アニメ好きでもゲーム好きでもない、純粋なポケモン好きによるポケモン対戦中心の雑記。コメント返信は遅め。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第4世代最終構築

BWの乱数調整は、まだまだ解析されてないことが多いので、その内解析されることに期待しましょう。よくわからない乱数の仕様もありますね。
とりあえず前回の解説記事は、解説リンク集に加えておきました。

まぁBW乱数調整の話はひとまず放置することにし、自分の第4世代の最終構築という、今となってはどうでもいいこと(?)話します。
個々の構成が構築基準で考えられている、ということが割とわかりやすい構築なので、その点を感じて頂ければ幸いです。

ルール:
バンギロトムありシングル63

ガブリアス@タスキ
剣舞/逆鱗/地震/流星群
むじゃきCS

メタグロス@オボン
コメット/バレット/思念/爆発
いじっぱりH187-D133

スターミー@珠
ハイドロ/10万/冷凍ビーム/スキルスワップ
おくびょうCS

ギャラドス@残飯
竜舞/身代わり/滝登り/氷の牙
ようき H193-A155-S146

ロトム@メガネ
10万/シャドボ/めざ氷/オバヒ
ひかえめ H152-C144-S138

バンギラス@スカーフ
悪の波導/大文字/冷凍ビーム/けたぐり
おくびょうCS


構築方針:

メタグロスをオボン思念型にして、相手のグロスの処理が面倒になったのを、こちらのロトム、ギャラ、スターミーが対応。更にロトムはヒートフォルムにすることで、グロスに対して更に圧力をかけている。

ガブリに対しては、ガブリより速いスターミーが圧力をかけ、更にタスキガブも入れてあり、バンギもガブリの起点とされにくいようにスカーフとした。
また、ソーナンスに対し不利にならないよう、バンギを特殊型とし、ロトムはメガネを持たせることで後出しからソーナンスが出しにくくし、スターミーにはスキルスワップを持たせた。タスキガブやオボングロスも、ガブ及びグロスの中ではナンスに比較的弱くない型となっている。

ロトムのヒートフォルムは、ヘラクロスに圧力をかけるためでもあり、オボン思念グロスもヘラにそこそこ優位に戦えるので、ヘラも問題無い。更にヘラクロスに対し打点が入り易いように、残飯ギャラドスに滝登りを搭載。ガブにも優位に立てるよう氷の牙も入れた。

身代わり残飯ギャラドスは、本来スイクンに強い型であったのに対し、このギャラドスは地震がなく、滝登りと氷の牙のみであるので、スイクンに少し弱くなっているが、グロスがオボン思念であることや、メガネロトムを無補正最速まで上げたこと、スターミーで強力にメタを張っていることなどでカバーしているので問題ないとしている。

ラティ相手には、明確に優位なグロスやバンギがおり、バンギが特殊になっていることで若干ラティに弱くなったところにタスキガブや先制でそこそこ打点が入る珠スターミー、ギャラの竜舞身代わりでの流星群受けなども入っているので、ラティも制圧し易い。

速攻アタッカーのスターミーの特性や、ガブリが入っていることから、電磁波にも強くなっている。

全体的に竜舞珠ギャラが厳しいが、なるべく隙を与えないように行動しつつ、舞われてもタスキガブで何とか処理していく方針となっている。


とまぁ、こんな感じで、○○のあの技を切って△△に弱くなったところを□□をこの型にすることで補完、という形が上手くいったと個人的に満足している構築。割と自分好み。
ロトム入り構築であり、構築を組んだのが非常に遅かったため、使った回数は僅かであったが、それなりに上手く機能したのでよかったと思う。特にスターミーの活躍は目覚ましく、非常にお気に入り。ギャラドスもいい仕事をしてくれている。

因みに、新作ではローテーションバトルを中心にやっていきたいと思ってる。ローテーションバトルは、積み技で積んでからローテーションしても効果が持続されるので、積み技がかなり強力だったり、場の3体が常に等価で動くので、無理に不一致ピンポ技を搭載するよりは、回して一致技撃つ方がいい場面が多かったりと非常に画期的なルールだと思う。

次回はローテーションバトルの小考察でもしようかな。
スポンサーサイト
コメント
No title
すごく考えて構成されてますね、圧巻ですw
自分はテンプレばかりですのでorz
正直BWの乱数はできる気があまりしないですww自分はHGSSの乱数にてこずってますからw
まぁ正直第5世代に使いたいポケモンがいないってのもありますねw
おそらくは第4世代までのPTで第5世代も行く事になると思いますw
2010/10/06(水) 21:15 | URL | こたつ #-[ 編集]
>こたつ さん
BWでは通常孵化で結構いい個体でるみたいなので、伝説やめざパを粘らない限りは十分な個体の入手が可能みたいですよ。
自分は新ポケではナットレイやテラキオンなどを使ってみたいですねw
と言っても、第4世代までのポケモンで上手に構築することは問題無くできそうです。第4世代までで強かったポケモンは相変わらず強いようですのでw
2010/10/07(木) 01:57 | URL | リィズ #YignKQLU[ 編集]
No title
いまさらなのですがHGSSの徘徊について質問させてもらいます。
今狙っているのが

・1匹目
性格 = おくびょう
性格値:76ce7180
個体値:31-31-30-30-31-30
特性:1
めざパ:炎70
初期seed:b1150781
seed消費数:42
月×日+分+秒:177 or 433
時:21
フレーム+年-2000:1921
とゆうことは
10×12+0+57=177
1921-99=1822=30.36秒+5.6=35.96
このことから
2099年10月12日21時0分21.04秒にゲーム選択
2099年10月12日21時0分57秒につづきから選択でよろしいのでしょうか?
自分では合っているつもりなのですが違う個体ができ来てしまいます
お手数ですがお願いいたします
2010/10/11(月) 17:18 | URL | ccc #-[ 編集]
No title
↑の補足です
でてきたポケモンは

・1匹目
初期seed候補:b2150781
分+秒:58
フレーム:1823
初期seedからの位置:42
性格値:4bce7a80
個体値:31-7-11-6-23-30
でした
分+秒が58なので時間をミスしたのかと思いましたが、何回やっても同じのがでてきてしまいます。2連続コメ投稿すいません
2010/10/12(火) 19:12 | URL | ccc #-[ 編集]
>ccc さん
「分+秒:56」と出たなら秒の小数点以下切り捨ての問題だとすぐわかりますが、「分+秒:58」では原因不明ですね。
原因不明ですが、何度やっても同じのがでるとわかっているなら、最初から「分+秒:56」の条件で行えばいいだけです。

20.04秒にゲーム選択
56秒に「つづきからはじめる」選択、とするといいでしょう。
2010/10/12(火) 21:23 | URL | リィズ #YignKQLU[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

リィズ

Author:リィズ
ポケモンが好きで主に対戦を考察する。
東京大学ゲーム研究会(TGA)所属。
乱数調整の解説記事へは、下のリンクから行けます。

リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
Twitter
アクセスカウンター
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。