アニメ好きでもゲーム好きでもない、純粋なポケモン好きによるポケモン対戦中心の雑記。コメント返信は遅め。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポケナガメモ第2弾 ~通信イクサ~

ポケナガは通信対戦ができることで知られている。
今回は、通信対戦で強そうなポケモンについて述べる。

まずルールであるが、能力が原作ポケモンに非常に忠実であるため、やはり禁止級伝説についてはある程度の制限を設けたい。
また、リンク値は100%で考えることにしよう。
因みに通信イクサでは持ち物を持たせる事はできない

その前提で考える。

能力は、
ブショー:力 - 賢さ - 魅力
ポケモン:移動、HP - 攻撃 - 防御 - 素早さ (移動除く合計)
の順。
ブショーの能力に関して、力は相手に与えるダメージ、賢さは相手からもらうダメージ、魅力は命中・回避にしっかり影響しているらしいので書いておく。
ブショーの能力は最高ランク時のものを記載。

【禁止級伝説編】

・主人公+アルセウス

主人公:80-85-100
アルセウス:4、350-245-245-245 (1085)

能力がチート。特性ぜんちぜんのうは、自分の攻撃がすべて等倍以上(岩、鋼、ゴーストにもさばきのつぶては等倍)で、その上毎ターンのHP回復、更に必中技ですら避ける事がある。使っていいのかどうかすらも問われるポケモン。
ブショーパワーあふれるゆうきは、攻撃アップ+2回行動という強力なもの。


・ノブナガ+レックウザ

ノブナガ:96-100-100
レックウザ:4、325-310-190-200 (1025)

浮いてる、4マス移動、長射程と揃っている強ポケ。全体移動アップで補助すれば、相手の竜を一気に倒しにいけるかもしれない。


・ノブナガ+ゼクロム

ゼクロム:3、310-305-225-185 (1025)

弱い


・ヒデヨシ+レシラム

ヒデヨシ:80-98-98
レシラム:3、310-305-225-185 (1025)

流石炎タイプの射程で数値・威力も申し分なし。
相手のノブナガ+竜から制約を受け易い点が炎としてはマイナスに働くかもしれないので、通常ポケモンに優秀なポケモンが多い炎枠をこいつで埋めるかどうかには疑問が残る。


・タダカツ+ディアルガ

タダカツ:100-77-89
ディアルガ:3、310-305-225-185 (1025)

時の咆哮はリンク100%で反動がなくなる。ドラゴンでありながらドラゴン弱点でないので、ノブナガ+竜の組み合わせを見ても積極的に動かせる。
耐性豊富な上、鋼のくせに射程の長い炎も等倍で抑えてあるため、積極的に前に出していいポケモン。
ブショーパワーは4ターンの間攻撃と防御が上がるというもの。
射程長めで抜群を突いてくるルカリオには注意したいが、射程圏内に入る時にブショーパワーを使っておけばダメージを抑えられる。逆に、ディアルガに攻撃してくる位置にルカリオが動いたら、ルカリオがこちらの炎の射程に入るような位置取りを心がけたい。


・ケンシン+ミュウツー

ケンシン:99-76-91
ミュウツー:4、322-313-185-265 (1085)

まず、相手から弱点を貰いにくい。悪タイプはバンギラスとサザンドラが多そうだが、それぞれメインは岩、竜であり、ミュウツーの弱点を突く事ができない。
ハッサムが怖いが、素早さの関係上高確率で避ける上、シザークロスをミュウツーに当てるところまで駒を進めればこちらの炎の射程圏内に大体入る筈なので、すぐさま倒す事ができる。
ゴーストもあんま強いのいない。ゲンガーは、射程に関しては変わらずこちらの方が移動が上なので、弱点を突けるこちらの方が有利に動けるだろう。
かなり動かし易いポケモンのはず。
ブショーパワーは、全員の攻撃&移動アップ(3ターン)と超強力。
種族値合計が何故かアルセウスと同じ


・シンゲン+グラードン

シンゲン:92-100-96
グラードン:2、310-305-235-185 (1035)

貴重な地面で範囲も優秀。ブショーパワーも全員の攻撃防御アップ(3ターン)となかなか強力。
問題は、浮いているポケモンばかりで来られた際に腐り易い点。移動2も使いにくそう。


【通常編】

注目株のみ。


・ノブナガ+サザンドラ

ノブナガ:96-100-100
サザンドラ:3、294-255-185-201 (935)

移動は3。浮いてる竜で、耐久も結構高く相手の氷技も割と受ける事ができるので、氷がいても4倍竜より遥かに動き易い。
ミュウツーが強力なので、エスパー無効も評価が高い。
ブショーパワーも2回行動で強力。機を見て一気に仕掛けよう。


・ランマル+ルカリオ

ランマル:79-82-76
ルカリオ:3(+1)、250-235-145-185 (815)

サザンドラに弱点を突きながら自分はサザンドラの攻撃を受ける事ができるので、サザンドラに対する自然な対策となるのがまず大きい。しかも波導弾は外さない。
だが、最大のポイントはブショーパワー。なんと、3ターン全員必中にすることができる。もはや必須級。
特性しゅんそくがあって2マス先攻撃のため、射程が比較的長く、炎の圏内から逃れつつこちらの圏内に相手を誘うことが比較的容易で使い易い。
ルカリオの数値、攻撃範囲は大した事無いのにこの需要。


・ミツヒデ+フリーザー

ミツヒデ:88-92-92
フリーザー:3、290-195-229-175 (889)

吹雪は広範囲攻撃。ブショーパワーで3ターン必中になるため使い勝手がいい。相手のドラゴンを狩る時に使えて、ドラゴン以外も追加効果ワンチャンという性能。
しかも浮いてる。


・オクニ+ウルガモス

オクニ:75-73-88
ウルガモス:3、280-275-175-205 (935)

近接攻撃だが、2マス移動しながらの攻撃なので、やはり射程が長い。特性のすごみも優秀で、相手の懐に飛び込みながら相手の移動&素早さを下げる事ができる。
並みいる炎タイプの中では地味目だが、通常炎タイプの中では数値が優秀。格闘半減・地面等倍がさり気なくポイントになってくる。相手の炎は等倍で受けてしまうため、炎同士の撃ち合いには弱いのが難点。
ブショーパワーは、全員の攻撃とテンションをアップ。なかなか強力。因みに上がったテンションはターンが経過しても下がらない


・セッサイ+ウルガモス

セッサイ:50-92-77

モブ。射程がただでさえ長いのに、ブショーパワーはきしゅう。移動アップ&確率で怯ませる。
モブは相手にするとブショーパワーがわからなくて困るが、移動アップ系は覚えていないと不意を突かれるので、絶対に覚えておきたい。


・ヒデヨシ+ゴウカザル

ヒデヨシ:80-98-98
ゴウカザル:3、262-213-147-221 (843)

炎の渦はリンク100%で必ず5回当たる。例に漏れず長射程。炎の渦はこのゲームにおいて射程が最も長い。
格闘タイプがついているが、地味にミュウツーやムクホークから抜群を貰うのが痛い。数値は平均レベル程度。ブショーパワーは弱い。
正直あんまりオススメできない。


・サスケ+ゴウカザル

サスケ:81-72-70

こちらはモブ。ブショーパワーはそっこうで自分と隣の移動をアップ。そのため、ブショーパワー込みだと炎の中で2番目に射程に優れる。
ブショーとしての能力もそれなりに高く、とりあえずヒデヨシより強い疑惑ある。


・カンベエ+シャンデラ

カンベエ:70-98-70
シャンデラ:3、230-295-185-165 (875)

同じく炎の渦で射程が長い。数値はこれまた平均レベル。ブショーパワーは全員のブショーパワーを解除するというものだが、悲しい事に、相手のブショーパワーの予防をするものではなく、既にかかっている状態の持続系ブショーパワーを解除するだけのものであるので使い勝手が良くない。
相手の必中状態を解除したいが、炎の渦は、範囲内にいるポケモンのうち1体にでも避けられると攻撃が1回で止まってしまうので、自身は必中の補助を受けないと心許ない。よって、相手に必中を使わせる→解除→必中使用、という流れで攻めたい。


・カイヒメ+ヒヒダルマ

カイヒメ:83-72-80
ヒヒダルマ:3、320-285-115-195 (915)

ゴウカザル、シャンデラに比べて何故か数値が高い。大文字は範囲が広く、火傷の追加効果まであって非常に強力。
ブショーパワーは、素早さアップ+確率で怯ませる、というもの。広範囲攻撃で怯ませる追加効果なのだからかなり優秀。


・主人公+ブースター

主人公:80-85-100
ブースター:4、240-265-175-135 (815)

炎タイプで脅威の移動4。使う技は……炎の牙(笑)
ブショーパワーで2回行動できるため、ブショーパワー込みだと炎の中で1番射程が長くなるらしい(笑)
下に書くサンダース、シャワーズより数値が低いのには悪意を感じる。


・主人公+サンダース

サンダース:4(+1)、240-225-159-265 (889)

もともと移動4の上に特性しゅんそくで5マス移動できる。技は10万ボルトで、かなり射程が長い。
雑魚揃いの電気タイプの中で輝いているポケモン。
因みに、ブショーパワーで移動アップは重ね掛けできるが、最大6マス移動までしか上がらないらしいので、主人公がブショー進化していない場合は注意。


・主人公+シャワーズ

シャワーズ:4、370-225-159-135 (889)

移動4、ハイドロで、高威力長射程。そのため、相手の炎が近づきにくくなる。
命中は悪いので、ランマルでの補助は必須級。
貯水によりアクアテールで動かされないところもかなりポイント。


・ノブチカorタケヨシ+ギャラドス

ノブチカ:79-66-70
タケヨシ:80-66-62
ギャラドス:3、300-255-183-167 (905)

モブ。ブショーの能力はほぼ同じでブショーパワーもどちらも命中系なので大差無し。ギャラドスは水タイプの中では浮いており数値も高い。しかし、自身の射程が短いため、炎タイプを牽制しにくく相手の長射程電気に縛られる。
格闘半減はポイントになってくるはず。
特性の威嚇やすごみはなかなか強い。


・イナヒメ+エンペルト

イナヒメ:88-63-79
エンペルト:3、278-227-193-125 (823)

数値は大した事無いが、鋼の耐性で前に出て行き易い。
シャワーズほどではないが射程もそこそこ。
ブショーパワーは、移動アップ&必中(3ターン)と強力。ポケモンとブショーパワーの相性が極めて良好である。
イナ、出ます!


・ハンベエ+ライチュウ

ハンベエ:42-99-80
ライチュウ:3、230-185-139-205 (759)

低種族値。電気は揃いも揃って低種族値。特性ちょっかん頼り。特性ちょっかんは必中状態でも避けるらしい。
リンク100%で反動がなくなる。


・ケイジ+テラキオン

ケイジ:100-50-86
テラキオン:3、292-263-185-221 (961)

炎半減で格闘打点によりサザン、ルカリオの弱点を突ける。しかし1マス近接攻撃で射程が短く弱点多めなので、かなり動きにくいポケモンにはなると思う。
特に、長射程水タイプがいると危険。
ブショーパワーは、攻撃アップ&確率で怯ませる(4ターン)となかなか強力。


・タダカツ+メタグロス

タダカツ:100-77-89
メタグロス:3、270-275-225-145 (915)

原作に比べると数値は低め(合計がヒヒダルマと同じとか…)
守りが堅いので積極的に前に出たいのだが、射程の長い炎を弱点とし、自身の射程も短いため、どうにも前に出にくく使い辛い。
素早さが低いので、ランマルによる必中補助は必須。
コメットパンチを放てい!


・ムネシゲ+ムクホーク

ムネシゲ:94-78-83
ムクホーク:4、280-245-125-205 (855)

移動4で浮いている。数値は並。リンク100%で反動がなくなる。
ブショーパワーは全員の攻撃&移動アップとかなり強力。
弱点はあまり突きにくい。


・ナリマサ+ガブリアス

ナリマサ:79-33-66
ガブリアス:3、326-265-185-209 (985)

ポケモンの数値は通常ポケモントップクラス。ドラゴンダイブは2マス移動しながら攻撃できるため、竜の波動に比べても射程で見劣りしない。そしてなにより追加効果の怯みが強い。
ブショーの能力はやや心許ない。ブショーパワーはそっこう。


・ソウウン+バンギラス

ソウウン:69-93-85
バンギラス:2、310-273-215-127 (925)

ブショーパワーはきしゅう。確率で怯ませるので、範囲の広いストーンエッジとなかなか相性がいい。素早さが低いので命中はランマルで補いたい。特性のすごみでもある程度補える。
移動2なのが難点。


・シゲザネ+ハッサム

シゲザネ:85-53-66
ハッサム:3、250-265-185-135 (835)

シザークロスの範囲はそこそこ優秀だが、射程は大した事無い。
長射程の炎を前にするとやはり動きにくい。
ブショーパワーは、そっこう。
対ミュウツー、対サザンドラが主な仕事。


・カゲツナ+カイリュー

カゲツナ:70-90-72
カイリュー:2、292-273-199-165 (929)

数値が高く浮いているが、移動2が辛く。ドラゴン同士の射程争いで不利がつきやすい。
特性のおもいやりで周囲の防御を上げる事ができるので、有効活用できるかも。ブショーパワーの堅い守りで自身の防御も上げることができる。


・ケイ+ドリュウズ

ケイ:65-48-69
ドリュウズ:3、330-275-129-181 (915)

何故かかなり数値が高い。
しかしベストリンクブショーが軒並弱い。移動アップ系能力は無く、炎連中、エンペルト、しゅんそくルカリオとの撃ち合いに不利がつく。
対ディアルガで最も評価されそうだが、ルカリオで十分という声が聞こえてくる。


・モトハル+オノノクス

モトハル:92-71-80
オノノクス:3、262-299-165-199 (925)

何故かサザンドラやカイリューと張り合えるレベルに数値が高い。
逆鱗の威力は圧倒的で、ブショーパワーのこんしんも相まって相手をすぐさま葬る事ができるが、ドラゴンの中では最も射程が短いのが難しい。
因みにリンク100%で逆鱗の反動はなくなる。
多分キヨマサよりモトハルの方が強い。


・ハンゾー+ゲンガー

ハンゾー:94-88-72
ゲンガー:3、230-265-139-225 (859)

ブショーパワーは移動と急所確率アップ。高い崖を登るらしいが、ゲンガーは浮いているので意味が無い。


【感想】

ランマルがとにかく強い。ランマル無しにどうやって組めばいいかわからないレベルにはランマルが強い。

何戦かしたけど、射程がすごく重要だということがよくわかった。特に、長射程を弱点とするポケモンが非常に前に出し辛い。原作ゲームにおいて、弱点を突き合える同士は素早さ高い方が有利、という議論と同様、ポケナガでは射程が長い方が有利になる。
大概のメジャー級ポケモンは、長射程ポケモンがいる炎・水・電気・格闘・ドラゴンのいずれかを弱点としており、誰を前に出して行くかが難しい。弱点でないサイドに上手く回して陣形を整え、じりじりと攻めるしかなさそう。

炎・水・電気・格闘・ドラゴンは、ポケナガにおいての5大属性と言って良さそうで、これにどれだけ耐性があるかがポイントとなりそうである。5大属性を弱点とせず、かつメジャー級相手の弱点を突けるポケモンが活躍するだろう。

この観点から、今一度注目ポケモンを挙げる。


・ケンシン+ミュウツー

メジャー級に弱点こそ取れないものの、5大属性を弱点とせず、移動も4で射程もあり、どんどん強気に前に出て等倍でゴリ押せる。
ブショーパワーはチート。


・主人公+サンダース

5大属性を弱点とせず、シャワーズ、エンペルト、ギャラドスの弱点を突ける。射程も長く、とても強そう。


・タダツネ+カイリキー

タダツネ:73-56-70
カイリキー:3、290-265-169-115 (839)

格闘はメジャー級のそこかしこに抜群と取れる。しかも5大属性を弱点としない。クロスチョップは範囲も広く、ブショーパワーのぜんそくりょくのお蔭で射程が相当長い。


・イッテツorモリナリ+ヨノワール

イッテツ:70-72-70(げきれい)
モリナリ:46-70-66(そっこう)
ヨノワール:2、200-205-275-95 (775)

数値は低い。しかし、耐久が高く、相手から弱点を貰いにくい。そして特性のすごみ、ジャミング、ブラックホールで相手を弱体化。
よって積極的に相手に突っ込ませたいポケモンである。しかし移動は2なので、陣形を整えるのが大変そう。


こんなとこかな。5大属性を弱点としないポケモンはとても少ない。

対ドラゴンは、射程が長いドラゴンを入れて牽制したり、単純に撃ち合いに強いフリーザーやディアルガを入れたいところ。特にディアルガは強力。

これらを踏まえて構築を組みたい。
スポンサーサイト
コメント
No title
いつも楽しく拝見させてもらっています
まだ発売間も無い為かポケモン+ノブナガを考察している方は少ないのでありがたい記事でした。

このゲーム、なかなか面白いだけにランダム対戦が実装されていない点が惜しまれます。
2012/04/07(土) 18:59 | URL | 鳴 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【ポケナガメモ第2弾 ~通信イクサ~】

ポケナガは通信対戦ができることで知られている。今回は、通信対戦で強そうなポケモンについて述べる。まずルールであるが、能力が原作ポケモンに非常に忠実であるため、やはり禁止級伝説についてはある程度の制限を設けたい。また、リンク値は100%で考えることにしよう。...
プロフィール

リィズ

Author:リィズ
ポケモンが好きで主に対戦を考察する。
東京大学ゲーム研究会(TGA)所属。
乱数調整の解説記事へは、下のリンクから行けます。

リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
Twitter
アクセスカウンター
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。