アニメ好きでもゲーム好きでもない、純粋なポケモン好きによるポケモン対戦中心の雑記。コメント返信は遅め。

【ローテ】カイリュー軸高種族値パ

ローテ紅白戦で使用した構築を紹介する。対戦ログはあとで載せるかも。


ラティアス@ハバンの実
竜の波動/願い事/リフレクター/光の壁
臆病 175-x-122-131-151-178

ヒードラン@食べ残し
大文字/大地の力/竜の波動/挑発
臆病 192-x-127-156-127-141

ユクシー@ゴツゴツメット
癒しの鈴/電磁波/トリックルーム/サイコキネシス
図太い 182-x-198-95-150-118

カイリュー@命の珠
竜舞/ドラゴンクロー/逆鱗/神速
意地っ張り 167-204-115-x-120-132

スイクン@オボンの実
瞑想/眠る/波乗り/凍える風
控えめ 190-x-135-154-136-124

カイリキー@拘りスカーフ
爆裂パンチ/ストーンエッジ/冷凍パンチ/バレットパンチ
陽気 166-182-100-x-105-117

以下解説

【構築解説】

カイリューで2回以上積む事を主眼においた構築。
まず、壁願い事ラティアスで、マルスケを復活させるコンボを狙う。

ラティアスでは状態異常対策ができないが、もし電磁波や催眠を喰らってもユクシーを投げて制圧。逆にマルスケを維持できるので2積みが狙える。

また、パルシェンに対しては幾ら壁を張っても氷柱針でカイリューがやられてしまうので、パルシェンに対して強めの積みポケとして瞑想スイクンを搭載。オボンを持たせる事で、よりパルシェンを意識している。
ヒードランに対する処理が早く、挑発でこちらの展開を妨害してくるヒードランにリスクを背負わせる事ができる。壁との相性も良好である。眠るは癒しの鈴とのシナジーが良好。

更に、積み技を使って攻める以上、相手の挑発は警戒したい。そこで、挑発を受ける事によるリスクが非常に低い大地ヒードランを採用。
大抵の場合、相手の挑発にリスクを負わせることができるポケモンは、挑発されずとも火力が出る拘り持ちのポケモンであることが多いが、ヒードランは非拘りで挑発に強いポケモンとして非常に重要である。
しかも、ラティアス、ユクシー、カイリューと、ヒードランとの並びが美しいポケモンが3体もいるので、ここでヒードランを投入することは非常に理に適っていると言えよう。なによりハッサムに強いのが偉い。

最後の枠だが、ここまででココドラ耐性が皆無であったのと、相手の鋼に対して更なる圧力、そして混乱により2積みを狙い易くなるスカーフカイリキーで決定。
相手の積みポケモン(特にパルシェンやハッサム)に対する圧力にもなり、足りなかった岩耐性も補充、と非常によく当て嵌まる。

ラティアスユクシーによる補助によりカイリューで2積みを狙う、ということ自体はターンを要し、その分相手の展開を許し易いが、そこにスカーフカイリキーが入る事により相手の展開を妨害し、こちらが一方的に展開することを目指している。
つまり、展開が遅い構築とカイリキーは相性が良い、ということである。

結果的には、カイリュー+補助エスパー2体+鋼への打点3体、という構図になった。


【個別解説】

・ラティアス
配分・技構成・アイテムとも、壁ラティアスのテンプレ型。何も言う事は無い。

・ヒードラン
HP16n、最速、残りCというところ。メガネ水ロトム入りの構築と流用する際に、水ロトムの10万+竜波動で相手の水ロトムをなるべく倒したい影響で、少しCに割いてある。
技構成は鉄板。相手の展開を妨害する挑発、挑発を撃って来て面倒なヒードランに対して撃つ大地の力、あとはメインの大文字と竜波動である。身代わりも入れたかったが断念。
ヒードランを長持ちさせたいので残飯。ヒードラン入り構築は、ヒードランの耐性が優秀でヒードランを回す機会が非常に多くなるので、過労死し易い。そのため、ヒードランのアイテムはオボンや残飯が非常に似合う。鋼がヒードランのみの場合は特にそうである。
その上今回は、トゲキッスに対する耐性が薄かったため、トゲキッスのエアスラッシュを何度もヒードランで受けにいく必要があるだろうと判断し、残飯を持たせた。
ヒードランの3大アイテムは風船・残飯・オボン。

・ユクシー
Sは最速カイリキー抜き。準速ハッサム抜きとも言う。技構成は、癒しの鈴・サイキネを確定とし、パルシェンやトゲキッスなどに撃ちにいける電磁波を入れ、トリル返しもできるようにトリルを仕込んだ。
ゴツメにより補助技を撃ちながらの削りができて便利。

・カイリュー
何も言う事は無い。竜舞カイリューは珠逆鱗が最強。

・スイクン
Cぶっぱにより瞑想1積み波乗りでH振りヒードラン1発、最速ジバコイル抜き、残りHP。めざ電個体なのでやや実数値が歪になっている。

・カイリキー
何も言う事は無い。最速確定で、ガブリアスを爆裂2発にするためにA全振り(ヒードランの竜波動でガブを半分ほど削る意味でも相性が良い)。
ラティトルネに先制できないのは悔しいけど、先制できたらただのバケモン。


【感想】

使ってみると、ユクシーとカイリキーの使い勝手が非常に良かった。電磁波や爆裂で相手の展開を妨害するのは勿論、電磁波とカイリキーの相性自体も非常に良く、最近現れたラムモロバレル(カイリキーも見れるモロバレル)に対しても、カイリューと癒しの鈴ユクシーを並べる事で、胞子を撃つ事がディスアドになり易いように構築してあるのがポイントである。
癒しの鈴での1ターン消費のリスクも、爆裂混乱や電磁波のお蔭で相手に安易な展開をさせないので気にならない。

元来ユクシーは後発で使う事が多かったが、この構築だと、初手からユクシーとカイリキーを並べて電磁波撒きからの爆裂連打をしていくことも多かった。

ユクシーカイリュー構築は、高種族値壁パを考えていた時期(10月後半頃)からずっと構想はあったがあまり形になっていなかったので、ここで形にできて良かったと思う。

まぁ何より、高種族値5体+カイリキーという構成と、拘りが1体(しかもスカーフ)であるにも関わらず挑発に対するリスクを抑えているという点が美しい。
そして、私が作ったローテ構築の中でも最も種族値が高い。

おめでとう!害リキーは神リキーに進化した!
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

リィズ

Author:リィズ
ポケモンが好きで主に対戦を考察する。
東京大学ゲーム研究会(TGA)所属。
乱数調整の解説記事へは、下のリンクから行けます。

リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
Twitter
アクセスカウンター
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード