厄介。

ダイジェット+スカーフ全体S下降
スカーフを持って全体S下降(凍える風、エレキネット)を撃ちながらエルフーンにダイジェットを飛ばすことで、スカーフ持ちが非常に素早くなり、更に上からS下降を撃って上からの殴りを継続していく。但し、スカーフ持ちが1発で葬られてしまうと瓦解する上、ドラパルトにはS下降が無効化される。

猫騙しで脅かす
文字通り。守る持ちだと厳しい。

追い風させずに強引に処理
幾つか方法はある。例えばマニューラ+パワフルゴーストダイブミミッキュで集中をかけ、そのあと氷の礫を飛ばすだとか、最速ガラルマタドガスで特性を無効化しつつ、エルフーンより速いポケモンでS下降を撃ってマタドガスで仕留めるだとか。しかし、かなりピンポイントになりがち。

一方で、対トゲキッスはというと、次のよう。

全体技(吹雪、熱風、濁流、マジカルシャイン、岩雪崩、地震etc.)
この指を無視して隣にダメージを通せる数少ない技。

ジュラルドン、カマスジョー、狙い撃ちインテレオン
最も現実的なのはジュラルドン。火力を高めて隣への大ダメージを狙っていきたい。

トゲキッスを即処理できるポケモンを使う
対トゲキッスは処理が1ターン遅れるだけで命取り。1発でぶっ潰せるポケモンを採用することで突破を狙うのはまあまあ有効。

これらを踏まえ、幾つか検討してみる。


★バンギラス+ドラパルト(+トゲキッス)

以前にも使用した鈍い保険バンギラス+壁ドラパルトは、この条件をある程度満たしている。
パターンとして、バンギラス+ドラパルトを並べることもあれば、先発でバンギラス+トゲキッスで並べ、鈍い+この指から入った後ダイマックスするのもいいだろう。
バンギラスの撒く砂でエルフーンの襷が勝手に削れるのは割と偉い。


★行動保証霰

高耐久眼鏡アタッカー(耐久振りグレイシア、ミロカロスetc.)や襷持ち霰始動(ユキノオー、バイバニラ)を使うことで、相手からの攻撃をどっしり耐え、全体技を通していく。
霰でエルフーンの襷が勝手に削れるのは割と偉い。


★意表トリル

トリックルームが疑われにくいポケモンでトリルする(適当)。


今考えているのはこの辺。適当に作って回してみるつもりだが、うまくいくかどうかは不明。

マルチバトルのススメ

マルチバトルは、通信対戦でシングル・ダブルと同じように選択可能なルールでありながら、ランクマッチがないために、環境考察が殆ど行われていないルールである。

しかし、せっかくポケモンをやるからには、様々なルールを考察したくなるのがポケモンプレイヤーの性(さが)というもの。その精神で、私は6世代のころからマルチバトルに真面目に取り組んできたが、シングル・ダブルとは考え方が異なり(実際、中間に近い立ち位置)、奥が深いこのゲームに魅了されたものである。

そこで今回、2020/1/2にて、マルチバトルの対戦会を開催した。そのときの様子はこちら

以下では、マルチバトルの基本的な考えを述べつつ、軽く構築を紹介しようと思う。
続きを読む

ダブルバトル対戦録

とりあえずマスターまでやった。
対戦成績は25-11で、まあまあ負けてしまった印象。
それについての反省も踏まえながら振り返る。
続きを読む
プロフィール

リィズ

Author:リィズ
ポケモンが好きで主に対戦を考察する。
東京大学ゲーム研究会(TGA)OB。

リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
Twitter
アクセスカウンター
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード