アニメ好きでもゲーム好きでもない、純粋なポケモン好きによるポケモン対戦中心の雑記。コメント返信は遅め。

ラティ厳選の手引き

ポケモンガチ勢にとってΩRαSシナリオ最大の難所、それは紛うことなくラティ厳選であろう。

5つつ目のバッジを手にし、天気研究所イベントやライバルイベントを通ってヒワマキ行くぞ!と意気込むプレイヤーを無限の迷路へと閉じ込める。その様は「むげんポケモン」そのものだ。

さて、ここではプレイヤーのためにラティ厳選の方法について紹介する。なお、狙いの性格は臆病を想定するものとする。
準備は以下の通りだ。

①カイナシティでインドメタシンを1個買っておく
②カチヌキファミリーからきょうせいギプスをもらっておく
③臆病な性格、特性シンクロでテレポートを覚えたポケモン(ラルトス、ケーシィ、ネイティなど。以下シンクロ要員)を用意する

さて、まずラティイベントに入る前に、シンクロ要員を戦闘不能にしておく。戦闘不能でもシンクロは有効な上、イベント内戦闘に出さないことで時間を短縮できるからだ。

戦闘不能となったシンクロ要員を戦闘に配置し、レベルが高く、敵のポケモン(ΩRならバクーダ+ドガース・αSならサメハダー+ベトベター)を瞬時に倒せるポケモンを2体目に配置する。
また、手持ちに空きを作っておく(5体以下の編成にする)。

イベントに入ると、ラティ(ΩRならラティオス・αSならラティアス)が戦闘を挟まず仲間になるので、帰ってメニューが開けるようになったら能力値を確認する。

レベル30での理想値は、
ラティオス 97-61-62-92-80-88
ラティアス 97-55-68-80-92-88
である。
引いた個体がここからどれだけ低いのか確認しよう。

さて、妥協ラインを満たしていそうな個体を引いた場合だが、安心するのはまだ早い。ラティは最速が非常に重要であるが、Sの個体値が30であると、レベル30でS88にはなるが最速は確保できない。すなわち、S88だからといって最速とは限らないのである。

確認の手順は以下の通りだ。
①テレポートでキンセツシティへ戻る
②ラティにインドメタシンを1個投薬
③ラティにきょうせいギプスを持たせる
④がくしゅうそうちをオンにし、ニューキンセツのビリリダマを1体倒す
⑤S89になっていればs31、見事成功
⑥S88だった場合はs30だが、諦めるのはまだ早い!一旦ボックスにラティを預け急ぎヒワマキへ。ヒワマキでめざパを判定してもらい、タイプが炎ならそれはそれで妥協してもいいかも。

他にもSの振り方は存在するが、購入できないアイテムの消費は避けたいと考えているのでこの方法を採用している。

これでラティ厳選は完ペキ!シナリオ最大の難所ラティ厳選を攻略しよう!

そして叫べ!お前のその悲痛な叫びが世界を変える!

厳選はクソ!厳選はクソ!厳選はクソ!厳選はクソ!厳選はクソ!厳選はクソ!厳選はクソ!厳選はクソ!厳選はクソ!厳選はクソ!厳選はクソ!厳選はクソ!厳選はクソ!厳選はクソ!厳選はクソ!厳選はクソ!厳選はクソ!厳選はクソ!厳選はクソ!

厳選が忙しすぎて、シナリオに感動する暇も、リメイクの懐かしさに浸っている暇も、友達とコンテストで遊ぶ暇も、秘密基地で迷路作って遊ぶ暇もない!プレイヤーはただひたすら南の孤島で「むげんポケモン」との無限ループを繰り返す!
シナリオをクリアしても思い出されるのは厳選のつらい日々のみ。クリア後も第二第三の厳選が襲いかかる。朝も晩も寝ても醒めても厳選。徹頭徹尾厳選。

これはゲームのゲンシカイキ。日夜厳選に明け暮れゲット&リセットを繰り返す我々は、まさしく原始人だ。
スポンサーサイト

『東大ゲー研VS京大ポケサー ~天下分け目の戦い~ リターンズ』レポート

私の所属する東京大学ゲーム研究会と、京都大学ポケモンサークルさんとで、学園祭にて対抗戦を行った。

公式サイトはこちら
続きを読む

シーズン6スペシャル考察

一部の上位ポケモンを禁止としたダブル。S6(シーズン6の意)スペシャルと呼称する。

禁止となるのは以下の通り。

リザードン、ゲンガー、ガルーラ、ギャラドス、バンギラス、クチート、ボーマンダ、ガブリアス、トゲキッス、ロトム、クレセリア、モロバレル、ボルトロス、ランドロス、ゲッコウガ、ファイアロー、ニャオニクス、ギルガルド、ニンフィア

まず、禁止されていないメガシンカを挙げてみる。

フシギバナ、カメックス、フーディン、カイロス、プテラ、デンリュウ、ハッサム、ヘラクロス、ヘルガー、バシャーモ、サーナイト、ボスゴドラ、チャーレム、ライボルト、ジュペッタ、アブソル、ルカリオ、ユキノオー

また、比較的強力な非メガシンカも適当に挙げてみる。

マリルリ、サンダー、メタグロス、ハッサム、ヒードラン、ナットレイ、サザンドラ、ラティオス、ラティアス、ウインディ、サーナイト、キリキザン、スイクン、ライコウ、エンテイ、ゴウカザル、バシャーモ、コバルオン、ビリジオン、テラキオン、エルフーン、ニョロトノ、キングドラ、ルンパッパ、キュウコン、フシギバナ、ウルガモス、ドーブル、レパルダス、カポエラー、プテラ、ゴチルゼル、ヌメルゴン、カイリュー、ドサイドン、カバルドン、ドリュウズ、マンムー…

無難に思いつくのはこの辺りだろう。

わかり易い組み合わせとしては、
メガサーナイト+ゴウカザル:天敵ファイアローが居ないのは嬉しい
メガカメックス+サンダー:追い風から潮吹き
メガフシギバナ+ウインディ:全体的に火力が落ちているので粘り易さが増している
メガプテラ+カバルドン:砂嵐でメガプテラの居座り性能を上げる
テラキオン+エルフーン
ニョロトノ+キングドラorルンパッパ:リザードンやバンギラスが居ないため天候変化に悩まされにくい
キュウコン+フシギバナ
メレシーorデスカーン+ラッキー:一応書いておく

以下、使用構築について書く。
続きを読む
プロフィール

リィズ

Author:リィズ
ポケモンが好きで主に対戦を考察する。
東京大学ゲーム研究会(TGA)所属。
乱数調整の解説記事へは、下のリンクから行けます。

リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
Twitter
アクセスカウンター
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード