アニメ好きでもゲーム好きでもない、純粋なポケモン好きによるポケモン対戦中心の雑記。コメント返信は遅め。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BW乱数調整方法解説(固定シンボル)

せっかくWBCも出たし、WBCを使った乱数調整の方法でも解説しようと思う。
固定シンボルの乱数調整について解説する。
以前の記事は、DPtHGSSで乱数調整を経験した人向けの解説だったが、今回はBWで初めて乱数調整をする、という人でもわかるように書いたつもり。原理はどうでもいいからとりあえず方法知りたい、という人向け。

使用するツール:
WBC(おひるごはん様作成)
ストップウォッチ(1/100秒まで測れるものならなんでも可)
※今回はWBC0.1を使用
※ストップウォッチはソフトのがらくた箱様のストップウォッチを使用した

※CギアOFFで、より簡単に乱数調整を行う方法が確立されました。
BW乱数調整方法解説(CギアOFF)

続きを読む
スポンサーサイト

ダメージ仕様変更とかマジ勘弁www

なかなか暇がとれず、コメント返信が遅れてしまいましたが、何とか溜まった分を返しました。
返信遅れて申し訳ありませんでした。


本題。
BWでダメージの仕様の一部が変更されたみたいですね。

大雑把には、以前よりダメージが入り易くなっているそうです。
具体的には、今まで小数点以下切り捨てられていた箇所が繰り上げになっているとか。。

と言う訳で、ダメージの仕様が解明されるまでは、ポケモンの配分調整とかもなかなかできないという状況です。
調整厨としては嘆かわしいですね。

まぁ、今までの調整ポケモンが、以前より耐久寄りの配分になるというのが簡単な結論です。

この分だと、ダメージが16種類で、そのダメージが
最大乱数のみ1/39、他はそれぞれ2/39又は3/39の確率で出る、という仕様も変更されている恐れが当然有ります。
その辺の検証もした方が良さそうですね。

詳細を待ちます。

【配分メモ】ウルガモス

ウルガモスの配分メモ。

種族値:85-60-65-135-105-100

ウルガモスの耐久について。こいつは、大体ライコウ程度の特殊耐久と、スターミーゴウカザル程度の物理耐久を持つポケモンです。

特に物理耐久については、無振り状態のスターミーゴウカザルは、速攻型を倒すラインとして非常に狙われ易いラインとなっています。スターミーゴウカザルにタスキがそこまで多くないのも影響しています。A178珠ルカリオの剣舞+神速などがいい例です。
よって、この物理攻撃を耐える耐久を確保することは、非常に意味のあることであると思われます。
但し、H振りだけで達成するには、ほぼ全振りが必要になるため、かなりの努力値が奪われることになります。

そして、グロスに対して圧力をかけていきたいので、蝶舞をせずとも特殊耐久グロスを1発で落とす程度の火力が欲しいところです。
特殊耐久グロスは、第4世代の流れでH187-D133を使う人が多いと思われるので、これを倒すライン、即ち、C179(34/39)、C182(36/39)、C184(確定)辺りとなります。これは、ひかえめで少しCに振ればすぐに達成できます。


という訳で考えた配分:
ひかえめ 175-#-95-179-126-152
努力値:116-#-76-60-4-252

無補正最速(オノノクスやサザンドラ意識)。素でようきヘラ抜けるのも重要。
素の大文字でH187-D133グロスを34/39で1発のC179。
HP16n?1調整。
無振りウルガモス1発程度の物理攻撃耐え。
身代わり残飯ならH177-B93でおk

5V前提ですが、めざパや乱数できないといった理由で個体値不足になる場合、Cのラインを少し落とすか、H-Bの配分をBよりにするかすることで、上の調整が満たされます。

個人的には、
175-#-93-179-126-152
が満たされてればいいので、個体値には微妙に余裕があります^^

構成は、

大文字/虫のさざめき/蝶舞/身代わりor眠るorサイキネorめざパ水 @ラム、残飯等

という感じでいいと思われます。ローテで使うなら身代わりが使い易そうですね。
珠で使う場合は当然この配分は薦めません。

他のライン:
H169-B101:A218オノノクスの素の逆鱗耐え=A182ガブリの逆鱗耐えを確定で倒す攻撃耐え
など

ローテーション小考察

BWで一番注目しているローテーションバトル(以下ローテ)の小考察。
コメ返信まだしてない方がいらっしゃいますが、ちょっと忙しくてまだ返せません。すみませんm(_ _)m

乱数調整に関してはCギアをONしない流儀があるとか言われてますが、自分は理解してないのでまだ解説とか書けません><
理解し次第書こうと思います。


さて、ローテは非常に画期的なバトルで、場の3体が等価として扱われ、後方に下げれば相手の攻撃技を受けないが、身代わりや能力変化、状態などは受け継がれる。

つまり、積み技がかなり強力に働き、めざパのようなタイプ不一致のピンポな技よりは、タイプ一致の高威力技を撃っていける場面を増やしたいと思われる。
また、交代の手間がなく、3体が等価で素早さ関係が不安定なため、素早さ関係を安定させるトリルや追い風も非常に強力となる。


ローテで強そうなポケモンについて。
基本的に、積みポケや、強力な技を持ってる割にタイプ関係的に受けられ易いポケモン、がシングルより強く、半減されにくく相手3体に通り易い技を持つポケモン、半減属性が多く相手に一貫した技を与えにくいポケモン、といったポケモンが強力と言えます。
逆に、流星群のような、デメリットのある技はシングルより使いにくくなるでしょう。

ナットレイ
格闘と炎しか弱点がなく、メジャーなタイプを殆ど軽減するため、相手にすると非常に厄介。それでいて強力なタイプ一致技を有する。
技は、宿り木、身代わり、パワーウィップ、ジャイロボール、電磁波から4つ選択するのでいいだろう。身代わりは流行りそうなので、電磁波はシングルより使いにくくなるかもしれない。トップメタ。
トリパで使うのも面白い。

ウルガモス
蝶舞/身代わりor眠る/大文字/虫のさざめき
ひかえめ HS基調
でいい筈。ローテなのでめざパは必要ない。対抗しにくい相手は後方で威圧するとして、身代わりか眠るを入れるのがベストだろう。
普通に戦うなら身代わりで、ヒードランや奇跡ポケ等に無理矢理突っ張りたい場合は眠るを入れる。

メタグロス
鋼タイプは勿論強い。よって代表格メタグロス。コメットは半減され易いが思念がそこそこ優秀。
コメット/バレット/思念/身代わりor地震@オボン
でいい筈。思念は必須でいいと思う。

ヒードラン
初手で後方に置くと風船がバレないので、風船ヒードランが強力。半減属性が非常に豊富で、相手に隙を与えない。

ガブリアス
勿論ドラゴンは強い。スカーフ逆鱗ぶっぱするのもいいだろうし、タスキを持たせても強い。

オノノクス
竜舞/逆鱗/地震/ダブルチョップ@タスキ
いじっぱり AS
で使いたい。いじっぱりA極振りで、ようきガブの通常逆鱗耐えのポケモンを、逆鱗、竜舞+ダブルチョップで倒せ、ようきハチマキガブの逆鱗耐えのポケモンを竜舞+逆鱗で倒すことができる。
かたやぶりで頑丈ポケを確実に仕留められる点を特に評価。

零度スイクン
身代わり/熱湯/凍える風/零度@残飯
困ったら零度ぶっぱ。凍える風もかなり便利に使えそう。熱湯は、当てたい相手に当てられなくても火傷させられることがあっておいしいかも。

テラキオン
トップメタのナットレイ、ウルガモス、風船ヒードランを手軽に対策できる良ポケ。ナットレイがトリパで使われるときつい程度。
トップメタのナットレイには、一致技で弱点突けるポケモンを最低2枚用意したいと思っているので、炎と格闘が欲しい。そのため格闘は重要な戦力であり、その中ではテラキオンが最有力候補。

エルフーン
宿り木/身代わり/追い風/アンコール
調整は、身代わりがA182ガブリの地震を耐える程度。当然Sは切っていい。素早さ関係を優位にできる追い風が非常に強力で、確実に先制できるアンコで相手を縛ることもできる。こいつもまたトップメタであり、対策方法は不明。非常に厄介なポケモン。

ブルンゲル
トリルが使え、ナットレイとの相性が抜群。のろわれボディで相手の一致技をかなしばりにする可能性があり、強力。


とりあえずこんなところ。
今のところの構築方針は、

ドラゴン(ガブリ、オノノクス)
鋼(グロス、ナットレイ、剣舞ハッサム)
炎(ウルガモス、ゴウカザル、ヒードラン)
水(零度スイクン、スターミー、竜舞ギャラドス、水ロトム、ブルンゲル)
格闘(テラキオン、ゴウカザル、キノガッサ、ヘラクロス、竜舞ズルズキン)
自由枠(エルフーン等)

という感じ。ドラゴンと鋼はいいとして、ナットレイを炎と格闘の2枚で対策したかったのと、風船ヒードランを水と格闘の2枚で対策したかったためこうなった。
なるべく、相手にタイプ一致技が比較的安定する場面を作りたい。ドラゴンを半減するポケモンに抜群で通るタイプ一致技を持つポケモンを入れていきたかったためである。

とりあえず、ローテは考えれば考える程夢が広がる面白いルールなので、是非オススメしたい。
対戦人口がまだまだ少ないのがなぁ;;
というわけでみんなやろう!

第4世代最終構築

BWの乱数調整は、まだまだ解析されてないことが多いので、その内解析されることに期待しましょう。よくわからない乱数の仕様もありますね。
とりあえず前回の解説記事は、解説リンク集に加えておきました。

まぁBW乱数調整の話はひとまず放置することにし、自分の第4世代の最終構築という、今となってはどうでもいいこと(?)話します。
個々の構成が構築基準で考えられている、ということが割とわかりやすい構築なので、その点を感じて頂ければ幸いです。

ルール:
バンギロトムありシングル63

続きを読む
プロフィール

リィズ

Author:リィズ
ポケモンが好きで主に対戦を考察する。
東京大学ゲーム研究会(TGA)所属。
乱数調整の解説記事へは、下のリンクから行けます。

リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
Twitter
アクセスカウンター
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。