アニメ好きでもゲーム好きでもない、純粋なポケモン好きによるポケモン対戦中心の雑記。コメント返信は遅め。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【シングル配分メモ】スカーフヘラ

最近GSばかりだったけど、たまにはシングルの話。
シングル用いじっぱりスカーフヘラの配分です。

配分案1
いじっぱり 159-165-96-#-139-137

いじっぱり最速確保。C182タイプ一致サイコキネシス確定耐え(スカーフラティオス等想定)。耐久無振りサンダースをメガホーン1発。HPは16n?1調整。
メガネラティアスの流星群も高確率で耐えます。珠ラティオスの流星群も同様。

特殊耐久が高いので、特殊相手に後出しし易いところが最大の魅力です。
具体的には、サンダースやライコウと言った相手に後出しできます。場合に依っては、ラティアスやスターミーにも後出しします。こいつらに後出しできないと勝てない、という場面は結構多いと思うので、これは重要だと思います。

配分案2
いじっぱり 171-165-96-#-127-137

大体上の調整を満たしています。C182一致サイコキネシスは38/39耐えです。
但し、メガネラティアスの流星群がやや耐えにくくなっているところが若干の問題点と言えるでしょう。

自分は、スカーフヘラクロスはこの辺りを基本に使ってます。特殊相手(等倍多め)に後出ししたい場面が多いので、基本的には特殊耐久を上げる方針で配分するといいんじゃないかと思います。
スポンサーサイト

【GS配分メモ】カポエラー

カポオーガの記事書いた時もカポエラーの配分載せたけど、ちょっと改訂。

カポエラー@オボンorラム等
マッハパンチ/猫騙し/手助け/けたぐり
しんちょう 157-128-123-#-156-84

S84調整。バンギラスと同速になり易く、ミュウツーと共に使う場面が多い以上、バンギラス対策をしたいが、S84だと先制できない場面があることから、マッハパンチを入れてみようという発想に至る。

まず、H全振りを当然のように確定。S84調整するということは、ディアオーガトリパのディアルガより先に動けるという事だから、やはりトリパのC222カイオーガの雨潮吹きを耐えるようにしておきたいので、D156。
以前の配分はD160で確定耐えしていたが、今回のD156は38/39耐え。

続いて、バンギラスやギラティナ、ホウオウ等に後出ししていくことを考えると、物理耐久を少し上げておいた方がいいだろう。その中では、一番わかり易いA182ホウオウのブレイブバード38/39耐えのB123。
こちらも以前の配分ではB126と確定耐えしていた。

最後にAのライン。折角マッハパンチを搭載しているなら、できることなら猫騙しと合わせてドーブルを倒したい。
ドーブルとして多いのは、H142-B56程度で、A171(無振り)珠レックウザの神速耐えしたもの。これを倒すにはA128が必要だったので、BとDのラインを少し下げてAに振った。確定耐えするメリットよりドーブルを猫騙し+マッハパンチで倒せることの方が需要が高いと考えてのことである。
と言っても、トリパ用の最遅ドーブル(H全振り)は倒せない訳だが。。

因みに、いじっぱりHDヨプバンギラスをマッハパンチ+C206珠ミュウツーの波導弾で倒せるラインにもなっていることにも注目したい。
マッハパンチは、ミュウツーより先に動きバンギラスのヨプを消費させる役割も担っている、ということである。

見切りも入れたい気がするけど、バンギラス対策の観点からマッハパンチを使ってみたかったのでとりあえずマッハパンチを入れてみることにした。
微妙だったら後で見切りにすることもできるしww


【訂正】
努力値計算を誤っていたようで、能力が実際より1多く配分されてました。
もともと必要な調整を達成するには1余っていたので、一応支障はありません。
指摘して下さった方、ありがとうございますm(_ _)m

GS伝説出現率まとめ

GSにおける伝説ポケモンの先発・後発での出現率を、個人的主観及び経験に基づいて5点満点で採点。
点数は評価ではなく、主観的観点に基づく使用頻度であることに注意。
説明の部分では、GSにおけるテンプレを殆ど網羅し、その上で重要な補足事項を書いておいたつもり。多分役に立つ。
続きを読む

カポオーガ+ノオツー

GSにはまっているのでまたGSの話。
ノオツーを後発で使ってみよう企画。

先発でよく使われる2体は、後発でも結構強かったりする、というのは割とよく知られてると思う。
例えばギラグロスは典型的だし、他にはルンパオーガやクレセグラなんかも後発で強い。パルグロスやパルバンギは、後発に多いけど先発でも強いよね、というイメージ。

という訳で、最近はまってるノオツーを、後発で使ってみようと思った。
その結果、64GSにおいてノオツー+ギャラドスという構築がそこそこ強かったことを思い出して、ノオツー+威嚇ポケを入れようという発想に至る。バンギラスやギラティナ、ホウオウの攻撃ダウンがおいしい。
ということで、カポエラー入れてみた。先発でカポエラー入れると、一番問題になるのは、やはりホウオウ対策。よって、カポエラーとの相性も良好なスカーフカイオーガ。
カポエラーの手助け+全体技がし易いのが特徴。

カイオーガ@スカーフ
潮吹き/雷/吹雪/零度
カポエラー@オボン
見切りorマッハパンチ/猫騙し/手助け/けたぐり
しんちょう 157-121-126-#-160-84
ミュウツー@珠
守る/吹雪/波導弾or大文字/10万or雷
ユキノオー@残飯
守る/宿り木/吹雪/草結び

カポエラーの配分は、H極振り、C222オーガの雨潮吹き耐え、A182ホウオウのブレバを威嚇込み耐え、S84調整、残りA。

立ち回りは、まずカポオーガで適当に暴れて、カイオーガが倒れたらミュウツーを出し、カポを引っ込めノオツー吹雪ぶっぱ。どっちか倒れたら再びカポ出して、補助していく。
ぶっちゃけそんなに上手くいく気はしない(ぁ

後発でミュウツー使う人少ないけど、自分は結構後発ノオツー使ったりする。
決して悪くないし、もう少し増えてもいいとは思うんだけどどうなんだろう。

ギラアグノム

予告通り、GSにおけるギラアグノムについて。
結構初手で器用に動けるってことを最近知りました。
因みに、殆ど当たり前のことしか書いてないです^^;

続きを読む
プロフィール

リィズ

Author:リィズ
ポケモンが好きで主に対戦を考察する。
東京大学ゲーム研究会(TGA)所属。
乱数調整の解説記事へは、下のリンクから行けます。

リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
Twitter
アクセスカウンター
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。