アニメ好きでもゲーム好きでもない、純粋なポケモン好きによるポケモン対戦中心の雑記。コメント返信は遅め。

【ローテ】厄介なポケモンの突破手段

再生技を使ってくるために、単純なダメージ蓄積では倒せない相手、即ちブルンゲルとクレセリア、をどう突破するかを考える。


1、取り巻きもまとめて葬れるもの

・ハチマキガブリアス
逆鱗圏内に押し込め一気に吹っ飛ばす。
剣舞ガブリアスは、凍える風クレセリアを考えると怖い。

・剣舞ハッサム
火力の低い相手は、起点に積んで突破するのが有効である。特に、剣舞ハッサムは対クレセリアにおいて優秀。ブルンゲル相手にもジュエルアクロバットで対抗できる。しかし、鬼火や溶けるには注意したい。

・竜舞カイリュー
凍える風は怖いが、これも有効な対処法である。ひとたびSを上げてしまえば、ある程度速い相手もまるごとサヨナラできる。
勿論だが、逆鱗がないと意味が無い。竜舞珠逆鱗で図太いHBブルンゲルが1発なのが美しい。

・シャンデラ
ゴーストタイプの通りは良く、ゴーストを半減する鋼相手からのダメージも抑える事ができる事から、悪タイプさえいなければシャドーボールを連打し易い。
スカーフを持つことで行動が安定化するが、火力はやや低く、穏やかな性格相手には削り切れない場合も多いので注意。
メガネシャンデラは、追い風のタイミングで回復技を使われてもメガネシャドボで吹っ飛ばせる事から、追い風と相性がいい…かもしれない。

・サザンドラ
シャンデラとほぼ同様。ドラゴンのお蔭で耐性が優秀である。相手に応じて悪技とドラゴン技を撃ち分けていきたい。

・メガネ電気
威力が高く、低速相手に等倍以上で通り易い電気タイプにメガネを持たせる事で、取り巻きをまとめて処理。
ブルンゲルには抜群だが、クレセリアには等倍なので、瞑想クレセリアには注意。クレセリアより速いサンダーは優秀で、仮に瞑想をされても他の誰かの圏内に入るようにしておけば処理し易い。

・太鼓カビゴン
相手のクレセリアブルンゲルが完全に起点になる脅威のポケモン。恩返しはブルンゲルには効かないが、地震or噛み砕くで倒せるので問題無し。
恩返し、地震、噛み砕くは等しくメインウェポンであり、これら3つのうち2つで倒せるクレセリア・ブルンゲルは、カビゴンのカモと言える。
しかし、当然ながら鬼火ブルンゲルには気をつけたい。

・ズルズキン
ブルンクレセにも打点がある代わりに先制技を失ったローブシン、のように動けたらいいな。
基本的に種族値の足らないポケモン。

・ハチマキボスゴドラ
大火力。図太いHBクレセリアでさえ、諸刃で半分強削る。
ハチマキナットレイも似たような性能を持っているが、Sにあまり割いていないクレセリア相手だと、ジャイロボールの威力が期待しにくい。ゴツゴツメット+月光で削られてしまう事もある。
また、ナットレイより優れているのは、岩技の通り易さである。無効化されることがなく、1/4にしてくる相手も少なくせいぜい半減であり、主要な鋼タイプたるヒードランとハッサムは岩等倍なので、その通り易さはドラゴン技に近いものがある(耐性ではドラゴンに大きく引けを取ることには注意)。


2、ピンポイントな処理になり易いもの

あればワンチャン立ち回れるが、「自分の展開を作る中で自然と倒す」ということができず、立回りでは後手に回ってしまうため、あくまで“保険”程度に思う。

・バンギラス
弱点が多く、他のポケモンを合わされると死に易い。また、素の噛み砕くでは晴れ月光を突破できずに逆にゴツメでやられるので、ハチマキ推奨。

・滅びの歌
再生相手には有効だが、3ターンで十分仕事できる高火力相手に入れても旨味が少ない。

・宿り木の種
再生相手に入れれば、そのポケモンを前に出す事がデメリットになる場面を作る事ができるので、対処が楽になる。しかし、滅びの歌同様、高火力相手に入れても逆に起点となり易い。

・一撃技
一撃技は、外した際のリスクが低い相手を狙い撃ちするピンポイント技である。

・挑発
再生技と同時に積み技も防ぐ事ができるが、拘りで殴られた際のディスアドは否めない。

・毒々
鋼に効かない上に高火力相手に入れても効果が薄いのでお薦めしない。


このように、高耐久再生相手の突破は、シングルと異なり毒々などが対策としては有効でない。
ローテにおいては「取り巻きもまとめて葬る」性能が要求されるので、結局のところ、高耐久を突破する手段は、「火力を最大限まで上げて殴る」ということに集約される。
すなわち、突破力に優れたポケモンが重宝される、ということである。

こういった、“各方面に対する満遍の無い隙の無さ”を持ったポケモンがローテにおいて優秀なのであり、カイリュー・ハッサムといったポケモンがその代名詞となっているのである。
スポンサーサイト

色々宣伝

1、第4回ゲー研オフ

第4回ゲー研オフを行います。

・3/3(土)
・ローテーションバトル
・場所は都内を予定(詳細未定)
・まだ募集は開始していません

日頃からローテで対戦している人は勿論、興味はあるけどあまり手をつけていないという方も歓迎します。
これを期に如何でしょうか。


2、Rotation Grand ChampionShip

ガラティン氏主催のローテ大会。詳しくはコチラ

・ローテ
・オンライン大会
・2月25日(土)開始(長期間大会)
・予選ブロック+決勝トーナメント
・試合毎のパーティ変更有り
・2/1から募集開始
・参加賞に北米臆病5V色チェリンボ

せっかくなら大きい大会にしたいということで、宣伝しておく。


3、ローテチーム戦

ワニノコ氏主催のローテチーム戦。詳しくはこちら

・ローテ
・オンライン大会
・予選ブロック+決勝トーナメント
・予選:2/12(日)~17日(金)
・本戦:2/18(土)~26日(日)
・3人1組
・同チーム内での種族被り無し
・応募締め切り:2月9日(木)24時(既に応募開始)
・パーティ提出締め切り:2月10日(金)24時

宣伝頼まれたので一応。


以上、ローテ大会の宣伝でした。
下に書いたイベントほど開催が近いことはあんま気にしないで(笑)

【ローテ】構築分類

一口に構築分類と言っても、流儀は人それぞれである。

中でも重要なのが、「何をスタンと見なすか」である。
スタンとは、即ち「スタンダード」の略であり、スタンとは何かという議論が交わされることもしばしばある。

ではまず、“standard”という言葉の持つ意味から考える。

“standard”には、「標準、基準、尺度」という意味があり、スタンパと言った場合は、「標準的な構築」だということを指すことになるだろう。

ここで、構築分類における「スタン」とは、構築を分類するにあたっての「基準・尺度」のことである。
どのような構築を基準に構築分岐の枝を延ばすか、これが「何をスタンと見なすか」の意味である。

さて、ここで私流の構築分類におけるスタンとは、こだわりスカーフガブリアスだと仮定したい。

ガブリアスは、スカーフを持つ事で、ラティオスや竜舞カイリューといった、自分を上から殴って速攻で倒してくる相手を逆に縛る事ができる。
自分を素早く処理してくる相手を逆に縛るということは、自分は処理されにくい、ということを意味する。ガブリアスは耐久も非常に優秀であり、ちょっとやそっとの攻撃では倒されないため、スカーフガブリアスは、相手に対する処理性能が高いくせに自分は処理されにくい、という、ローテにおいて非常に重要な性能(私はこれを“範囲と耐性の一致”と呼んでいる)を持っている事になる。

例えばだが、相性補完が優秀として良く知られるラティオス+ヒードランの並びに対してであるが、これに対しスカーフガブリアスは、ダブルチョップorドラゴンクローの選択が非常に安定する。何故なら、ラティオスは上から縛る事ができるのに加え、ヒードランの炎技を半減できるからである。
勿論、というか、だからこそ、ヒードランは竜の波動を持っている事が殆どであり、残飯、身代わり、ゴツゴツメットで嫌がらせをする戦法が強力であると評されているのも理解できよう。そして、スカーフガブリアス使用側も、竜の波動ではなく炎技を撃ちたい並びにしたり、ラティオスの方を動かしたい衝動に狩られる並びを作ろうともするのである。

また、ローテにおいてガブリアスが非常に優れたポケモンだとするのは、ローテを嗜むものならほぼ誰でも認めるところであり、多くの人がローテ最強のポケモンとしてガブリアスを挙げる。

こういった面からも、構築分類のスタンとしてスカーフガブリアスを採用することは、非常に理に適っていると言えるだろう。

では、実際にスカーフガブリアスをスタンとして構築を分類してみる。

続きを読む

【ローテ構築紹介】スタン

ガブリアス@スカーフ
逆鱗/ダブルチョップ/地震/ストーンエッジ
意地っ張り AS

ヒードラン@風船
大文字/大地の力/竜の波動/挑発
臆病 191-x-127-157-127-141

サンダー@メガネ
10万/雷/めざ飛/熱風
控えめ 167-x-105-180-121-152

ハッサム@飛行ジュエル
剣舞/バレット/アクロバット/虫食い
意地っ張り 167-199-120-x-112-85

ビリジオン@ハチマキ
インファイト/聖剣/リーフブレード/ストーンエッジ
陽気 AS

ブルンゲル@ソクノ
再生/トリル/波乗り/霰
図太い HB


構成の美しいスタンを組む、という名目で組んだ。

まず、色々解決してくれるスカーフガブリアスは確定。便利極まり無い。
スカーフガブリアスのダブルチョップ連打を起点にしてくるハッサムに対し、ハッサムに剣舞されることによるデメリットを最小限に抑える事ができるヒードランを採用。ゴミ虫は焼却!
組み終わったら地面無効が1体だけだったので風船を持たせる。

相手の格闘や水に対する打点と対ハッサムが見れるメガネサンダーも投入。水ロトム抜き+水ロトムのメガネハイドロ耐えと、対メガネ水ロトムを意識した配分。メガネ10万+ヒードランの竜波動or大文字で相手のH水ロトムを倒す事ができる。

ハッサムはやっぱり強いから入れる。ゴミ虫なんて言ってスワンナ。
配分は控えめジバコイルのメガネ10万耐え+意地っ張りガブリアスのハチマキ地震耐え。

水耐性と電気耐性を同時に見れて、ガブリアス以外で岩耐性を持てるポケモンとしてビリジオン。ハチマキが強いと信じてる。テラキオンのインファ耐え調整を落とすAぶっぱハチマキ。
対ナットレイが怪しくなるが、構築に拘り持ちが多く拘る事に若干不安もあるので、拘らない珠でもいいかもと少し思っている。

最後は、対害悪、水耐性、トリル展開、霰での対雨が見れるブルンゲル。対雨で確実に動く為にソクノで安定。

・高種族値4体+ハッサム+ブルンゲル
・鋼2体
・全員複合属性
・鋼以外タイプ被り無し
・全属性に2枚以上の耐性
と無駄が無く非常に美しい構成。

大きなイベントで使う事はないと思うが、バランスが良く長いこと使える構築だと思うので、練習試合を申し込まれた時などに気楽に使える。

紅白戦対戦ログ

ローテ紅白戦で行われた試合の対戦ログとその考察。
相手はとーますさん。

続きを読む
プロフィール

リィズ

Author:リィズ
ポケモンが好きで主に対戦を考察する。
東京大学ゲーム研究会(TGA)所属。
乱数調整の解説記事へは、下のリンクから行けます。

リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
Twitter
アクセスカウンター
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード