アニメ好きでもゲーム好きでもない、純粋なポケモン好きによるポケモン対戦中心の雑記。コメント返信は遅め。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年まとめ

年末年始恒例、1年まとめ記事。

1月
あんぐらオフ(シングル63)に参加。外部のオフに参加したのはこれが初めて。
予選は1位通過したものの、決勝トナメで初戦敗退し、ベスト8。
使った構築はこちら。カバドリュウルガナットは強い。
ローテばっかりやってて、シングル環境全然わからねーと言いながらやったのを覚えてる。あんぐらを期にウルガモスが一気にブレイクした感。
また、オンラインでACT杯(ローテ64)に出場し準優勝。使ったのは雨パ。ローテ環境的には、雨パの使い方が固まってきた時期。

2月
色3犬が海外ロムで配布されていた。
あんぐらオフが尾を引いて、シングルも積極的に考察していた。
BWシングル雑感』とかいう記事も書いた。従来より積みポケが強く、積みによる全抜きを狙った構築が台頭してきた、というシングル環境を表してる。置き土産とかバトンフワライドとかその類になってるハズ。

3月
ゲー研オフ(イッシュダブル44)参加、優勝。使った構築はコレ
まぁよく当日の朝にインスピレーションが舞い降りたなと思う。それまでまるで勝てなくて「予選敗退安定だろw」とか思ってた。ヨプナットレイやら威張るボルトロスが入っており、“ゲー研らしい”構築だと言われた。

4月
シングルタッグオフ(シングル63)参加、優勝。使ったのはバンギドリュ。
実際に使ったのはコレだけど、自分の結論としてはこっち。今ではあまり見なくなったボーマンダとかブルンゲルが入ってるw
シングルタッグオフを受けて、自分の中でシングル熱が最も高かった時期。ゲー研内部でもシングルが盛んに研究されてて、特に雨パが開拓されていった。
因みに、シングルタッグオフで優勝した直後、ブログが1回吹っ飛ぶというハプニングに見舞われた。無事に復活してよかったよホント。

5月
この時期BWGSが熱かったw
シングルはあんまり思考が進まなくなったので、それまでの環境の簡単なまとめ記事を最後に休業。それ以降シングル殆どやってないや…
因みに五月祭があった。楽しかったけど、1日中バトルしてて、帰宅直後ベッドに倒れ込んで即刻眠ってしまうくらいには疲れたw

6月
ローテを再び考え始める。でも割とブランクあったからか、あんまり勝てなかった。考察にも今一つキレがなかった。

7月
DEXオフがローテ64だったので、ローテ勢に会う為に参加。
結果は負け越しで予選落ち。まぁ正直調子悪かったし予選落ちは予定調和だったけど、6月からの悪い流れを払拭できなかったのは普通に残念。

8月
夏コミ。ポケモン会誌が予想を遥かに上回る売れ行きだった。内容もパーティ紹介とバトルログだけでなく、受けループ特集やGS特集、乱数調整解説、プラチナ回収プレイと、とにかく充実した1冊だった。
あとローテ紅白戦があった。使ったのは重力雨パ。この紅白戦を期に、ローテの感覚を取り戻す。
夏休みということもあって、この辺りからローテ勢と会う機会が多くなった。

9月
中規模ローテオフ参加。ガブスイクンを使って予選通過したものの、決勝トナメで初戦敗退。でもまぁ手応えはあった。
ブログの考察にもキレがある(笑)

10月
ローテで重力晴れパビリジオン構築を頻繁に回してたと思う。構築が段々と高種族値寄りになっていった時期。ローテは高種族値ホント偉い。
ローテの基本的な考え方』やら『ローテで構築する際に気をつける細かい事』といった、ローテ初心者に優しい記事もこの時期に書いている。
この頃は、ローテ構築が次から次に浮かんで仕方無かった。
Skype杯があったのは10月だったかな。自分は重力晴れパ使ったけど、ぐれい氏のパルシェンに殻を破る読みでこっちのパルシェンで後攻ロックブラスト決めたら外しやがって、結果無償破り許して負けたのは忘れない。それで予選抜けられなかった挙句、代わりに予選上がったぐれい氏優勝しちゃうんだもんw

11月
初旬の小規模ローテオフで2/9位。使ったのは高種族値壁パ。高種族値全盛期。
この時点で完全に自分の構築の方向性が定まったと思う。結局のところローテは、「安定行動を積み重ねて勝つ」のが好き。どのルールでも、1つ1つの行動を安定化させるのが重要ってことは共通だよね、多分。
ローテは一際安定行動が見えにくいルールで難しいけど、だからといって「択ゲー制すればいいや」という発想をしたら、ローテというルールが何も見えてこないと思う。
あと、下旬には駒場祭があった。使った構築はポケモン会誌に掲載。やはり、安定行動を積み重ねる事を主眼とした構築になってる(ハズ)。

12月
冬コミ。自分の記事がまぁそれなりに好評だったようで良かった(笑)
トリパの更なる開拓や、新式ガブスイクン、自信過剰ボーマンダの開拓、新しい雨パの形など、色々と模索中。
ブログで紹介できるレベルのものはまだ少ないけど、ローテの構築案はそこそこ多めに持ってると思う。


結局ローテばかりの1年だったw
といっても、公式ルールくらいはちょくちょく考えていくつもり。というかある程度考えてはいる。
スポンサーサイト

ローテ格付けver.6

SS
ガブリアス

S
カイリュー、ヒードラン、パルシェン

A
ニョロトノ、ラティオス、クレセリア、サンダー、スイクン、ユクシー、ジバコイル、ハッサム、ブルンゲル

B
ユキノオー、メタグロス、ラティアス、ランドロス、ライコウ、トルネロス、キングドラ、水ロトム、カイリキー、ローブシン、ドータクン、モロバレル、サマヨール、ココドラ

C
バンギラス、キュウコン、アグノム、テラキオン、ビリジオン、ボルトロス、トゲキッス、カビゴン、オノノクス、バシャーモ、スターミー、炎ロトム、草ロトム、シャンデラ、ドリュウズ、ナットレイ、エルフーン、ラッキー

D
カバルドン、ボーマンダ、サザンドラ、ファイヤー、エンテイ、コバルオン、ウルガモス、ドサイドン、エンペルト、マンムー、ジャローダ、シャワーズ、ヘラクロス、トリトドン、ママンボウ、ランターン、キノガッサ、ムウマ、ヌオー


最近ずっとこんな感じの印象。

1、勝ち筋に直結すること
2、勝ち筋を妨害すること
3、勝ち筋の妨害を阻止すること

という3つの性能を基準に、1>2>3と少し比重を付けて評価。
同ランク内は、種族値順に、同種族値は図鑑番号順で並べた。

以下、注目ポケモンに関して一言(本当に一言だけ)。

続きを読む

冬コミ宣伝

いわゆる冬コミなるものが今年も近づいて参りました。

公式情報はコチラ

自分が関わったポケモン会誌について少し。


・構築紹介
いつも通りの構築紹介。
シングル:結局のところゲー研勢はウルガモス大好き。
ダブル:個人的には晴れドリュウズに特に注目。ドリュウズやサザンドラの回し方が詳細に書かれていて面白い。
トリプル:ダークホールがオワコンになった今、非ドーブル構築として異様な完成度を誇っているガラガラ構築に注目。いわゆる五月雨トリパってのも載ってます。
ローテ:何も言わず私の構築紹介を見ましょう。

・対戦ログ
駒場祭の試合で特に面白かったものをピックアップ。
特にダブルでのアイツの活躍っぷりときたら…

・個人記事:ダブルバトル
@氏によるダブル44想定「滅びパ」の紹介。主に、次の公式大会を見据えたものとなっております。
滅びパは、使う側も使われる側も繊細な立回りが要求される構築であり、自分で使わないにせよ、公式大会で当たった時を考えれば想定しておくべき相手。特に、時間制限付きの場合、思考を整理するのに十分な時間が得られない可能性もあるので、立回りを極めて具体的な段階まで煮詰めておきたい。
使う側使われる側共に繊細な立回りが要求されるため、ダブルの立回りを考えるに当たって非情に参考になる内容となっています。

・個人記事:ローテーションバトル
ガラティン氏によるローテーションバトルの構築講座。
ローテにおいて確立された種の構築を大きく分類し、サンプル構築を掲載。またコラムでは、ローテにおける組み合わせを考える上で基本となる概念や、選出の仕方、ローテにおいてどのようなポケモンが評価されるか、ということについても詳しく書かれています。また、アドバンテージを得る為のちょっとしたテクニックも紹介されています。
「ローテを始めたor始めたいが構築の仕方がイマイチわからない」という人に特にオススメの内容。

・自宅で簡単オタマロドール!
オタマロドール、それは神が我々人類に与えてくださった恵み。
この記事は、オタマロドールを自作することにより神的体験をすることを目指した内容。アナタにも神の声が聞こえるかも!?
Pearl氏が、自らの神的体験に基づき筆を執っています。
私に投げつけたいがために作り始めたそうですが、オタマロに対する絶対不変の愛しか感じられませんね。


自分が書いたのはローテの構築紹介です。
内容はというと、何故か“ローテの安定行動のなんたるか”をまず語り、その上で「如何にして安定行動を作っていくか」ということについて重点的に書いてます。
1つの構築を紹介する記事ですが、構築の構成要素1つ1つを、もう少し一般的な考え方の具体例として説明するように心がけました。ある程度一般的な内容から構築の細部に至るまで網羅的に解説しているつもり。

要はかなり気合入れて書いたってことです。よろしくお願いします。

HGSS、BP集め

久々のブログ更新です。放置気味になっててすみません。


さて、4世代の教え技であるが、これがなかなか貴重で、特に追い風、重力、癒しの鈴などは、HGSSのBPがないと教えてもらえない。

そこでHGSSで効率良くBPを稼ぐ方法として、タワーマルチがある。

タワーマルチをプレイするには、DS2台、HGSS2本が必要だが、ポケモン廃人ならば当然持っているであろう。

処理時間は長めだが、貰えるBPは多く、その上2本のカセットにBPが入るため、クロツグ周回よりも効率がいいハズである(正確に測った事は無いが、クロツグ周回におけるなかなかBP溜まらないイライラは解消した)。

では、構築を紹介する。


1P

ガブリアス@ハチマキ
地震/逆鱗/ドラゴンクロー/岩なだれ
陽気 AS

メタグロス@ラム
アイアンヘッド/バレットパンチ/地震/大爆発
意地っ張り 187-176-151-x-133-95

2P

ゲンガー@タスキ
滅び/シャドボ/ヘドロ爆弾/10万ボルト
臆病 CS

サンダー@残飯
守る/羽休め/電磁波/10万ボルト
図太い HB

以下解説

続きを読む
プロフィール

リィズ

Author:リィズ
ポケモンが好きで主に対戦を考察する。
東京大学ゲーム研究会(TGA)所属。
乱数調整の解説記事へは、下のリンクから行けます。

リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
Twitter
アクセスカウンター
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。