アニメ好きでもゲーム好きでもない、純粋なポケモン好きによるポケモン対戦中心の雑記。コメント返信は遅め。

【BWGS】組み合わせ例

BWGSでメジャーだと勝手に思っている組み合わせの例とそれに対して優位な組み合わせ、更にはその組み合わせに一矢報いる方法を大雑把に紹介する。

各組み合わせについて、

【組み合わせ】

・概要
・基本形
・天敵
・対策
・完成形

の順で紹介するが、場合に依っては省いている。結構大雑把に書いているので、概観を把握する事を目的に読んで欲しい。

紹介する組み合わせ例一覧:
【ミュウツー+猫格闘】
【ミュウツー+クロバット】
【カイオーガ+猫格闘】
【カイオーガ+ルンパッパ】
【カイオーガ+指粉役】
【ディアルガ+モロバレル】
【ルギア+バンギラス】
【ギラティナ+マニューラ】
【ホウオウ+猫格闘】
【ゼクロム+猫格闘】
【ドーブル+ディアルガorパルキア】
【グラードン+ワタッコ】
【ミュウツー&ユキノオー系】
【ホウオウ&ナットレイ系】
【グラードン&クレセリア系】
【パルキア&バンギラスorユキノオー系】
【ギラティナ&メタグロス系】
【カイオーガ&カポエラー系】
【シャンデラ始動トリパ】
【エルフーン+テラキオン】
【バンギラス&ドリュウズ系】

以上である。

【ミュウツー+猫格闘】

最初にここで説明しておくが、猫格闘とは、コジョンドを筆頭に、ゴウカザル、ドクロッグ、カポエラー、ハリテヤマ、ズルズキン、チャーレムのことで、場合に依ってはマニューラも含むものとする。これ以降もこの用語は用いる。

・概要

まずミュウツーはサイコブレイクの登場により、D厚めのカイオーガやパルキアやホウオウに対して大ダメージを取れるようになり、特に控えめミュウツーなら、ジュエルサイコブレイクにより無振りのカイオーガパルキアホウオウは一撃で倒す事ができる。非常に優秀なポケモンだと言えるだろう。
このミュウツーのスペックを引き出す事が、まず第一の目的で、ミュウツーの行動回数を稼ぐ為に、猫騙しで相手の伝説を足止めすることを考える。中でもバンギラスに有効打を持てる格闘との組み合わせに注目が集まる。特にコジョンドとの組み合わせが優秀で、コジョンドが特性の精神力により相手の猫騙しで怯まないため、自分より速い猫騙し使い(雨ルンパやマニューラ、ゴウカザル)を見ても安全に伝説に猫騙しを決めていける。素早さも高くAも高いので、けたぐりの威力がかなり高い。フェイントも優秀で、潮吹きや地震をワイドガードで防ぐ事もできる。

・基本形

コジョンド@タスキ
猫騙し/フェイント/ワイドガード/けたぐり
陽気 AS

ミュウツー@エスパージュエルor珠orメガネ
守る/サイコブレイク/波導弾or炎技/冷凍ビームor吹雪orシャドーボール
臆病or控えめ CS

波導弾or炎技は好み。ミュウツー自身でもディアルガなどに有効打を叩き込みたいので基本的に波導弾採用。メタグロスがどうしても辛くなるようなら炎技といったところ。
氷技は、サイコブレイクを半減したりBが高かったりして波導弾も等倍な伝説(ルギア、グラードン、ギラティナ、ゼクロム)に抜群で入るため入れたい。グラードンやゼクロムよりもミュウツーミラーを意識するならシャドーボール。
冷凍ビームor吹雪の選択は、裏にユキノオーを置くかどうかで決める。ユキノオーを採用すれば隣をユキノオーに変えて天候を変化させながら(スイッチ霰)吹雪を撃つと言う立回りができるようになる。ユキノオーを採用すると、霰でコジョンドのタスキが削れてしまうことには注意したい。

・天敵

先発ギラティナ系やシャンデラ始動トリパが天敵である。コジョンドがゴーストに有効打が無い上、ミュウツーはゴースト弱点である。特に耐久無振りミュウツーは、オリジンギラティナやシャンデラのシャドーボールで1発である。
また、猫騙しを吸い取ってくる指粉+カイオーガの組み合わせもさり気なく厄介。ワイドガードで潮吹きを防いでもいいが、ミュウツーが指粉ポケモンを1発で倒せず、コジョンドのフェイント圏内にも入れられなかった場合(主にトゲキッスを想定)、次のターンでワイドガードを成功させないとミュウツーがまともに潮吹きを喰らってしまう。

また、カイオーガ+ルンパッパも、ルンパッパが控えめ珠である場合は、ミュウツーがハイドロ1発になるので分が悪い。

・対策

まずカイオーガとミュウツーのS関係が問題となる。ミュウツーとの特性発動順により、カイオーガがスカーフを所持しているかどうかの判定ができることをお忘れなく。
指粉+カイオーガ系統で多いのは、スカーフ指粉持ちで猫騙しより速く指粉を放ちつつ強化アイテムカイオーガで潮吹きするというもので、この系統であれば、コジョンドに挑発を搭載すれば、1ターン目でコジョンドで挑発しつつミュウツーを守らせる事で、次のターンカイオーガに先手でミュウツーが攻撃できる。
よってコジョンドの挑発はこの系統に対しある程度対策になる。更に、コジョンドは精神力で怯まず挑発を使えるので、猫トリルを挑発で止める事ができ、シャンデラ始動トリパに対する解答も得られる。だが、ワタッコ(素でコジョンドより速い指粉使い)+スカーフカイオーガの対策にはなっていないことには注意したい。

ワタオーガに対しては、後ろにユキノオーを仕込んでいれば、コジョンド→ユキノオー;ミュウツー守るからのミュウツー吹雪;ユキノオー草結びで何とかならないこともない。
ユキノオーを入れれば、オーガルンパにも強くなる。

伝説は、ギラティナに対して後出しが比較的効き易いポケモンが良く、半減で受けて抜群で殴れるディアルガや、後出しから先制で殴れるオボンパルキアが候補に上がるが、ホウオウに対する性能を見てオボンパルキアが妥当といったところだろう。

・完成形

ミュウツー@エスパージュエル
守る/サイコブレイク/波導弾/吹雪
控えめ CS

コジョンド@タスキ
猫騙し/挑発/ワイドガードorフェイント/けたぐり
陽気 AS

ユキノオー@オッカ
守る/吹雪/草結び/氷の礫など
適当

パルキア@オボン
守る/亜空切断/ハイドロポンプ/大文字orトリックルームetc.
臆病 190-x-126-171-142-167

最後のパルキアは、ある程度ミュウツーミラー対策をしておかないといけないので、ジュエルサイコブレイク耐えは必須。配分としては、ミュウツーのジュエルサイコブレイク+霰ダメージ耐え、A177けたぐり2回+霰ダメージ1回オボン込み耐えとなっており(無天候時にけたぐり1回目でオボン発動する体力に設定)、コジョンドやミュウツーを強く意識した配分となっている。グラードンの手助けジュエル地震もそこそこの高乱数で耐える。C202パルキアの亜空切断も耐える。C202カイオーガのメガネ雷も、1発目でオボンがしっかり発動して2発耐える。A177けたぐりを(霰1回込みで)2発耐えるので、ホウオウのブレイブバードも大体2発耐える事ができ、ホウオウへの後出しも効く。とにかく後出し性能を高めたパルキアである。
Cは無振りでも意地っ張りHDバンギラスがハイドロポンプ2発なので、最低限あると見ていいだろう。

ユキノオーは、対ナットレイ用のサブ炎技で簡単に縛られないようオッカにしてみた。H全振りでDに少しだけ割けば、C202程度の大文字を耐える。カイオーガの霰下潮吹き+めざ炎とかも耐える。


【ミュウツー+クロバット】

・概要

控えめミュウツーと陽気クロバットを採用し、前歯で削って倒すという戦法。クロバットは精神力であり猫騙しが効かないのがポイント。挑発が使えるので自然に猫トリパが見れている。
クロバットをスカーフで使う場合もあり、その場合はクロバットの陽気or意地っ張り、ミュウツーの控えめor臆病は気にしない。
クロバット自身が相手の格闘に強いので、猫格闘相手に優位を取れる。

・基本形

クロバット@スカーフorタスキ
怒りの前歯/ブレイブバード/挑発/追い風
陽気or意地っ張り AS

ミュウツーは先程と一緒。ユキノオーを採用するかどうかについても同様。

・天敵

前歯無効でミュウツーに抜群を取るギラティナがやはり天敵。
あとは、クロバットがスカーフでない場合は、スカーフオーガ+猫格闘orルンパッパやスカーフドーブルがかなり鬼門だったりする。

・対策

ギラティナに対する策は【ミュウツー+猫格闘】同様。クロバットはギラティナに対する有効打がない。


【カイオーガ+猫格闘】

・概要

カイオーガを活かすために、猫騙しでカイオーガの行動回数を確保しながら、ナットレイ、ユキノオーに対する打点も確保する。
特に有名なのは、雨で恩恵を受けるドクロッグ辺りか。

・基本形

カイオーガ@スカーフ
潮吹き/ハイドロポンプ/雷or冷凍ビーム/絶対零度
臆病 CS

ドクロッグ@格闘ジュエル
猫騙し/フェイント/不意打ち/けたぐり
陽気 AS

・天敵

何よりも、モロバレルが厳しい。あとは、シャンデラ始動トリパに対する解答も初手だけでは出せていない。
初手型クレセリアグラードンも難敵と言える(S変化補助無しのグラードンなら潮吹き+ジュエルけたぐりの集中で倒せる)。また、ギラティナに対しても打点が薄くなりがちで、ルギアバンギラスも相当辛く、結構問題が多い。

・対策

裏をホウオウナットレイにすれば、対クレセリアグラードンやトリパにもそこそこ戦えるはず。
対猫トリパに対しては、まず猫騙し+潮吹きで猫格闘とシャンデラを削り、トリルシャンデラは不意打ちで処理する。初ターンで猫格闘が削れたら、カイオーガを適当に捨てて、後ろから出てきたナットレイがウィップで格闘を縛る、というように立回る。
ギラティナにもナットレイがそこそこ強めなので宿り木撒きつつ何とかする。
ホウオウはラムを持たせればディアバレルにそれなりに安心して後出しできるかもしれない、といったところ。ドクロッグに守るを搭載しつつ(フェイントを切って入れるのがいいか)、ドクロッグ守る;カイオーガ→ラムホウオウと出せば、ジュエルけたぐりでディアルガ1発なためにディアバレルには一気に優位に立てるだろう。
ディアバレル側はドクロッグを見たらモロバレル怒り粉安定と見て、ホウオウにラムを持たせなくとも普通になんとかできる筈。

・完成形

カイオーガ@スカーフ
潮吹き/ハイドロポンプ/雷/零度
臆病 CS

ドクロッグ@格闘ジュエル
守る/猫騙し/不意打ち/けたぐり
陽気 AS

ホウオウ@残飯
守る/身代わり/ブレイブバード/聖なる炎
陽気 AS

ナットレイ@オッカ
守る/宿り木/電磁波/パワーウィップ
慎重 181-142-152-x-154-41

裏がホウオウナットレイでパルキアに全体的に薄めなので、カイオーガはパルキアによりダメージを取れる雷を採用。また、ナットレイにオッカを持たせて一撃死を防いである。
対ルギアバンギは、カイオーガでハイドロをバンギラスに撃ちつつナットレイを引かせるのが最良か。
ナットレイは、対トリパを見据えて最遅鉄球カイオーガ-1までSを落とし、その分電磁波を入れたスカーフカイオーガに先制できなくなったため、パワーウィップで耐久無振りカイオーガ1発にまでAを上げ、残りをDに振った。別にHDでもいいと思う。


【カイオーガ+ルンパッパ】

・概要

GSの鉄板オーガルンパ。雨下での猫騙し使いとしては最速で、相手との猫騙しゲームに勝てる。しかも、雨下でルンパッパがスカーフカイオーガよりも速い。

・基本形

カイオーガ@スカーフ
潮吹き/ハイドロポンプ、雷、冷凍ビームから2つ/零度
臆病 CS

ルンパッパ@オボンor珠or残飯
守る/猫騙し/宿り木orハイドロポンプ/草結び
臆病or控えめ S振り残りHorC

・天敵

カイオーガ、ルンパッパ共に打点不足になるポケモンにはどうしても苦手となる。
ナットレイ、ユキノオー、モロバレル、ルンパッパ、ドクロッグ、ラティオス、ディアルガ、ギラティナ、ゼクロムといったところ。初手グラードンで天候取られるのも、隣次第では厳しい。
無論、1体しか居ないなら高火力水技でゴリ押しすることはできる。

組み合わせとして辛いのは、ユキノオー+ミュウツー、ゼクロム+コジョンド、ディアルガ+モロバレル、グラードン+タスキワタッコなど。
トリパに対しても今一つ明確な対抗策がないのもネック。

・対策

まずディアバレルの対策が最優先。とにかくこの2体は、交代による対処が難しく、先発2体がディアバレル両方に有効打がない現状としては、どうにか先発で処理したい。

ここで、カイオーガにメガネor水のジュエルを持たせれば、半減とは言えディアバレル両方に大ダメージを与える事ができる。幾ら不利な相手でも、これにより大ダメージを与えておく事で、後発の負担が軽減される。
余裕があればルンパッパに冷凍ビームを持たせ、モロバレルをなるべく速く処理したいところ。HD振りモロバレルだとメガネ潮吹き+珠冷凍ビームの集中を耐える事があるが、ちょっとでもDを落としているようなら落とす事ができる。
ルンパッパに珠を持たせたいのは、カイオーガからスカーフを外す分、相手のミュウツーをルンパッパでしっかり縛りたいからである。
モロバレルを落とす確率を上げる方法としては、メガネルンパッパ+水ジュエルカイオーガとか、控えめメガネカイオーガ辺り考えたけど、その辺はお好みで。控えめメガネカイオーガだと場合に依ってはディアルガに先手取られるので、流石に臆病安定な感はある。

他の対策についてであるが、例えばミュウツー+ユキノオーを考えてみる(ミュウツー+コジョンドで後ろからユキノオーを投げる展開を想定してみる)。ここで、ミュウツー+コジョンドの場合一番厳しいのは、ミュウツー守る;コジョンド→ユキノオーの展開なので、若干の差異はあるものの、最初から初手ノオツー想定しておくことにする。
これに対する有効な対処法は少ないが、メタグロスは比較的良い対処法になっているのではないかと思う。ノーマルジュエルメタグロスなら、カイオーガ→メタグロスから、ルンパッパ守る;メタグロス爆発とすることで、何にせよメタグロスはそのターンに(相手に身代わりを残させず)倒れてくれるので、そこでカイオーガを出して天候を取り返す事ができるので、そこから立回りを再構成できる。

この場合、最後の伝説には、グラードンへの後出しがし易く且つゼクロムに対抗できる伝説が欲しくなり、メタグロスの爆発とも相性が良いオリジンギラティナが候補に上がる事になる。

・完成形

カイオーガ@メガネ
潮吹き/ハイドロポンプ/雷/冷凍ビーム
臆病 CS

ルンパッパ@珠
守る/猫騙し/草結び/ハイドロポンプ
控えめ CS

メタグロス@ノーマルジュエル
守る/バレットパンチ/アームハンマー/大爆発
意地っ張り C222オーガの潮吹き耐え、無振りオーガをジュエル爆発1発

ギラティナ@白金玉
守る/竜の波動/波導弾/シャドーボール
臆病 CS

結局ルンパッパからは冷凍ビームは消える。何故なら他の技が構築上必須だから。守るはグロスの爆発から天候を取る為に必要で、猫騙しは、初手で天候を取られた際に、裏のポケモンを安全に出す為に欲しいからである。
また、全体的にディアルガに対する有効打が少なくなるので、メタグロスのアームハンマーとギラティナの最速波導弾は切れない。ギラティナとメタグロスが並んだ際のバンギラスの処理方法だが、格闘技を集中させ、ヨプを削って攻撃するのが基本になる。この際、メタグロスの素早さがバンギラスより速ければ安定行動を取り易いが、最遅ディアルガより遅い方がトリパに対して動き易いという悩ましい問題があったりする。要調整。
ギラティナは、ゼクロムに対する有効打が欲しいので、竜の波動は切れない。守るは、トリパに対する時間稼ぎで欲しい技。


【カイオーガ+指粉役】

指粉役は、トゲキッス、ウルガモス、モロバレル、ルカリオ、ワタッコ、ドーブルなどである。

・概要

カイオーガの潮吹きを安全に決める為に、相手の攻撃を指粉で吸い取る。
猫騙しと指粉の優先度は同じなので、指粉役は少なくとも相手のコジョンドより速いことが望ましい。
素でこれを満たしているのはワタッコであり、その他のポケモンはスカーフを持たないと抜けないので、ワタッコはタスキ、その他はスカーフで使うのが一般的だと思われる。
そのため、今回は、もともとコジョンドより速いワタッコと、スカーフを持つことでコジョンドより速くなるトゲキッス、ウルガモス、ドーブルを中心に見る。

・基本形

カイオーガ@メガネorスカーフ
潮吹き/ハイドロポンプ/雷/冷凍ビームor零度
臆病 CS

トゲキッス@スカーフ
この指/エアスラッシュ/お先にどうぞ/手助けor竜巻
臆病 HS
or
ウルガモス@スカーフ
怒りの粉/さざめき/暴風/オーバーヒート
臆病or控えめ CS
or
ワタッコ@タスキ
怒りの粉/眠り粉/手助け/草結び
臆病 CS
or
ドーブル@スカーフ
この指/ダークホール/猫騙し/怒りの前歯など
陽気 143-40-55-x-85-139

トゲキッスの手助けはXD技。ないなら竜巻が妥当だろうか。
ドーブルはダークホール有りルールで使う。どちらのルールが一般的なのかはここでは判断しかねる。

・天敵

まず先発のゼクロムが相当厳しい。
また、先発の火力をカイオーガに頼っているところがあるので、先発で天候変化された時の巻き返しも考えておきたい。

あとは、トリパに対する動き方を詰めたい。

・対策

まず、ゼクロム+格闘に対する動き方だが、後発にギラティナを仕込むのが手っ取り早い。ゼクロムは間違いなく雷撃か岩なだれを撃ってくるので、それに対して出して行くことにより、有利が取れる。

天候を取りながら全体攻撃を仕掛けてくるグラードンやバンギラス+ドリュウズがなかなか怖いので、オリジンフォルムで使うのがいいのかも。

非伝説には、ノオツーに比較的安定して出せて、トリパにもそこそこ戦えるポケモンとして、ギラティナとの相性も良いメタグロスなど。

・完成形

カイオーガ@メガネ
潮吹き/ハイドロポンプ/雷/冷凍ビーム
臆病 CS

ワタッコ@タスキ
眠り粉/手助け/怒りの粉/草結び
臆病 CS

ギラティナ@白金玉
かげうち/追い風/シャドーボール/波導弾
臆病 CS

メタグロス@ノーマルジュエル
守る/コメットパンチ/アームハンマー/大爆発
意地っ張り 182-185-150-x-134-84

メタグロスのS84は、最遅ディアルガより遅く追い風で最速パルキアを抜けるライン。一旦カイオーガを引っ込めた後ギラティナの追い風から再度カイオーガを動かす展開を見据えて追い風を採用。追い風をしたらさっさとカイオーガを場に出したいので、メタグロスは爆発。


【ディアルガ+モロバレル】

・概要

初手でディアルガを使いたいが、相手の初手格闘が厳しい。そこで、隣に怒りの粉モロバレルを置く事で解決を見る。

猫騙しには先攻されるが、結果的にディアルガは格闘からの攻撃を受けなくなる。

トリパの可能性とメガネディアルガの可能性がある。

・基本形

ディアルガ@メガネ
流星/竜波動/大文字/波導弾
控えめ 適当

モロバレル@ウタン
守る/胞子/怒りの粉/草結び
生意気 HD基調ジュエルサイコブレイク耐え(H221-B103-D132)

コジョンドミュウツーに対し、ミュウツージュエルサイコブレイク→コジョンドけたぐりに対する策として、ジュエルサイコブレイク耐えウタンモロバレル。
ジュエルサイコブレイク耐えまで振ると、陽気クロバットのブレイブバードも耐えるようになる。この配分で、控えめミュウツーのジュエル吹雪+霰ダメージも耐える。

・天敵

何よりグラードンが厳しい。ホウオウ+ドクロッグも苦手となる。
また、ディアルガがドラゴン技に拘った場合、ナットレイに対する打点不足が発生するので注意。

初手のメガネカイオーガ+タスキワタッコにも制圧されてしまいがち。

・対策

タスキモロバレル+臆病CSディアルガとすると、色々解決。
これで、ディアルガはドクロッグより速く動くことができ、グラードンにも先手が取り易くなる。モロバレルはタスキを持つ事でホウオウの攻撃にも1発は耐えられるように。
メガネカイオーガにも同速を仕掛けられるようになる。
HDモロバレルがメガネカイオーガの潮吹き2発耐える確率がちょっと怪しいので、メガネカイオーガに対するケアが欲しい。

グラードン、メガネカイオーガ、ナットレイをまず意識。
また、挑発コジョンドに対するケアを用意しておかないとミュウツーコジョンドに制圧されてしまう。というか挑発コジョツーが一番きついんじゃないか説。

・完成形

ディアルガ@メガネ
流星群/竜の波動/大文字/波導弾
控えめ Cぶっぱ、コジョンドのけたぐり耐え

モロバレル@タスキ
守る/草結び/怒りの粉/茸の胞子
生意気 HD

パルキア@オボン
守る/亜空切断/大文字/トリルorハイドロポンプ
臆病 190-x-126-171-142-167

ランドロス@地面ジュエル、珠etc.
守る/大地の力/草結び/岩なだれ
臆病 CS

ホウオウやメガネカイオーガ、コジョンドに対する後出し性能を求めた結果、オボンパルキア。配分は面倒だから最初に書いたのと同じだけど、定数ダメージ天候ポケモン採用してないから変えてもいいかも。グラードンにはランドロスを出していき、草結びで攻撃。

ディアルガは臆病CSを考えていたが、コジョンドのけたぐり耐えないと挑発コジョンド厳しそうだったのでこの配分。

全員特殊なのが何とも言えない。正直あんまり良さげな後発思いつかなかった。他では後発オリジンギラティナ+格闘ジュエルビリジオンとか考えてた。
何か良さげな後発考えてください。


【ルギア+バンギラス】

・概要

先発にルギアを持ってくる事で、コジョンドに対して有利を取る。バンギラスは、ルギアより速く動いてくるミュウツーに対して圧力をかけつつ、砂を撒く事でカイオーガの脅威を減らす。また、タスキ格闘のタスキを削りながらルギアで倒して行く事ができ、バンギラスと電磁波の相性も良い。

また、ルギア、バンギラスともに、相手の素早さ判定に使える。

・基本形

ルギア@光の粉
守る/羽休め/エアロブラスト/電磁波
臆病 HS

バンギラス@ヨプ
守る/噛み砕く/岩なだれ/けたぐり
意地っ張り 207-170-136-x-144-84

ルギアは粉と非常に相性が良い。急所率を下げつつ、電磁波を撒けば相手からの被弾率が低くなる。
電磁波の入った相手2体を前にして戦うことが多くなるので、残飯で回復するよりは粉により回避率を上げた方が勝率が高くなる。
バンギラスの配分は、A177コジョンドのけたぐり耐え、C202カイオーガのメガネ潮吹き砂下耐え、S84(最遅90族-1)である。

・天敵

スカーフゼクロム+コジョンドが厳しい。


【ギラティナ+マニューラ】

・概要

猫騙し+シャドーダイブで安全にシャドーダイブを放ちつつ、受けにきた鋼やバンギラスに対しても格闘打点が持てる猫格闘との採用を考え、中でもギラティナミラーになった際に優位に立つ事ができるマニューラを採用。
ギラティナが猫騙し補助を受けて瞑想するパターンも考えられる。
猫騙し+追い風で展開することも多い。

また、アナザーギラティナとマニューラは共に相手の素早さ判定に使える。

・基本形

ギラティナ@白金玉、ハバン、オボン、カゴ、パワフルハーブetc.
追い風特殊型、物理型、瞑想型なんでもござれ

マニューラ@タスキ
猫騙し/冷凍パンチ/氷の礫/けたぐり
陽気 AS

・天敵

カイオーガ+ウルガモスやカイオーガ+ルンパッパ相手には後手に回ってしまい易い。
また、トリパに対する解答も今一つといったところ。


【ホウオウ+猫格闘】

・概要

先発でホウオウを使うことを考えた場合、バンギラスが鬼門となるので、対バンギラスを見据えて格闘を入れる。
中でも、カイオーガの潮吹きを無効化する格闘たるドクロッグと相性が良い。

・基本形

ホウオウ@残飯、ヨロギetc.
守る/ブレイブバード/聖なる炎/身代わりor追い風
陽気 AS

ドクロッグ@格闘ジュエル
守る/猫騙し/不意打ち/けたぐり
陽気 AS

猫騙し+身代わりor追い風なりで展開。


【ゼクロム+猫格闘】

・概要

初手のゼクロムは先発カイオーガ系統をかなり解決してくれる上、強化アイテムを持たずともクレセリアを雷撃2発で落とせる等、脅威の物理火力を誇り、特殊ドラゴンだけでは打点不足になりがちなルギアやホウオウも1発処理できる。
特にルギアは、1発は耐えて何かできるという類のポケモンであり、それを逆に1発処理できるという点において優秀である。

先発でゼクロムを使うことにより解決する問題が多くあるため、先発ゼクロム構築を考えたいが、ディアルガ、ナットレイなどに対して打点不足になり易いという欠点がある。
それを解決しようというのが猫格闘で、やはり精神力猫騙しができるコジョンドに注目が集まる。

・基本形

ゼクロム@スカーフ
雷撃/ドラゴンクロー/逆鱗/岩なだれorクロスサンダー
意地っ張り AS

コジョンド@タスキ
猫騙し/フェイント/ワイドガード/けたぐり
陽気 AS

強化アイテムを持たずとも火力は十分にあり、ルギアやホウオウを上から潰すという目的で使いたいので、基本的にスカーフを持たせたい。先発スカーフドーブルもスカーフゼクロムで潰していけたりして、とにかくスカーフで解決できることが多いポケモン。
意地っ張り雷撃でH振りルギアを1発で仕留める事ができる。

・天敵

ディアルガ+モロバレルがかなり辛い。また、グラードンには打点不足になってしまうのがネック。
また、このままではシャンデラ始動トリパに対する解答も薄い。
更に、ゼクロムが雷撃に拘ると、ギラティナに対して打点が薄くなってしまうのも問題である。

・対策

ディアルガ+モロバレル、シャンデラ始動トリパに対しては、コジョンドに挑発を仕込む事でかなり解決できる。
ディアルガ+モロバレルに対しては、ゼクロム逆鱗;コジョンド挑発→モロバレルとすれば、次のターンモロバレルはほぼ何もできなくなる。しかも、コジョンドがいる以上モロバレルは怒り粉安定であり、逆鱗がそちらに飛んでいく事が予想され、モロバレルを削る事ができる。ディアルガからのダメージでゼクロムは落ちる事になるだろうが、そこは後発で何とかしたい。

ここで後発が満たして欲しい条件が大体出揃ってきた。すなわち、グラードンに対して比較的安全に出せ、ディアルガモロバレルに対して死に出しから制圧でき、ギラティナにも比較的安定して出せる後発が欲しい。

・完成形

ゼクロム@スカーフ
雷撃/ドラゴンクロー/逆鱗/岩なだれ
意地っ張りor陽気 AS

コジョンド@タスキ
猫騙し/フェイント/挑発/けたぐり
陽気 AS

ホウオウ@残飯
守る/身代わり/聖なる炎/ブレイブバード
陽気 AS

ナットレイ@オッカ
守る/宿り木/電磁波/パワーウィップ
慎重 適当

ギラティナに比較的出していき易いナットレイを採用。また、ホウオウは最速に身代わりを搭載することでギラティナのシャドーダイブの被弾を抑えてみた。
コジョンドは別にワイドガード採用してもいいと思う。そこら辺は適当に。


【ドーブル+ディアルガorパルキア】

・概要

ダークホールありの場合に強力な初手。
猫騙しorこの指からのトリルの可能性と、スカーフドーブル+メガネディアパルの可能性があり、対処が難しい。


【グラードン+ワタッコ】

・概要

グラードン+晴れ強化特性のうちで最もメジャーだと思われたので載せた。
ワタッコが催眠を撒きながらグラードンで地震撃つのが基本。
晴れ強化ポケモンでは他にチェリムなんかが居たりするが、実力のほどは不明。


【ミュウツー&ユキノオー系】

・概要

ユキノオーで霰にし、ミュウツーで吹雪。先発ミュウツー後発ユキノオーからのスイッチ霰吹雪方式をしばしば採用する。様々な技を覚えるミュウツーは、吹雪を受けてくる諸々のポケモンに対しても打点を取り易いのが特徴。

・基本形

ミュウツー@何かしら強化アイテム
守る/吹雪/サイコブレイク/波導弾or炎技
臆病or控えめ CS

ユキノオー@オッカ
守る/吹雪/草結び/適当
適当


【ホウオウ&ナットレイ系】

・概要

後発で非常に安定感がある。
ナットレイが電磁波宿り木を撒きながらホウオウで詰ませるのが基本で、カイオーガに対しナットレイが強めであるので、ホウオウがとても動き易い。
とにかくナットレイが便利なポケモンであり、ナットレイと相性が良いホウオウが自然に入ってくる、と言った方がいいかもしれない。

・基本形

ホウオウ@ヨロギor残飯
守る/身代わりor羽休め/ブレイブバード/聖なる炎
陽気HS、陽気ASなど

ナットレイ@残飯orオッカ
守る/電磁波/宿り木/パワーウィップ
慎重HDなど

ヨロギホウオウ+残飯ナットレイの組み合わせか残飯ホウオウ+オッカナットレイの組み合わせで使いたいと考えている。
既に様々な完成形の後発で採用してある。


【グラードン&クレセリア系】

・概要

グラードンの攻撃は強力だが、相手からの攻撃にはやや脆いところがあり、パルキア(+スイッチ砂霰)やミュウツーなどから先制一撃で倒される危険が高い。
従って、浮いているS操作ポケモンと組んで使いたい。

クレセリアはS操作ができる浮いたポケモンの典型で、相当堅くまず間違いなくS操作が決められる上、手助けが使えるのでグラードンとの相性が良い。浮いているポケモンの中にあって氷抜群でないことも重要。

トリパに対し、グラードンの晴れに依って隣のクレセリアのカイオーガからの被ダメを抑えることができ、クレセリアでトリルを切り返した後に相手のディアルガを手助け地震で縛る事ができるので、トリパに対する切り返しとして優秀。

・基本形

グラードン@地面ジュエル
守る/地震/岩なだれ/炎のパンチorドラゴンクローorシャドークローor身代わり
意地っ張りor勇敢 Aぶっぱ残り適当

クレセリア@オボンetc.
トリックルーム/サイコキネシス/手助け/適当
穏やか HD

グラードンは、手助け地震でディアルガバンギラスメタグロスを倒す為にA補正ぶっぱ。選択技にある身代わりは、対ワイドガードを見据えた場合そこそこ有効に働く。


【パルキア&バンギラスorユキノオー系】

・概要

後発でバンギラスやユキノオーを使う場合、組ませるならパルキアが妥当だろう、といったところ。
ユキノオーはホウオウを突破する手段が欲しく、パルキアはハイドロポンプでホウオウを見ることができる。天候を晴れから霰に変えながらハイドロポンプを叩き込めるので、グラードン、ホウオウなどによく効く。
バンギラスを入れる場合の対グラードンも同様。


【ギラティナ&メタグロス系】

・概要

メタグロスの爆発と相性が良いとされていたギラグロス。今回はメタグロスの爆発の威力が落ちたが、ノーマルジュエルを持たせる事でそこそこの威力は出せる。
メタグロスの爆発は、威力こそ落ちたが、裏の伝説を安全に場に出す手段として有効。
先発2体、後発2体、どちらか1体先発もう1体後発のパターンがあり自由度高め。

・基本形

ギラティナ@白金玉など
物理ダイブでも波導弾入り特殊でも耐久ガン振り瞑想でもお好きなように

メタグロス@ノーマルジュエル
守る/コメットパンチ/アームハンマー/大爆発
意地っ張り 182-185-150-x-134-適当

メタグロスのSは、最遅ディアルガより遅くするのが割と有効。最遅にしてもアムハン1回で鉄球カイオーガより遅くなる事は残念ながらできないので、S84(最遅ディアルガ-1)、S83(アムハン2回で鉄球オーガ-1)、S90(バンギラスに先手を取りたい場合)がライン。ギラティナに追い風を搭載する場合、S84は追い風下で最速パルキア抜きとなる。
配分としては、C222カイオーガの潮吹きを耐えながらアムハン2回でHディアルガを倒せるようにしてある。このAでのジュエル爆発で、大体ミュウツーのジュエルサイコブレイクと同程度の火力が出る。

ギラティナは、対グラードンで優秀な浮遊が得られる白金玉(オリジンフォルム)がなかなか強力。メタグロスがグラードンに無力な以上、ギラティナは対グラードンをある程度見据えておきたいところだろう。


【カイオーガ&カポエラー系】

・概要

後発で優秀そうだがやはり自由度高め。
C222カイオーガの潮吹きを耐える耐久、最遅90族より遅くなれるS、格闘打点という、対トリパで重要な要素を満たすカポエラーを後発で採用することで、対トリパで勝率を稼げる。
その上、カポエラーは後発から出していく事で、物理相手に威嚇を入れたり、縛られていたポケモンを猫騙しから動かしたりと自由自在で扱い易い。
そんなカポエラーを後発で使う場合、非伝説に誰を持ってくればいいかだが、要請としては、ルギア、ホウオウを突破できてギラティナにもしっかりダメージを取れるポケモンが欲しい。この条件で考えると、スカーフカイオーガが対ルギアホウオウにおいて一歩抜きん出ており、カポエラーとの相性が良い。
この相性に注目した組み合わせである。

・基本形

カポエラー@格闘ジュエル
猫騙し/けたぐり/フェイント、手助け、ワイドガードから2つ
慎重 157-136-115-x-156-84

カイオーガ@スカーフ
潮吹き/雷/冷凍ビーム/ハイドロポンプor零度
臆病 CS

カポエラーは、S84で、C222カイオーガの潮吹き耐え、残りA。残りをAに割く事で、ジュエルけたぐりによりディアルガやヨプバンギラスを落とす確率を上げている。H振りディアルガが高乱数で落ちるくらい。
カポエラーの技が悩ましく、ワイドガードを入れたいものの、ギラティナに対する削りを見た場合に効果がある手助けや、相手のワイドガードに対抗できるフェイントが切りにくい。
カイオーガの技だが、カポエラーのフェイントがあり相手のワイドガードを警戒する必要が薄いため、ハイドロポンプを切って零度を入れる選択肢が生まれている。
雷や冷凍ビームはカイオーガパルキアやギラティナレックウザに対する有効打となるので切れないだろう。


【シャンデラ始動トリパ】

・概要

BWGSの典型的トリパ。
猫騙し+タスキゴーストのトリルは、ゴーストが相手から猫騙しを貰わないために、かなり安全にトリルを決める事ができる。ゴーストの中でも、火力が高くナットレイに強い為に、カイオーガを基調とするトリパに置いて活躍が期待できるシャンデラを採用する。
しかも、後発にディアルガを置くことで、2重にトリルを仕掛けて行く。先発でトリルが失敗しても、ディアルガに対する打点を優先的に倒しディアルガに対して打点不足となる並びを作ってやれば、トリルを狙う事ができる。

・基本形

シャンデラ@タスキ
シャドーボール/熱風/オーバーヒート/トリル
冷静 HC最遅

ハリテヤマ@毒々玉
猫騙し/フェイント/けたぐりorインファイト/見切りorワイドガードor岩なだれ
勇敢 AD

ディアルガ@強化アイテム
竜の波動/火炎放射or大文字/トリル/身代わりor流星群
冷静 HC

カイオーガ@鉄球
守る/潮吹き/ハイドロポンプ/雷
冷静 HC

ハリテヤマのワイドガードは、ディアルガを地震から守りながらトリルを張るために便利。フェイントは、トリルターン切れ狙いの守るに対して刺さるので強力。熱風や潮吹きに対するワイドガードにも有効。

カイオーガは、ホウオウナットレイ系に勝率を稼ぐ為にハイドロポンプを是非搭載したい。


【エルフーン+テラキオン】

・概要

言わずと知れた袋叩き+正義の心コンボ。
BWGSでもなかなか強力。

・基本形

エルフーン@タスキなど
追い風/挑発/草結び/手助けor袋叩きorアンコール
臆病 CS

テラキオン@岩ジュエルorタスキetc.
守る/ファストガード/岩なだれ/インファイト
陽気 AS

猫トリパに対してはファストガード+挑発で何とかする。1回目のトリルは防げるが、後発のディアルガのトリルを防げるかどうかが鍵。
袋叩きコンボよりも、伝説を追い風中で動かした方が強いので、袋叩きするよりはテラキオンにタスキを渡しつつ、追い風ターン凌ぎの守る対策のアンコールを入れる方が堅実かも。

後発はカイオーガなど。


【バンギラス&ドリュウズ系】

・概要

BWGSでもそこそこ強力。
先発で使えばディアドーブルやカイオーガ+指粉役に対して圧力をかけることができる。
砂下でドリュウズとホウオウが並んだ状態が強い。
相手のカイオーガやグラードンが鬼門。
スカーフカイオーガ、グラードン、トリパのいずれかが厳しくなるのがお約束。

・基本形

バンギラス@ヨプ
守る/噛み砕く/岩なだれ/けたぐり
意地っ張り 207-170-136-x-144-84

ドリュウズ@タスキ
守る/ドリルライナー/地震/岩なだれ
意地っ張り AS

ホウオウ@ヨロギorイトケ
守る/ブレイブバード/聖なる炎/追い風
陽気 AS
or
ルギア@珠
守る/エアロブラスト/めざ炎/大地の力or追い風
臆病 CS

砂下でドリュウズとホウオウorルギアが並んだ状態が非常に強力。ホウオウは、グラードンを見るならヨロギで、カイオーガを見るならイトケと言ったところ。追い風は、裏からのカイオーガ光臨で制圧されるのを防ぐ役割がある。
基本的にホウオウで良さそうな気がするが、ルギアは素でカイオーガやパルキアより速いので、そこらに対する勝率を稼げる(かもしれない)。



以上。

これ以外にも組み合わせは幾らでも考えられるだろうが、パっと見て目に留まった組み合わせを並べて自分なりに簡単に考察してみた。
省いている箇所は、自分の考えがまとまっていなかったり、TGAのポケモン会誌と内容が被ったりと諸事情により書いていないが、ご了承願いたい。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【【BWGS】組み合わせ例】

BWGSでメジャーだと勝手に思っている組み合わせの例とそれに対して優位な組み合わせ、更にはその組み合わせに一矢報いる方法を大雑把に紹介する。各組み合わせについて、【組み合わせ】・概要・基本形・天敵・対策・完成形の順で紹介するが、場合に依っては省いている。結...
プロフィール

リィズ

Author:リィズ
ポケモンが好きで主に対戦を考察する。
東京大学ゲーム研究会(TGA)所属。
乱数調整の解説記事へは、下のリンクから行けます。

リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
Twitter
アクセスカウンター
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード