アニメ好きでもゲーム好きでもない、純粋なポケモン好きによるポケモン対戦中心の雑記。コメント返信は遅め。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

裏で見るローテ構築

「裏に置くポケモン」でローテ構築を分類するというviewpoint

ローテの選出は、場のポケモン3体+後発1体の4体選出で、どのポケモンを後発に置くかが重要になる。

以前から言っているように、「積みは前、詰めは後」がローテ選出の基本だと考えている。裏には、最後の詰めを任せるポケモンを置きたい。誰でも裏に置いて問題ないわけじゃない。

例えば竜舞カイリューは、竜舞カイリュー同士で組み合った際に、自分だけ後発だと、自分がカイリューを出したタイミングで既に相手のカイリューは竜舞を積んでおり、一方的に縛られる、という事態になりかねない。カイリュー同士は勿論、カイリューを出すまでに相手が場を整えており、カイリューを出した時点では手遅れ、ということにもなり易い(例えば壁パなど)。
裏に竜舞カイリューを配置する、という考えは危険なのである。(勿論だが、積むポケモンがあまりいない場合、特に積むポケモンがパルシェン程度しかいない場合は、カイリューが積まずに殴る展開が濃厚なので、裏にカイリューを置くプレイングは普通に行われて良い)

これは、カイリューだけでなく、積みポケモン全般に言える事で、特にハッサムやパルシェンは、裏においていいことがあまり無い。
珠ハッサムは積まずに殴るキャラなので、裏に置けるキャラであることには注意。

では、どんなポケモンが裏に配置されるかを考える。

1、攻撃役を裏に配置

相手のポケモンを軒並裏の攻撃役の圏内に入れ、さようなら。
相手に積まれて縛られては意味がないので、ある程度行動に保証のついたポケモンを使用すること。

・テラキオン@タスキ
積まずとも範囲・威力が優秀なテラキオンにタスキを持たせ、最後のお掃除。
カイリューなどに積まれても、タスキの行動保証で処理の可能性があるのが強い。メインウェポンがどちらもハッサムに等倍で入るのは偉い。
積まずとも威力の高い技を高速で撃てるので、タスキとの相性は極めて良好である。

・スカーフ竜
表のポケモンで、なるべくスカーフ竜の圏内に削ったところで出し、倒していく。追い風やトリルといったS操作が少なめな相手には良く刺さる。
ガブリアス、サザンドラ、ボーマンダの3体が優秀。相手の残りの体力を見ながらどの技に拘るかを選べるところもポイント(特にガブサザン)。

・ガブリアス@ハチマキ
追い風役など、S操作ができるポケモンを表に置く。
エルフーンなら、アンコールの圧力をかけつつ他2体で削り、裏からガブを出して追い風で一気に勝負を決める等。
スイクンやクレセリアの凍える風でSを下げたところにガブリアスを出すのも有効。電磁波もいいが、相手のガブに効かない点に注意したい。

・ハッサム@珠
圏内に入った相手をバレットで倒していく。
2発かかる相手も、そこそこある耐久で耐えて倒していくのが理想的。

・メガネ電気
相手の積みポケがハッサムなら、積んだことによっての妨害を殆ど受けずに上から叩ける。水ロトムやジバコイルならパルシェンに強く、特にジバコイルはカイリューの妨害も受けにくい。
しかし、サンダーに比べてこの2種は遅いため、上から殴ることに関しては保証が取りにくいところが欠点となっている。

メタグロス@ハチマキ
一応積みポケモンに積まれても縛られにくいという性能がある。トリルから殴っても強い。
場合に依ってはバレットパンチ。

カイリュー@ハチマキ
相手の残りを見て神速で掃除するかトリルからドラクロや逆鱗を撃っていくか、というところ。

攻撃役は、表で使っても問題がないポケモンばかりだが、拘っている場合は、どれかの技での一貫が生まれるまでは技選択を控えたい、という場面も結構多いので、裏に置くのはその要請と噛み合っている。
最後の詰めで使うので、範囲が広く死ににくい、という条件を満たしていると嬉しい。

裏に置き易い攻撃役は、タスキテラキ、珠ハッサム、拘りポケモン全般、と覚えておこう。


2、補助役を裏に配置

最後の詰め、ということで、追い風やトリルで切り返しができるポケモンが欲しい。ある程度相手を削ったところで裏のポケモンを出し、追い風やトリルで切り返して削った相手を掃除していきたい。
相手が積んで火力を上げていても、確実に追い風やトリルを張れる要素(十分な耐久or悪戯心)が欲しい。

・ドータクン@ラムorメンハ
弱点が少なくトリル役として優秀。爆裂催眠に強いラムか、挑発に強いメンハ。

・サマヨール@輝石
耐久が高いトリル役。

ブルンゲル@タスキorソクノ
ソクノだと、カイリューの竜舞珠逆鱗で倒れるので、トリル役として安定感を持たせるならタスキ。

・ヤドラン@ソクノorタスキ
ソクノでも、ジバコイルのメガネ雷とカイリューの竜舞珠逆鱗を同時に耐える配分が可能。カイリキーの混乱も怖くない。
ハッサムには薄いので、ハッサムが怖い場合はタスキ。

・シャンデラ@タスキ
トリル役。自分でも殴りにいけるところがポイントだが、パルシェンに弱い点は注意。

・スイクン@ソクノ
追い風で勝負を決める。カイリキー耐性がない点は不安要素。

・エルフーン(@タスキ)
悪戯心のお蔭で安全に追い風が使える。しかし、どちらかと言えば、先発においてアンコールで相手を妨害しつつ、後発の追い風エースを出したところで追い風で攻めに転じる使い方の方が一般的か。

・トルネロス@飛行ジュエルorタスキ
こちらも悪戯心。自身も殴りにいく事ができる。
1発で死に易いのでタスキを持たせたいキャラではあるが、使い勝手の良いアクロバットが使いにくくなるという弊害がある。

・ユクシー
癒しの鈴で、状態異常にかかったポケモンを復活させる。特に、竜舞を積んだカイリューに対し電磁波を入れられた場合は、マルスケを守ったまま竜舞状態の健康なカイリューができあがる。
鈴がなくとも、(対ハッサムなどで不安があるが)トリル役として展開していくことが可能。ゴツメで削っていく立回りも強力。

トリルの場合、高速のポケモンで殴って削りつつ高速のポケモンが倒れたら裏のトリル役を出し、トリルで切り返して下から相手を叩いていく、という戦法が強力である。
追い風を使う場合は、相手のトリルに特に注意したい。


3、天候ポケモンを裏に配置

天候を取り、相手の天候依存のポケモンを弱くしたり自身の天候依存のポケモンを強化することで一気に畳み掛ける。

・バンギラス
鉄板の天候ポケモン。自身火力が高いので、トリルから殴っていく立回りも可能であるが、H振りだけではハッサムの剣舞バレットで落ちてしまうので注意。
ドリュウズと組んで後発に置く場合は、バンギラスを出す段階までにドリュウズで剣舞を積んで制圧力を上げておきたい。

・カバルドン
砂を撒けるが、どちらかというと先発で欠伸を撃っていくタイプのポケモン。

・ニョロトノ
相手のヒードランの対処が楽。自身火力が高いので、Sを下げてトリルから殴ることもできる。
雨下のキングドラは圧倒的制圧力。

・ユキノオー
天候で有利になるポケモンがいないので、相手の天候を消す役目でしか働かないのがネック。自身の性能もやや局所的で、特定の相手にピンポイントで刺す使い方になり易い。

・キュウコン
葉緑素を強化できるが、それよりはクレセリアの回復量保証という側面の方が大きいだろう。自身の範囲が非常に狭いのがネックだが、晴れ下のクレセリアは強い。

電気やハッサム、ランドロスと組ませ、ボルチェン蜻蛉から天候を掌握する立回りはかなり有効である。ボルトチェンジや蜻蛉返りで天候を掌握するパターンと組み合わせると、選出幅がぐっと広がる。

どちらかと言うと、砂雨が主流で、霰と晴れは相手のドリュウズキングドラのSを下げてカイリューやガブリアスで攻撃する、という傾向が強い。


このように、ローテ構築は、

1、相手の積みポケに屈しない攻撃役で掃除するパターン
2、追い風トリルで切り返して掃除するパターン
3、天候で有利とって掃除するパターン

の3種に大きくわかれる、と考える事ができる。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

リィズ

Author:リィズ
ポケモンが好きで主に対戦を考察する。
東京大学ゲーム研究会(TGA)所属。
乱数調整の解説記事へは、下のリンクから行けます。

リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
Twitter
アクセスカウンター
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。