アニメ好きでもゲーム好きでもない、純粋なポケモン好きによるポケモン対戦中心の雑記。コメント返信は遅め。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WCS詳細

WCSで使ったパーティと、対戦の模様を紹介します。

使ったパーティ

ディアルガ@メガネ
流星群/雷/吹雪/大文字
ラティオス@たま
守る/手助け/流星群/草結び
パルキア@ハバン
守る/電磁波/亜空切断/ハイドロポンプ
メタグロス@ラム
守る/コメットパンチ/バレットパンチ/大爆発

私がテンプレの初手2体だと信じているラティオスディアルガ(ラティルガ)を使ってみました。
振り方は大体テンプレです。ディアルガとメタグロスに関しては、素早さへの振り方がちょいと特殊、というか、誰が対象になっているのか全くわからない素早さになっていますが、私は気に入っていますw
同速対決がしたくなかった故の、意味不明な素早さ、という感じですww

このパーティは、一見ただテンプレ型のポケモンを詰め込んだだけの、何の方針もない寄せ集めパに見えるかもしれませんが、実はかなり強烈なコンセプトがあります。
「コンセプトがある」、というのは、「テンプレの行動が存在する」という意味なので、そのテンプレの行動を紹介します。

まず、初手のラティルガが流星群ぶっぱで1体もっていきます。そして、特攻の下がったディアルガを下げ、相手に応じてパルキアかメタグロスを出していきます。ラティオスの方は、手助けでの補助ができるので、交代しないことも多いです。
後発のパルキアが電磁波を相手の素早いポケモンに撒き、ディアルガが先制できる環境を整えます。そして、メタグロスが適当なタイミングで大爆発で散り、ディアルガを死に出ししてもう一度流星群をぶっぱしてゲームセット、という流れです。メタグロスの大爆発を相手が守った場合、守った相手にディアルガが流星群を撃ち込めるので、非常に相性がいいです。

先の構築で、何故パルキアに電磁波なのか、と疑問に思った人がいると思いますが、こういうことです。構築上、必須の技なのです。
てかパルキアって、ぶっちゃけ雷持っててもそんなに撃たないし。カイオーガ相手にも多くの場合亜空切断の方が安定する。
まぁパルキアに電磁波が入っていないと、相手のパルキアが止まりませんからねw

でも、ディアルガは雷より竜の波動の方がよかった気がしますw

メタグロスを入れた構築というのは、しばしばカイオーガが重くなるのですが、このパでは、カイオーガに強いポケモンを多く採用することで、オーガルンパやオーガトリパが格段に対処し易くなっています。そこが強みかな。

持ち物に関しては、一切無駄がなかったと確信してます。構築上、ディアルガのメガネとラティオスの珠は当然なのでいいとして、他の持ち物について触れておきます。

パルキアのハバンですが、ラティルガの影響でドラゴン技には弱めなので、ハバンを持たせたくなるのは当然ですが、それ以上に、パルキアは電磁波でパルキア対策を担っているので、構築の観点からも、当然ハバンとなる訳です。
HPが50~75%程度の状態で亜空切断食らって倒れるようなパルキアは、このパーティでは使い物になりませんからねw

あと、メタグロスのラムですが、これもベストチョイスだったと確信してます。
何でかって言うと、まずこのパは、メタグロス以外は特殊ばかりです。つまりメタグロスに鬼火が決まると、特殊耐久の高いポケモン(例えばハピナス)に強引におしこまれてしまうためです。なので、メタグロスのラムは必須です。
また、ノオツーに対して後出ししていくので、凍った時の保険、としても非常に重要です。

んで、最後にこのパの弱点を述べます。
このパは、ラティルガが流星群当ててディアルガが引いて...というところまで決まれば、負けることが殆どありません。しかし、これが崩れた場合、非常に脆いです。
例えば、素早いポケモンでディアルガが集中砲火され、流星群を撃つ前に倒れてしまった場合は、もはや収拾がつきません。このパはディアルガが2回流星群を撃つこと前提のパなので、ディアルガが1回も流星群を撃てずに散ったら、殆ど勝つ見込みはありません。流星群撃てずにダークホールで眠ってしまった場合もほぼ確実に負けます。スカーフダークホールドーブルは苦手ですw
また、「流星群を当てて」と書きましたが、流星群が外れた時も、かなり負け易いです。集中砲火で1ターンで倒す筈だったポケモンが残ると、色々と面倒なことになります。
まぁ、決勝トナメ1回戦も、クレセグラードンのクレセリアに流星群集中砲火して、流星群外してトリル発動して負けたんですよね(汗
読み自体では若干勝っていた筈なので、残念ですw
「外したら負ける」と思ってしまったから外れたんでしょうかね?(笑)

まぁこんなところです。


それでは、当日の対戦の様子でも。

1戦目
vsキュウコン、ジュゴン、ミュウツー、チルタリス
流星群ぶっぱで初手2体を容赦なく1ターンで潰し、2ターン目は引かずにチルタリスを倒し、3ターン目でミュウツーを倒して終了。大火力で有無を言わさず押し切っちゃいましたw

2戦目
vsグラードン、ダーテング、ホウオウ、あと何か(忘れましたすみません)
グラテングと戦うのは初めてだった。初手で猫騙しがラティオスに飛んで来て、ラティオスは動けなかったが、ディアルガが流星群をグラードンに撃ち込んで、次は大爆発読みでラティオス守る、ディアルガはメタグロスに交代、が決まり、ホウオウをパルキアの亜空切断でごり押しして勝利。割とストレートに勝利。

3戦目
vsルギア、ルンパッパ、グラードン、バンギラス
この試合はかなりアツかった。ルンパッパをささっと倒した後は、ルギアグラードンとの対決。相手が回復してきて手を焼く。勝負の決め手となったのは、やはりディアルガ。出ては引っ込むを繰り返し、流星群を撃ちまくる。
グラードンの地震をメタグロスとディアルガが共にギリギリ耐え、ルギアに流星群+コメットを撃ち込んでルギアを処理し、バンギラス守るグラードン地震を読んでメタグロス守るディアルガ→ラティオスが決まる。この時点で、グラードンが攻撃せずに守ればメタグロスが生き残り、コメットをバンギラスに撃つことができ、逆に守らなければ、ラティオスの草結びがグラードンにヒットする、という状況を作り出す。この場面はなかなか上手くいったものだと思う。
結局グラードンは守り、バンギラスがラティオスを処理した後、ディアルガ光臨で流星群をグラードンにぶっぱして一撃で落とし、勝利した。
とてもいい試合だった。

4戦目(決勝トナメ1回戦)
vsクレセリア、グラードン、ユキノオー、ホウオウ
クレセリアへの流星群ぶっぱが外れ、トリルが決まってあっけなく敗北。何故か手助け地震でディアルガが墜ちるし(耐える調整したんだけどなw)、手助け地震がパルキアに急所ヒットするしでボロボロ。ラティルガは、負ける時は非常にあっけない。4対0ぐらいで負けるw


こんな感じでした。
野良対戦も7戦くらいやりましたが、1戦負けた以外は勝ちました。負けた1戦は、最後ラティオスディアルガ(どちらも残りHP僅か)vsユキノオーギラティナ(ユキノオーは全快、ギラティナは瞑想2回積んで半分くらい)の時、ディアルガが手助け吹雪を撃ち、ギラティナを倒してユキノオーにシングルダメージで吹雪を当て、ユキノオーも倒す、筈が、ユキノオーはタスキで持ちこたえ、吹雪されて負けたw
ラティオスはユキノオーに流星群、ディアルガは吹雪、とすべきだったかもしれない。。

まぁ何にせよ、WCSは楽しめましたw
対戦して下さった皆様、本当にありがとうございましたm(_ _)m

そのうち、ツイッターで支離滅裂に呟いたGS考察を整理して書くつもりです。
スポンサーサイト
コメント
No title
WCSお疲れ様でした。
僕は、遠くへ出かけるのメンドクセ&PSPタノシー
ってことでWCS出てませんでした。
一応WCSパは作ったんですが、(ノオツーの吹雪パ)
伝説使うのは自分の性に合わないのか
ほぼお蔵入り状態でした。

しかし、伝説戦でも結構構築には頭使いそうですね。
手助けなんて火力補助技があったり、避雷針に泣いたりと
むしろダブル全然やったことないだけかw

ダブルだとリィズさんのディアルガ流星群ぶっぱみたいに
戦術が毎回同じであまり読みをしないから楽しくないんですね。
そういう意味では次はシングルでWCS開いてほしいなぁ。

それと、負けてしまったときのグラードンはきっと火力補助アイテム
持ってたんですよ。帯とか帯とか帯とか帯とか。ないか。
2010/05/13(木) 00:29 | URL | 星屑 #-[ 編集]
僕としては盲点なパーティでした。
手助け潮吹きや威張る地震を主軸に据えようと躍起になり過ぎて、ドラゴン技の強さが抜けてましたね。頭固いなあ。
ヌケニン対策はほぼ切っていると見て間違いありませんよね……?
その判断を含めて、完成度の高いパーティだと思いました。
2010/05/13(木) 00:34 | URL | @me@ #-[ 編集]
>星屑 さん
ダブルは戦術が毎回同じ、というか、構築に何らかのパターンを持たせて、行動をある程度テンプレ化しておくのが結構重要だったりする気がします。
そう言う意味では、シングルよりも、構築の美しさ、というのがでやすいのではないかと。どんなパターンを仕込んで勝ちにいくか、と考えるのが結構楽しいですw

あと、読みは結構ありますよw
例えば守る読み守るとかはよくやります。相手がグラードン&バンギラス、こちらがラティオス&何かという状況において、グラードンはラティオスの草結びを食らいたくないので、グラードン守るバンギラスはラティオスに噛み砕く、という行動をとるのが普通です。
そこで、それを読み、ラティオス守る何かをバンギラスに有利なポケモンに交代とします。次のターンは、グラードンが交代しない限り、ラティオスの草結びを食らいますし(2連守るしない前提ですがw)、かといってグラードン交代バンギラス居座りでバンギラスでラティオスを処理しようとした場合、バンギラスに有利なポケモンの攻撃がバンギラスに当たってしまいます。つまり、相手に難しい選択を迫ることに成功する訳です。

あと、ダブルはとれる行動の選択肢が多いので、読みでなくても、どれが最も危険を伴わない行動なのか、判別するのが非常に難しく、考えさせられます。こういったところがダブルの魅力だと、私は考えています。

あと、相手のグラードンは鉄球持ちでした。手助け地震耐えといっても、よくいるグラードンの手助け地震耐えなので、使われたグラードンは想定したものよりも攻撃に振っていたんでしょうね。まぁ仕方無いですww
2010/05/13(木) 14:36 | URL | リィズ #-[ 編集]
No title
ま…守る読みだと…
考えてみればそうですね、バンギ→ラティ→グラ
見たいな関係ができていて、そこに守るが入って読み合いが始まると。
……ちょっとダブルやってみようと思います。
戦術がテンプレになるのはいやですが、そのテンプレを何通りか
用意すればよさそうです。
あ、当然伝説準伝600族なんて使いません。二匹まで?ナニソレクエルノ?
2010/05/15(土) 16:03 | URL | 星屑 #-[ 編集]
>星屑 さん
GSで伝説どころか600族すら使わないとなると、構築は難しそうですね。
その昔バトルチャレンジというイベントで、ハリテヤマ+ヨノワールでトリックルームして、後発潮吹きオクタン&噴火バグーダっていうのと当たったのを思い出しました。

伝説準伝600族を使わないとなると、私ならドーブルゴウカザルカビゴンユキノオー、とかでしょうかねw
他では、メガヤンマ、ドクロッグ、ルンパッパ、ヘラクロス、ヌケニン、クロバット、トゲキッス、マニューラ、ハピナスetc.
まぁ、600族でないとはいえ、いずれも強ポケなんですけどね(ぁ

ダブルでは、伝説無しの09ルールとかも未だに人気高いみたいです。私は、ダブルはGSでデビューしたのでよく知りませんが(汗
2010/05/16(日) 06:15 | URL | リィズ #YignKQLU[ 編集]
No title
ということで、まだ卓上論ですが考えてみました。
って元々はバトレボの6→4用に考えてみたものですが。
エンペルト ハイドロ 草結び 凍風 守る@ソクノ
バクフーン 噴火 オバヒ めざ氷 守る@炎プレート
ジュカイン リフスト 気合球 めざ氷 身代わり@珠
ハリテヤマ 猫だまし けたぐり しっぺ返し 守る@残飯
ゲンガー  霊玉 凍風 爆発 守る@タスキ
スターミー ハイドロ 十万 凍風 身代わり@帯
ダブル素人なりに考えてみた結果です。w
バクフーン活かそうとしたら凍える風パになりました。
もしよければアドバイスなんかほしいです。
それと、もし次のGSに出るのならば恐らく伝説使いますww
もしかしたら使わないかもしれないですが、せっかくのGSなので
本気で勝ちを狙いたいですしw
2010/05/17(月) 17:34 | URL | 星屑 #-[ 編集]
>星屑 さん
ダブルはGSしかやったことがないので、私はアドバイスできる立場ではないと思いますが一応。。

気になるのは、こご風要員が3体いるのに、こご風の恩恵を受けそうなのがバクフーン1体のみ、という点でしょうか。
まぁ素早さがどの辺りに調整されているのかにも依りますが。

他では、1体1体では特に無いですが、カビゴン+メガヤンマとか来ると結構面倒、というところでしょうか。まぁ何とかなるレベルではあると思いますが。
GSではカビヤンマ使うこともありますが、09ダブルだとどうかはよくわかりません。

まぁダブルの面白さは、タテの相性(交代で出す時の相性)とヨコの相性(2体並べた時の相性)があるということなので、その辺上手く構築できればいいんじゃないかなー、とか思ってます。
例えばバクフーンは、メジャーなところでギャラドスやラティを苦手とするので、それらに強いポケモンを相方にしたいですね。
その意味では、ゲンガーなんかは結構いいのかもしれません。

まぁとりあえずこんなところでしょうかね。。
拙い考察で申し訳ないですm(_ _)m
2010/05/18(火) 08:58 | URL | リィズ #YignKQLU[ 編集]
No title
なるほど…
凍風要因はちょっと減らします。流石に多すぎた気がする。
そしていまさらだがギャラドスが怖すぐる。
考えてみれば、ダブルで凶悪な威嚇を持ってたギャラだった。
そりゃ対策必死でしたな。ゲンガーの凍風を十万にします。
なくても警戒してくれるでしょうが、実際にないと確実に困ると思う。
いや困る。絶対。
長々と失礼しました。とりあえずこれで対戦して欠点とか探してみます。
実際に戦えば弱点もわかるはずです。
ありがとうございました。GSもそのうちやってみます!
2010/05/18(火) 17:44 | URL | 星屑 #-[ 編集]
>星屑 さん
まぁダブルはGS以外は本当にわかりません(汗
09ダブルについてちょっと考えてみて、全然方針が浮かばない、ということがよくわかりました((
多分、実際に戦ってみるのが一番いいんだと思いますw
2010/05/18(火) 23:11 | URL | リィズ #YignKQLU[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

リィズ

Author:リィズ
ポケモンが好きで主に対戦を考察する。
東京大学ゲーム研究会(TGA)所属。
乱数調整の解説記事へは、下のリンクから行けます。

リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
Twitter
アクセスカウンター
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。