アニメ好きでもゲーム好きでもない、純粋なポケモン好きによるポケモン対戦中心の雑記。コメント返信は遅め。

【イッシュダブル】構築紹介

オワコンなイッシュダブルですが、ゲー研オフで使った構築晒します。


シャンデラ@スカーフ
熱風/オーバーヒート/火炎放射/シャドーボール
おくびょうCS

ボルトロス@電気ジュエル
守る/威張る/10万/めざ飛
おくびょうCS

テラキオン@タスキ
守る/石化/インファイト/岩なだれ
ようきAS

ナットレイ@ヨプ
守る/宿り木/パワーウィップ/ジャイロボール
ゆうかんHA

【解説】

まず、雨パトリパ対策になり、砂パとの相性も比較的良好でテラキオンにタイマンで勝てるヨプナットレイを確定させるところからスタート。ウルガモスなど、極端に厳しい相手もでるが、トップメタ層の一部が軽くなるので、構築に自由度が出るところを評価した。また、ナットレイとシャンデラは相性補完が極めて優れているため、シャンデラも入れたい。例えば拘りサザンドラはシャンデラナットレイの並びの前にまったく機能しなくなる。
しかし、シャンデラとナットレイはどちらもゾロアークに弱いので、後発に置きたいのだが、そうすると、ほぼ確定で入ってくるタスキテラキオンを先発で使うことになり、環境上先発のテラキオン対策がかなり出来上がっていると見て、タスキテラキオンは後発に置きたかった。
先発テラキオンは、猫騙し持ちが先発にいるといきなり動き辛かったり、行動制限が多いので、後発で死に出しする方が使い易いと判断したのである。

そこで、相手にトリルを張ることを躊躇わせる先発ナットレイはできれば避けたかったので、ゾロアークはある程度割り切ってシャンデラを先発にすることにした。猫騙しを受けない、という点も評価している。
ここまで来て、テラキオンに先制で有効打を撃てるポケモンが1体もいない。テラキオンに先制で大ダメージが取れるポケモンは確実に入れるのが信条なので、その中でも悪戯心威張るによりトリパにも強いボルトロスに電気ジュエルを持たせることにした。シャンデラの熱風とボルトロスのジュエル10万で綺麗にテラキオンが削り切れるところが美しい。
ジュエルアクロバットトルネロスや草結びエルフーンも該当するが、思いついたのが当日に朝で、育成済がボルトロスだけだったので自然とボルトロスになった。


【立回り】

シャンデラとナットレイは相性補完が抜群なので、シャンデラとナットレイの交換は積極的に行う。
初手から全力で殴っていき、シャンデラで有効打がとれない相手にぶつかったらシャンデラを下げナットレイを出していく。テラキオンは死に出ししたいので、交代からは出さない。
ボルトロスの方は、有効打がなくなっても威張るを連打して居座るのが基本である。
シャンデラとボルトロスの高打点で殴りつつ、有効打がなくなればボルトロス威張るシャンデラ↔ナットレイで嫌がらせし、誰かが倒れたらテラキオンを死に出しして一掃する、という、わかり易い立回りとなる。


【反省】

相手のスカーフシャンデラも早く処理したかったので、ジュエル10万で無振りシャンデラを高乱数で落とせるところも高く評価している。
しかし、それはジュエルアクロバットトルネロスでも同じなので、物理トルネロスを使っても良かったと考えている。
悪戯心追い風も相まって、ウルガモスに対するマークが厚くなる点が特に評価される。

使うなら、
トルネロス@飛行ジュエル
守る/アクロバット/追い風/威張る
ようきAS
といったところだろう。

また、初手がサザンドラに対して有効打がないので、ボルトロスはめざ氷で使った方が良かったかもしれない。因みにC全振りボルトロスのめざ氷で無振りサザンドラは2発である。威張るを使うと割り切っていたが、めざ氷は欲しくなった。
サザンドラに有効打のとれるテラキオンは交代で出していきにくいことからも、ボルトロスのめざ氷は欲しい技である。気合球も悪くはない。
等倍ジュエル10万>抜群めざ飛であることからも、めざ飛の需要が薄いことがわかる。実際使う場面はほぼなかった。

また、シャンデラをひかえめで使うと、トゲ+熱風+ナットレイのウィップでH振りズルズキンが落ちるので、ズルズキンランクルス相手に初手熱風+ナットレイだしが非常に安定する。
逆にズルズキンが耐久に厚くしていた場合は、噛み砕くでシャンデラが落ちないので大した脅威ではない。
また、シャンデラをひかえめにすると、シャンデラ熱風+シャンデラ熱風(砂嵐下)+ボルトロスジュエル10万(砂嵐下)でH振りギガイアスが落とせるので、砂パ相手にも少し強くなる。ボルトロスをめざ氷にしていれば尚更である。
これらのことから、シャンデラはひかえめの個体で使っても良かっただろう。

そして、シャンデラをひかえめにし、ボルトロスをめざ氷にした場合、砂パ耐性は厚くなるものの、素早さを下げた分シャンデラが相手のシャンデラに処理され易くなる。このとき、相手にナットレイがいると処理が極めて困難であるので、流行次第ではナットレイにめざ炎を仕込んでもいいかもしれない。
ボルトロスをめざ氷にした分砂パ耐性が上がるので、ナットレイの方の対砂パ性能を落とし、守るか宿り木を切ってめざ炎を入れる、といったところだろう。
守るは対トリパ意識の強い技だが、ナットレイはトリパ下で充分すぎる程速く、守るを使う機会が結構少なかったので、切るとすれば守るだと思っている。


修正例:

シャンデラ@スカーフ
熱風/火炎放射/オーバーヒート/シャドーボール
ひかえめCS

ボルトロス@電気ジュエル
守る/威張る/10万/めざ氷
おくびょうCS

テラキオン@タスキ
守る/石化/インファイト/岩なだれ
ようきAS

ナットレイ@ヨプ
宿り木/めざ炎/パワーウィップ/ジャイロボール
ゆうかんHA

このような構築もアリだろう。

シャンデラをひかえめにしたことで、ボルトロスのCを少し下げても熱風+ジュエル10万でテラキオンを落とせるので、その分少しDに振り、C177サザンドラの流星群耐えをするのも良い。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

リィズ

Author:リィズ
ポケモンが好きで主に対戦を考察する。
東京大学ゲーム研究会(TGA)所属。
乱数調整の解説記事へは、下のリンクから行けます。

リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
Twitter
アクセスカウンター
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード