アニメ好きでもゲーム好きでもない、純粋なポケモン好きによるポケモン対戦中心の雑記。コメント返信は遅め。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オフ会

構築原案を渡したいおり氏が、アリーナオフで準優勝したらしい。
最後の試合は、こちらの戦術が途中まで綺麗に決まっていたが、急所で落ちるという悲劇に見舞われた。まぁあれはどうしようもない…。

構築の詳細はここでは書かないことにするが、とにかく積んで積みまくって圧倒的な強さの駒を作り、そいつで全抜きする、という、いわゆる要塞系構築だ。
決勝トーナメントでは、当たる相手当たる相手に次々とTOD狙いをされたが、それをすべてくぐり抜けた。
オフ会の制限時間はレートと同じ30分だったが、選択時間がレート60秒に対し、オフでは100秒。そのため、TODを仕掛けられるとレートよりも明らかに厳しい戦いになる。
それをくぐり抜けたのだから、「TOD狙いに強い要塞型構築を作れた」と言っていいだろう。

当初は「ネイティオは流石に怪しくないですか……」と言われたが、なんやかや言って構築案を作成し、それを一層熟成させ、当日丁寧に立ち回り見事準優勝に輝いたいおり氏には脱帽である。
私の構築原案も使われて本望だトゥ-


まぁ、これだけ聞くと良い話なんだが、正直当日はかなり荒れた。

1つは、TODについての裁定問題。
いおりは、以前の試合で「30分たった時点で片方が技を選択していた場合そのターンは有効」と説明を受けていたのに、準々決勝のときの運営は「30分たった時点でゲームを強制的に終了とし判定に入る」としていた。判定方法が試合毎に変わっていたことになる。
もし前者の裁定方法であればいおりの勝ちだったが、後者の裁定方法を提示され、いおりの負けになってしまったのだから、大問題。まさかまさかの再試合となってしまった(再試合でいおりは勝利した)。
その上、運営側からは、(ルールについての追記のアナウンスのみで)当日具体的にどのような問題が発生したかのアナウンスがない点もいただけない。
こればかりは、どう弁明しても「運営の認識が甘い」以上の感想が出ない。

2つ目は、会場の雰囲気の悪さ。
私は会場に居た訳ではないのだが、一部の対戦相手やその周辺が、この構築(或いはプレイヤー)に対してやたらと批難的な態度をとっていたらしいことだ。というか会場に居なくてもそれは十分に伝わってきた。
取り立てて具体的には、裁定問題の際の異議申し立て時の雰囲気の悪さ(仲間内が居ないなら流石に1人で行く気にはなれない)や、試合中の「小さくなるを禁止にしろ」という罵声が挙げられる。
非公式ではあるが「日本一を決める」と銘打っているグロリアへの予選も兼ねており、上位に入ることが名誉という扱いを受けているはずの大会で、参加者の態度がこうも悪いとなると、日本のプレイヤーも底が知れるというものだ。
更に悪いのは、そういった態度のプレイヤーに対し、運営側が一切注意しなかったこと。「ポケモンの公式大会が盛り上がるための土台を醸成する」という題目を掲げられた大会でこれでは、流石に日本の大会環境に疑問を持たざるを得ない。
少なくとも私は、もうこの大会での優勝など、紙切れ程の薄い名誉でしかないと思うようになった。

というわけで私は今後とも、真摯でクリエイティブなプレイヤーが多数派を占める類のオフ会に絞って参加をしていきたいと思う。
オフ会選びの重要さを痛感した出来事だった。


因みに、私はアメリカ本戦のDay1に行くことになりそうなので、とりあえず、世界の環境がどんなもんかってのを確かめて来ようと思う。


【追記】

一応補足しておくと、私が当大会での結果に価値を感じなくなったのは、当大会に興味がなくなったという意味になる。興味のない大会での結果に価値を感じないのは普通のことなので。当然だが、大会参加者や関係者各位にとっての価値を否定する発言ではない。

「ポケモンの公式大会が盛り上がるための土台を醸成する」というのは、「無関係な人にとってもその結果に価値がある大会」、あるいは「あらゆるプレイヤーにとっての興味対象となる大会」を目指すということを意味しているのだと思うし、その理念や意気込みには感心するけれども、現状としてそれに遠く及んでいないのだと身をもって確認することとなってしまった。
スポンサーサイト

ORAS:ボルトロス厳選

恒例(?)となった厳選手法紹介、今回は全伝説中でも最大の鬼門と思われるボルトロス編。
基本的には、私のツイッターでの発言のまとめというところになる。
続きを読む

ORAS:テラキオン・コバルオン・ビリジオン厳選

- 厳 選 -

それは生命の輝き。至上の幸福と安寧が約束された理想郷へと至る道。地上の理論を極めたポケモントレーナーは、理想郷を求め、厳選によって己の精神を高め続けるのだ・・・


今回紹介するのはテラキオン・コバルオン・ビリジオンの厳選手法。
マスターボールは6V相当やめざパ狙いにとっておきたいので、5V相当非めざパなこの方々にはマスターボールを使用しないことを前提とする。

用意するのは以下の通り

①捕獲パワーLv.3(捕獲パワーのレベル上げは必須)

②シンクロ要員
所望の性格を持った特性シンクロのポケモン

③判定要員
所望の素早さより1低く、HP値を判定できるポケモン。
例:S139マタドガス(Lv.58、S上昇補正、244振り)
  身代わり/痛み分け/黒い霧/置き土産

④捕獲要員
例:キノガッサ(ポイズンヒール)@毒々玉
  峰打ち/キノコの胞子/身代わり/地球投げ
※3世代の地球投げキノガッサに特性カプセルを使う

⑤努力値を振り切ったポケモン3体
テラキオン・コバルオン・ビリジオンに会いに行くためのチケット

⑥むげんのふえ
グラードン・カイオーガイベント終了時に手に入る。これで大空を飛べるようになる。

⑦所望のポケモンのデータ
過去作から送って予め図鑑に登録しておく

⑧リピートボール
30個くらいあれば十分

以上

まずシンクロ要員を戦闘不能にしておく。
手持ちには、戦闘不能のシンクロ要員・判定要員・捕獲要員・努力を振り切ったポケモン3体を入れ、且つ5体以下の編成にしておく。先頭を戦闘不能のシンクロ要員、2番手を判定要員にしておく。
「むげんのふえ」を使い大空を飛び、キナギ付近の「名もなき平原」を目指す。
着陸した曜日(3DS依存)によって出現ポケモンが異なるので、下表を参照に所望のポケモンにあった曜日に着陸し、輪っかの前でセーブ。

火・土:テラキオン
水・金・日:コバルオン
月・木:ビリジオン

あとは、捕獲パワーLv.3を発動して輪っかを調べて戦闘に入り、判定要員で素早さとHPを判定し、満たしていれば捕獲し、能力値を調べる、の繰り返し。
3DSを2台、ロムを2つ持っている人は、厳選ロムでは捕獲パワーを使わず、戦闘に入って判定したあとに非厳選ロムから捕獲パワーを送るとより効率的。


最後に、例に挙げたマタドガスとキノガッサの使い方について。
テラキオン・コバルオン・ビリジオンは「つるぎのまい」を覚えているため、判定要員を起点に積まれると突破されかねないが、マタドガスは「くろいきり」「おきみやげ」によりそれを阻止できる。

1ターン目は「みがわり」を使い、後攻であれば「いたみわけ」でHPを判定、その間に「つるぎのまい」で積まれていたら「くろいきり」を使ったあと「おきみやげ」、積まれていなかったらそのまま「おきみやげ」で退場し、捕獲要員を繰り出す。
キノガッサは「どくどくだま」で毒状態になるのだが、予め毒状態にした上で「たべのこし」を持たせておくとベターだろう。「みねうち」での削りが遅いので「ちきゅうなげ」があった方が良いが、なくてもさほど問題はないはず。

これを参考にアナタも健やかで安定した厳選生活を。

ラティ厳選の手引き

ポケモンガチ勢にとってΩRαSシナリオ最大の難所、それは紛うことなくラティ厳選であろう。

5つつ目のバッジを手にし、天気研究所イベントやライバルイベントを通ってヒワマキ行くぞ!と意気込むプレイヤーを無限の迷路へと閉じ込める。その様は「むげんポケモン」そのものだ。

さて、ここではプレイヤーのためにラティ厳選の方法について紹介する。なお、狙いの性格は臆病を想定するものとする。
準備は以下の通りだ。

①カイナシティでインドメタシンを1個買っておく
②カチヌキファミリーからきょうせいギプスをもらっておく
③臆病な性格、特性シンクロでテレポートを覚えたポケモン(ラルトス、ケーシィ、ネイティなど。以下シンクロ要員)を用意する

さて、まずラティイベントに入る前に、シンクロ要員を戦闘不能にしておく。戦闘不能でもシンクロは有効な上、イベント内戦闘に出さないことで時間を短縮できるからだ。

戦闘不能となったシンクロ要員を戦闘に配置し、レベルが高く、敵のポケモン(ΩRならバクーダ+ドガース・αSならサメハダー+ベトベター)を瞬時に倒せるポケモンを2体目に配置する。
また、手持ちに空きを作っておく(5体以下の編成にする)。

イベントに入ると、ラティ(ΩRならラティオス・αSならラティアス)が戦闘を挟まず仲間になるので、帰ってメニューが開けるようになったら能力値を確認する。

レベル30での理想値は、
ラティオス 97-61-62-92-80-88
ラティアス 97-55-68-80-92-88
である。
引いた個体がここからどれだけ低いのか確認しよう。

さて、妥協ラインを満たしていそうな個体を引いた場合だが、安心するのはまだ早い。ラティは最速が非常に重要であるが、Sの個体値が30であると、レベル30でS88にはなるが最速は確保できない。すなわち、S88だからといって最速とは限らないのである。

確認の手順は以下の通りだ。
①テレポートでキンセツシティへ戻る
②ラティにインドメタシンを1個投薬
③ラティにきょうせいギプスを持たせる
④がくしゅうそうちをオンにし、ニューキンセツのビリリダマを1体倒す
⑤S89になっていればs31、見事成功
⑥S88だった場合はs30だが、諦めるのはまだ早い!一旦ボックスにラティを預け急ぎヒワマキへ。ヒワマキでめざパを判定してもらい、タイプが炎ならそれはそれで妥協してもいいかも。

他にもSの振り方は存在するが、購入できないアイテムの消費は避けたいと考えているのでこの方法を採用している。

これでラティ厳選は完ペキ!シナリオ最大の難所ラティ厳選を攻略しよう!

そして叫べ!お前のその悲痛な叫びが世界を変える!

厳選はクソ!厳選はクソ!厳選はクソ!厳選はクソ!厳選はクソ!厳選はクソ!厳選はクソ!厳選はクソ!厳選はクソ!厳選はクソ!厳選はクソ!厳選はクソ!厳選はクソ!厳選はクソ!厳選はクソ!厳選はクソ!厳選はクソ!厳選はクソ!厳選はクソ!

厳選が忙しすぎて、シナリオに感動する暇も、リメイクの懐かしさに浸っている暇も、友達とコンテストで遊ぶ暇も、秘密基地で迷路作って遊ぶ暇もない!プレイヤーはただひたすら南の孤島で「むげんポケモン」との無限ループを繰り返す!
シナリオをクリアしても思い出されるのは厳選のつらい日々のみ。クリア後も第二第三の厳選が襲いかかる。朝も晩も寝ても醒めても厳選。徹頭徹尾厳選。

これはゲームのゲンシカイキ。日夜厳選に明け暮れゲット&リセットを繰り返す我々は、まさしく原始人だ。

『東大ゲー研VS京大ポケサー ~天下分け目の戦い~ リターンズ』レポート

私の所属する東京大学ゲーム研究会と、京都大学ポケモンサークルさんとで、学園祭にて対抗戦を行った。

公式サイトはこちら
続きを読む
プロフィール

リィズ

Author:リィズ
ポケモンが好きで主に対戦を考察する。
東京大学ゲーム研究会(TGA)所属。
乱数調整の解説記事へは、下のリンクから行けます。

リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
Twitter
アクセスカウンター
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。