アニメ好きでもゲーム好きでもない、純粋なポケモン好きによるポケモン対戦中心の雑記。コメント返信は遅め。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑記

夏コミ結局行かなかったなぁ。上級生に薦められて非常に面白そうだとも思ったけど、やっぱり私、人が多い場所は苦手なもので(汗
まぁ私の場合、巷のトレーナー達とポケモン談義交わすより、自宅に籠って卑屈な対戦考察してた方が似合ってるかも。別にポケモン談義が嫌いな訳じゃないし、育成等について語り合うのは好きなんだけど、いざ語るとなるとどうしても話を聴く一方になってしまい、自分から発言することができない。勿論言いたいことは沢山あるけど、人見知りということもあって自重してしまう。ていうか実力が拮抗してる人とだと結構話し合えるけど、実力が明らかに上の人(ゲー研の上級生等)とだとこちらから発言しづらくなってしまうんだろうな。

そういえば10月初頭にゲー研内でポケモンの対戦会を開くそうな。出たい気もするが、育成が間に合うかどうか(=乱数解析が習得できるかどうか)が非常に問題。なんだかんだで9月も忙しくなりそうだから、あまり暇無いかも。
最近6→4ダブルの方も少し考え始めたんで、ダブルにも出てみたいとは思うけど、多分恥をかくだけだろう。いや、恥をかくというのは自分が進歩するということだから問題無いけど、育成が間に合うか(ry

その前にとりあえず明日から始まる試験を乗り越えよう(汗
スポンサーサイト

役割理論ってナニー??

ふざけたタイトルで始まったが、役割理論とはとどのつまり何なのか、考えてみたい。

参照:役割
続編:役割理論ってナニー??2

続きを読む

テンプレ変えてみた

ブログのテンプレを変えてみた。以前のより文字が大きくて目に優しいのが特徴。

一番上に意味の無いボタンが幾つか設置されているけど気にしない方向で。
個人的に、「文字が大きい」ことと「横幅がそこそこあり縦に伸びすぎない」ことと「白地に黒字で読み易い」ことが最重要事項だと考えてるので。要は「目に優しい」ってことになるんだけど。

これの他にもう一つ良さげなのがあって、どっちに決めようか迷ってる。とりあえずこちらを採用。

乱数孵化無理

乱数孵化をやろうと思い立ったんだが、やろうとしたら、何かツールみたいなものをダウンロードしなきゃいけないらしいんだけど、それが私のパソコンでは「使えない」という。どうせ私のパソコンがMacだからだろ。はいはい。

折角乱数孵化使わずに6Vを出したというのに、この私の努力はどうしてくれるのだろう。ゲー研に入った瞬間、「乱数孵化使えば1日1体ぐらい6Vでるお」とか言われちゃって、まじやる気無くなった。これでポケモンのやる気が大幅に削がれた。

かといって乱数孵化やるには絶対にツールが必要だそうなので、私の環境では絶対に不可能。ポケモン諦めろコールが毎日のように私を蝕む。そして、私の異端児に更に拍車をかけるのであった。鬱。

どなたか心優しい方がおられたら、ツール無しに乱数孵化する方法か、Macでもツールが使える方法を教えていただけると非常に嬉しい。

あと、前回補足したいことがある場合はコメントで知らせてね、と言ったけど、疑問に思ったことがあってコメントで私に訊くというのも勿論大歓迎。感想その他でも何でも、コメントに関しては気兼ねなくどうぞ。

ポケモン映画観てきたお

注意:ネタバレあり

ポケモン映画観た。勿論注目株はヒードラン(笑)。どうも映画を見た多数の人からヒードラン<ドータクンという声が飛び出していたので、私はとても心配になった。そして観た感想。

ヒードラン出る意味あった?www

580族のエンテイでさえ主役に抜擢されたのに600族のヒードランがこの扱いww
てか映画の広告にも1カ所も出てないし、本当に酷い。せめてマグマストームぐらい撃たせてやればいいものを。ただ壁を這い回っていただけじゃないか。どっからどうみても赤いゴキb(ry
あと個人的にギシンが好きだったので、彼にはもっと活躍していただきたかった。魔獣が寝返って乙じゃあまりにも寂しいじゃないか。ポケモン映画は悪役がしつこいことで有名なのに、今回はあっさりしてたな。

あと、個人的には何故あのまま歴史がギシンの思惑通り塗り替えられていたら宜しくなかったのかの説明が欲しかった。別にあれはあれでハッピーエンドじゃないかと思った。別に我々人間に何も被害がなくなるのだから、問題無いじゃん。アルセウスが(人間を恨んだまま)死ぬか死なないかは本質的な問題ではないでしょ。赤の他人が赤の他人を殺すのを止める必要が全く無いのと同様にね。法律で厳しく罰せられるかもよぐらいは忠告するかもしらんが、ギシンがその時代にその行為によって罰せられることは無いのだから、本当に「何も言う必要は無い」と思った。
異端児な私としては、ついついそんなことを考えてしまう。

因みに「異端児」って言葉は、単に私がゲーム研究会にいながらポケモン一本槍で寧ろポケモン大好きクラブにでも入ってた方が似合っているからではなくて、この異端児は寧ろ社会的な異端児を指す。即ち、社会に理想化された「一般人」の存在に気付き、その存在に疑念を抱き、社会の構造そのものを敬遠する人のことである。意味がわからないと感じる人は、無理にわかろうとする必要は無い。わからないということはきっと幸せなことなんだから。

話を変えるが、私は前回『ガブリアス対策』という長駄文を書いた訳だが、あれは書いていて退屈だった。何しろ仮想対戦法から演繹しただけだし、まったくの単純作業だったからだ。何の新しいことも言わずにただ仮想対戦法の具体的応用例を延々と過剰に示しただけで、内容としては冗長の極みであったとさえ思っている。あの長駄文を読む価値があるかどうかは甚だ疑わしいということを伝えておく。
しかも、あの記事では育成論っぽいことも少し書いたが、育成論というよりは私の育成例なので、一般的な内容はあまり含んでいない。尤も、そもそも環境は人それぞれなのだから、育成論を一般的に記述することは不可能だとする説もある。まぁここの記事は基本的に私の自己満足なので、あまり真剣にとらえない方がいいものが多いだろうと思う。

最後に、特にゲーム研究会の会員の方々に言いたいのだが、私の記事の幾つかを読んでいただいた場合には、何かしらのコメントを残していただけると大変嬉しい。因みに、敬語を使っていないのは単に記事でいちいち使うのが面倒臭いだけなので、コメントの返信にはちゃんと敬語を使うと決めている(何。
多分私の思考だけでは到底及ばない部分が多数あると思われるので、何か補足したいこと(した方がいいことだけでなくて)があればコメントで知らせていただきたいと思う。

とりあえず疲れたんで、暫くは更新が停滞するかもしれない。悪しからず。
プロフィール

リィズ

Author:リィズ
ポケモンが好きで主に対戦を考察する。
東京大学ゲーム研究会(TGA)所属。
乱数調整の解説記事へは、下のリンクから行けます。

リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
08 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
Twitter
アクセスカウンター
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。