アニメ好きでもゲーム好きでもない、純粋なポケモン好きによるポケモン対戦中心の雑記。コメント返信は遅め。

【ローテ】ガブリアス、スイクン、ギャラドス、ブルンゲル

ローテにおいて、私が強いと思っているポケモンについて。一応夢特性抜き。

ローテ3強
ガブリアス、ドリュウズ、トゲキッス

8強
+スイクン、ギャラドス、ブルンゲル、ナットレイ、ヒードラン

採用頻度高
バンギラス、カバルドン、エルフーン、サンダー

採用頻度中
水ロトム、ウルガモス、ラティオス、ラティアス、ゲンガー、ユキノオー、カビゴン、ライコウ

この内、8強の中のガブリアス、スイクン、ギャラドス、ブルンゲルについて、私が想定している使い方を紹介します。
余裕があったら他のも書きます。
長くなったので「続きを読む」から。

ガブリアス

型想定1
逆鱗/地震/ドラクロ/ダブルチョップ@ハチマキ
ようき 201-164-116-x-106-169
追い風の補助を受けながら戦う。基本的には、後発において、先発3体で削って相手の多くをガブの攻撃圏内に入れた後、反撃の隙を与えず上から殴って葬り去る。追い風の補助があると一層動き易い。

型想定2
剣舞/身代わり/地震/ダブルチョップor逆鱗@光の粉
ようきAS
砂吹かせて電磁波とかも撒いて身代わり剣舞から暴れる型。剣舞+ダブルチョップでスイクンの身代わり破壊してダメージ与えるにはAぶっぱしないと厳しいっぽいのでようきAS。

型想定3
剣舞/ダブルチョップ/地震/逆鱗@ハバン
ようき 202-156-116-x-113-169
珠テラキオンのインファイト+電光石火耐え、ラティアスのジュエル流星群(ラティオスの珠流星群より少し上の指数)耐え、耐久無振りガブを素の逆鱗1発、剣舞積み地震でありがちな耐久のスイクン2発。
相手のドラゴン見ても強気に前に出して剣舞していく。

感想
ガブリアスは基本的に耐久が高く、普通の一致等倍を撃ってくるポケモンには打ち勝てるものの、ドラゴン技は汎用性が高い上に高威力で相手としては非常に撃ち易いため、相手にドラゴンが居る場合は安易に動けない。氷技は汎用性が低いので、牽制することは幾らでも可能。そしてガブの火力は、ハチマキを持っていない時、剣舞していない状態では十分高いとは言えない。
よってガブリアスは、身代わりを残してから安全に剣舞するか、ハバンを持ってドラゴン前で強気に動いて剣舞するか、最初からハチマキを持たせて殴るか、という3種類を想定。


スイクン

型想定
眠るor身代わり/零度or毒々or瞑想/波乗りor熱湯/追い風@カゴor残飯
のんき HB基調に配分
ずぶとい 身代わりを使う場合Sは最速零度スイクン抜き、残りHB
眠るならカゴ、身代わり張るなら残飯を持たせる。熱湯は、H振りヒードランが2発にならないので、瞑想使う以外では波乗り推奨。毒との相性も今一だし。最速零度スイクン抜きならS124だけど、これは最速バンギと同速なのでS125にする。
配分は適当に。追い風使うからSはある程度伸ばした方がいいかと思ってたけど、追い風下では寧ろガブリアスが動くのだから、そんなにS振る必要なかった。Sは寧ろ同族対決を意識すべき(身代わりを使う場合)。眠るを使うならそんなに意識することも無い。
配分は、自分でどの程度か把握していれば、何使っても大差は無い筈。
因みに、ガブリアスの型4の配分説明にある“ありがちな耐久のスイクン”とは、最速零度スイクン抜きをしたずぶといスイクン(残飯持ち)のこと。

感想
ガブリアスのお供の最高峰。氷を半減するポケモンで追い風が使えるのはスイクンとハッサムのみ。つまり、ガブリアスを追い風で補助するにはうってつけのポケモンということになる。
単純に追い風と攻撃技を搭載しただけでは相手の氷技使いに圧力が掛けられず、氷技が安定手にされてしまうので、零度や毒々、瞑想のどれかは入れておくといいだろう。


ギャラドス

型想定1
竜の舞/身代わり/滝登りor地震/氷の牙@残飯
ようき 193-155-99-x-120-146
HP16n?1調整、竜舞1積み氷の牙で201ガブリアス1発。

型想定2
竜の舞/アクアテール/地震/氷の牙@珠
いじっぱり AS
第4世代後期に流行った竜舞珠ギャラ。竜舞してから持ち前の火力で相手を縛っていく。

型想定3
電磁波/挑発/適当@残飯、ソクノ等
ようき HS
砂ガブのお供にでも。

感想
型3は言うまでもなく、砂パのガブのお供。電磁波撒いてガブでクソゲーするための布石。挑発入れておくと多分便利。
型2は、竜舞で火力と素早さを上げて一気に攻め込む型。どれか1つの技で相手2体が先制一撃になる状況にできれば上出来。
型1は、ガブリスイクンメタとしての使い方。スイクン前で身代わりが非常に安定し、ガブリアスのダブルチョップを誘って氷の牙を撃てれば上出来。氷の牙はピンポイント性の高い技だが、これを軽減するポケモンの多くはギャラに有効打がなくギャラの前に出されてもそこまで痛くなかったり、ギャラの一致技の通りが良くギャラの前に出しにくかったりするので、特に身代わりを残してある状態においては比較的安定手になり易い。
地震を受けない点でも、ガブリアスメタとして評価される。
特性はできればじしんかじょうで。


ブルンゲル

型想定
自己再生/トリル/鬼火or挑発or溶ける/波乗り@残飯orオボンorメンタルハーブ
おだやか H全振りBD適当
トゲキッスのエアスラッシュを受けたいのでおだやか推奨。
スイクン同様。自分の感覚を信じて適当に振る。どういう配分か、よりは、その配分によりどういう性能を持ったかプレイヤーが把握している方が圧倒的に大事。

感想
トリル始動役の最高峰。キッスのエアスラで怯んでトリルが張れない、という恐怖がのろわれボディで大幅に軽減されている点が非常に頼もしい。再生や溶けるにより、トリルを張れる回数も稼ぎ易い。
但し、挑発で機能停止し易いので注意が必要。メンタルハーブはガチアイテム。
特性がとにかく強く、明らかに不利な場面でもワンチャンを作れる。
レベル1ココドラに強い点でも安心できる。


まぁ、私が認識してる使い方を説明すると大体こんな感じです。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

リィズ

Author:リィズ
ポケモンが好きで主に対戦を考察する。
東京大学ゲーム研究会(TGA)所属。
乱数調整の解説記事へは、下のリンクから行けます。

リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
Twitter
アクセスカウンター
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード