アニメ好きでもゲーム好きでもない、純粋なポケモン好きによるポケモン対戦中心の雑記。コメント返信は遅め。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ローテ】ボーマンダ

自信過剰が解禁されているボーマンダ。
ローテだと、威嚇を活用するのが難しいので、特性は自信過剰の方が基本的には優秀だと考える。

しかし、採用理由をそこに見出すのは難しい。何故なら、自信過剰という特性は、戦術としての現実味に欠けるからである。
戦術としての現実味は、特性が活きる条件が相手に依存するほど薄れる。

では、ボーマンダを採用するとしたらどこに採用理由があるのだろう。

私は、バシャーモに縛られないスカーフ竜として採用の価値があると考えている。
スカーフ竜は、主に相手のラティオス、竜舞カイリューを潰せる点を評価されており、また当然ながら等倍が取り易く、適当に削れた相手もろとも上から潰して行ける性能を持つ。

このように、抜群を突いて倒せる相手とちょっと削れた相手の並びを上から潰して行く、というのがスカーフ持ちの主な役割だと考えるが、「上から殴る」ことが前提になっている以上、それよりも更に上から殴ってくる相手は苦手である。単体だとS操作耐性がないため、S操作に耐性が付くポケモンと同時に採用することが望ましい。
また、火力上昇がないため、高耐久に打点不足になり易い点も注意である。

例えばスカーフシャンデラは、ゴーストでブルンゲルクレセリアの弱点を突ける分高耐久(及びトリル)に自然と対抗できている点が偉く、またスカーフカイリキー入り相手ならスカーフがシャンデラより遅いカイリキーに渡っている以上優位が取れる。しかし、逆に自分より速いスカーフ持ち(大抵のスカーフ持ちはシャンデラより速い)には不利になり易い。

ここで、重要なのは、自分より速い打点はスカーフ持ちだけでないというところ。高速積みポケモン(一般にはバシャーモ、パルシェン、カイリューのことを主に指すが、大抵のスカーフ持ちは1舞カイリューより速いので、ここではバシャーモ、パルシェンだけ考えれば良い)や、雨+すいすい、砂+すなかきも居るという点が重要である。

例えば、スカーフガブリアスなら、カイリューを上から叩くことはできるが、積んだ(2加速)バシャーモ、パルシェン、雨キングドラには上から潰されてしまう。
一方スカーフカイリキーは、バシャーモ、パルシェン、カイリューいずれにも積まれた際には縛られるが、爆裂による混乱で積みを妨害することができる。これはスカーフトゲキッスにも似たようなことが言える。
スカーフシャンデラは、すいすいやドリュウズには無力だが、バシャーモには耐性がある。
といったところ。

さて、ボーマンダはというと、やはり、バシャーモに縛られにくいというところが大きなポイントになる。また、水や地面に耐性があるため、すいすいアタッカーやドリュウズにもある程度の(あまり信用できないレベルではあるが)行動制約を課す事ができる。
また、特性の自信過剰があるため、他のスカーフ持ちに比べると高耐久相手での打点不足になりにくいという特徴もある。戦術としての現実味には欠けるが、火力上昇で拾える試合もあるということだ。

では、今度は別の視点を持ってみよう。
ドラゴン(ラティカイリュー)と組まれ易いポケモンの特徴としては、やはり、ドラゴンとの攻撃相性が優秀なポケモンということになるだろう。
ドラゴンとの相性が優秀なタイプは、鋼に等倍以上で通るタイプである必要があり、具体的には、炎(ドラゴンと炎に同時に耐性を持つのはヒードランのみ)、水(エンペルト、ナットレイ)、電気(ハガネール、ジバコイル、ドリュウズ、ナットレイ)、格闘(該当ポケモン無し)、地面(ドータクン、エアームド)である。

これは、対カイリューorラティオスを見る上で、これらの攻撃にも耐性があった方が良いという事を意味している。
これを踏まえた上でガブリアスを見ると、水、格闘、地面を等倍で通してしまっていることがわかる。一方ボーマンダは、等倍以上で通るタイプは電気のみであり、スカーフを持てばカイリューorラティオス+対鋼攻撃役の並びに強くなる。

つまり、スカーフと非常に相性が良いポケモンということになる。

勿論、スカーフ持ちとして解決されていない問題も存在する。例えば、ボーマンダより更に速いスカーフ持ち(主にガブリアス)に弱いということがある。また、対パルシェンも苦手である。勿論、対雨砂も信用できるレベルでは決して無いので、雨砂に対する対抗策を持ったポケモンはしっかり確保したい。
ボーマンダ構築を組む際は、これらに注意すると良いだろう。


・育成例

ボーマンダ(自信過剰)@スカーフ
逆鱗/ドラゴンクロー/ストーンエッジ/地震
意地っ張りor陽気 AS

意地っ張りA全振り逆鱗(=A+1ドラゴンクロー)で、トルネロス程度なら1発。また、A+1逆鱗でH振りモロバレルを倒す事ができる。逆鱗でHBブルンゲルが2発になるという点も重要。現時点でスカーフガブリアスの主流は意地っ張りであるため、陽気で採用して非最速ガブリアスを一泡吹かせてやるのもいいだろう。
ストーンエッジは、カイリューとヒードランの並びへの撃ち易さを評価しての採用。地震と瓦割りの選択はあったが、不一致瓦割りではやはり威力が足りないので、地震が妥当だろうという見解。瓦割りならドリュウズを倒せないけど地震なら倒せる(因みにH振りバンギラスは瓦割りを耐える)。
ボーマンダと組ませ易いポケモンは、ドラゴンとの攻撃相性も勿論で、かつクレセリアやブルンゲルといった高耐久に対する打点不足にもなりにくいポケモンがいると心強いだろう。

因みに、自信過剰ボーマンダの逆鱗は、現時点でハイリンク産限定の技であり、それ故に4世代技やタマゴ技(竜の舞など)とは併用できないことに注意したい。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【【ローテ】ボーマンダ】

自信過剰が解禁されているボーマンダ。ローテだと、威嚇を活用するのが難しいので、特性は自信過剰の方が基本的には優秀だと考える。しかし、採用理由をそこに見出すのは難しい。何故なら、自信過剰という特性は、戦術としての現実味に欠けるからである。戦術としての現実...
プロフィール

リィズ

Author:リィズ
ポケモンが好きで主に対戦を考察する。
東京大学ゲーム研究会(TGA)所属。
乱数調整の解説記事へは、下のリンクから行けます。

リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
Twitter
アクセスカウンター
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。