アニメ好きでもゲーム好きでもない、純粋なポケモン好きによるポケモン対戦中心の雑記。コメント返信は遅め。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポケセン行ってきました

昨日はポケセン行ったので、その感想でも。

ポケセンでは、スタッフと対戦できる、というイベントがあったのですが、それに便乗して野良対戦やってきた、というのが正しいですねw

まず、vsスタッフ戦。

相手:ドククラゲ、ネイティオ、チルタリス
自分:ヒードラン、アグノム、ヘラクロス

自分の3体は、ガチ過ぎず、弱すぎず、結構いい感じにできていると思うんですよねw
相手の3体は中堅程度、と言っていいでしょう。

最初、ヒードランvsドククラゲで、いきなり相性悪過ぎワロタww
仕方無くアグノムに交代。しかし、何とドククラゲはスカーフで、アグノムが落とされ、もの凄くピンチ(汗
しかし、ヘラクロスのエッジを2発決め、ドククラゲを落として、後はヒードラン無双して終了。

かなりの冷や汗ものだった。
ヒードランのいいところは、シンクロを気にせず毒撃っていけるところかなw

スタッフとの対戦後もフラット33で野良対戦してたけど、ヒードランが一々刺さって笑える。水相手にも怯まず毒撃っていくんだけど、交代読みか知らないけど相手は氷技を撃ってきてヒードラン活躍。

でも、ギャラドスとかやっぱきついから、初手アグノムにした方がいいかもしれない、と思った。

個人的に気に入った行動を一つ挙げてみる。

相手:ヤドラン
自分:ヒードラン

という状況で、ヒードランは毒を撃ち、守る。次のターンでトリルが切れる、という時にスカーフヘラクロスに交代。

相手はヒードランで居座った時点でキネシスはもはや撃てない(毒撃ったターンにはキネシスを撃ってきた)。波乗り縛りにしたところで、トリル切れるタイミングでヘラに交代。毒で幾分削れたことにより、ヘラのメガホーン圏内に入っている、というもの。
まぁキネシス撃ってきても耐えるようになっているから、キネシス飛んで来ても問題ないと踏んでもいるけどw
実際に調整段階での想定通りになることは少ないけど、調整すると、行動に「安心感」が持てる。どれだけのダメージを食らうかを予めわかっているから、行動を決める際の指標になる。そこが、調整のいいところだと思う。これ結論。

あと、スタッフは初手スカーフ率が異様に高かったみたいですw
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

リィズ

Author:リィズ
ポケモンが好きで主に対戦を考察する。
東京大学ゲーム研究会(TGA)所属。
乱数調整の解説記事へは、下のリンクから行けます。

リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
Twitter
アクセスカウンター
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。