アニメ好きでもゲーム好きでもない、純粋なポケモン好きによるポケモン対戦中心の雑記。コメント返信は遅め。

【エメラルド】バトルタワー

【ルール】

・シングル(3体)

これだけ。最もオーソドックスなルールでひたすら勝ち進む。


【構築指針】

アリーナのように、攻撃一辺倒だと、耐久系のポケモンの突破ができなくなってしまう恐れがある。短期決戦用のポケモンだけでなく、長期戦を見据えた構築を心がけたい。

特に、フロンティア3大害悪と私が呼ぶところの、
 急所・一撃・分身
に気を付ける。特に、最後の分身(「かげぶんしん」で回避を上げてくるもの)は、フロンティアで非常に数が多く、長期戦になり易いタワーで特に気を付けるべき相手である。

そこで、分身をどう対策するかをまず考えなければいけない。

まず、急所や一撃を避けるに辺り、相手からの技の直撃をなるべく防がなくてはならない。すなわち、「みがわり」により相手の攻撃を受けることが望まれる。
といっても、「みがわり」を壊す技を連打された場合に押し切られないようにしなくてはならない。そこで、「みがわり」を機能的に使用できるような型を考えることになる。

また、タワータイクーンのリラは、

・銀シンボル時

フーディン@光の粉
ほのおのパンチ/かみなりパンチ/れいとうパンチ/かなりばり
ひかえめ hbcd

エンテイ@ラムの実
だいもんじ/おんがえす/めいそう/ほえる
さいみしがり habc

カビゴン@先制の爪
はらだいこ/あくび/のしかかり/シャドーボール
いじっぱり hads

・金シンボル時

ライコウ@ラムの実
10まんボルト/リフレクター/めいそう/ねむる
ひかえめ hBs

ラティオス@光の粉
めいそう/じこさいせい/サイコキネシス/ドラゴンクロー
ひかえめ HB

カビゴン@カゴの実
ねむる/のろい/おんがえし/シャドーボール
いじっぱり HA

という構築を使ってくる。


【構築】

メタグロス@拘りハチマキ
コメットパンチ/じしん/いわなだれ/だいばくはつ
意地っ張り HA

サンダー@食べ残し
まもる/みがわり/10まんボルト/どくどく
おくびょう HS(HP16n+3)

ラティアス@光の粉
じこさいせい/あまえる/めいそう/ドラゴンクロー
おくびょう HS

サンダーとラティアスは厳選個体。
基本的には、対害悪を「まもる」「みがわり」サンダーに任せた形となる。
害悪ポケモンは、攻撃技のバリエーションが少ないことが多く、また敵ポケモンは技のPPを増やしていない。そのため、技のPPさえ涸らしてしまえば、害悪ポケモンなど恐るるに足らないのである。
こちらは、ほぼどんな相手にも打点となる「どくどく」を搭載。「どくどく」さえ入れてしまえば、「まもる」「みがわり」を連打するだけで、相手は倒れるか「ねむる」使用まで持っていける。「みがわり」が残っていない状態でも、「ねむる」を使いそうなタイミングで「みがわり」を使用することで、再び身代わりを残した状態を作ることができる。相手の展開タイミングで食べ残し回復が安全に得られるので、「まもる」と併せれば回復は十分。寧ろ、害悪系を起点に「みがわり」を残し次の敵に臨むような形を作っていける。
攻撃技は「10まんボルト」だけだが、ラグラージのような地面相手にもタイマンで普通に勝てるので問題は無い。
サンダーが居れば、害悪相手に負けることがまずないので、非常に安定して勝つことができる。

他は、とりあえずガンガン攻撃できる拘りハチマキ攻撃役が欲しいと考え、数値の高いメタグロスに持たせて先発起用。終盤になると初手からメタグロスで有効打を持てない相手が多く登場し、かなり活躍しにくくなってくるのがネック。
素早さが低いので、先手をとられて急所で逝くパターンもある。

最後はラティアス。メタグロスに優位となる敵ポケモンを起点にできる駒として採用した。特に、メタグロス系で鬼門となりやすいサンダーを強く意識している。対カビゴン性能が欲しかったので、ラティオスではなくラティアス。
持ち物は、急所被弾率を抑える目的の光の粉。

基本的には、メタグロスで倒せるだけ倒しサンダー展開、という形になる。特に、メタグロスに対し撃たれ易い技に対し、サンダーやラティアスを後出しし易いのがポイント。メタグロスは毒無効であるので、敵が「どくどく」を持っていても、交代際に「どくどく」を撃たれる心配がない。そのため、サンダーへの交代が安定し易いのである。

また、サンダーとラティアスのシナジーにも注目したい。害悪系はサンダーに任せると言ったが、PPを涸らせば、ラティアスの起点になるのである。特に、地面+何かという技構成の場合に、サンダーに地面技を撃たないので、もう1つの技のPPがすぐさま切れるのである。そうなれば、完全にラティアスで起点にすることができる。その上、初手がメタグロスなので、相手が地面技を所持しているという事も瞬時にわかってしまう。
そのため、相手の技構成をすぐさま割り出し、起点にすることができるのである。
今の場合は、サンダーでPPを涸らしてラティアスで起点にするパターンだが、ラティアスで「あまえる」を使ったあとサンダーで「みがわり」を残すのも強力である。

これにより、例えば「のろい」レジロックを出されてメタグロスの「コメットパンチ」が当たらず「じしん」で返り討ちにされた場合にも、レジロックの技構成が「ねむる」「のろい」「いわなだれ」「じしん」であるとすぐに判断し、サンダーで「いわなだれ」のPPを涸らしたあとラティアスで起点にする動きが取れる。
レジロックは、「のろい」系統の相手の中では「あまえる」がクリアボディにより無効で厄介だが、メタグロスで狩れずともPP利用で起点にしてしまうことができる。

さて、ここまで読んで、疑問に思われる方がいるかもしれない。
PPを涸らす戦法では時間がかかりすぎるのではないか、と。
お察しの通り、これは時間が掛かる戦法で、その上相手のPPを数える必要があり、ある程度の集中力を要する。しかしながら、速攻戦術で攻略しようとすると、どうしても一部の害悪系統に(確実には)勝てなくなる。
相手が時間をかける戦術を使用しているのに、こちらが短期決戦だけの駒で勝ちにいく等、虫の良すぎる話である。そんな幻想はさっさと捨てるべき。

要は、勝負自体は早く終わるけど負け易く、何度も挑戦しないとタワーを攻略できない構築と、時間はかかるが確実に攻略できる構築、どちらが良いかという話。総合的な時間で見れば後者が短いのだから、目先の手際に囚われずに堅実にタワーを攻略していく。

拘りハチマキメタグロス自体はある程度短期決戦向きのポケモンと言えるので、メタグロスでさっさと勝負が付けられるか、面倒なのが来てメタグロスで処理できなくなっても後ろのサンダーで確実に処理、という流れ。
だが、終盤になると後者のケースが圧倒的に増えてきて、初手からメタグロスのつらい相手が出てくることもしばしばで、時間がかかる。

ここで、幾つか注意すべき相手を紹介する。


・ニドキング

メタグロスに先制で有効打を持ち、電気・毒無効で、サンダーで勝つのが難しい。最も、PPを涸らしてしまえばどうにかなるという考えもある。一撃の「つのドリル」や、追加効果付きの技(「ヘドロばくだん」「かみなり」「ふぶき」「のしかかり」etc.)を持っていることが多く、ラティアスでの処理もイマイチ安定しない。
危険度MAX。
S振りニドキングは存在しないので、無補正無振りニドキング抜きまでメタグロスのSを振っていればかなり安全になる。フロンティア用メタグロスは、S106(以上)安定。
当然ニドクインも注意で。


・ブラッキー

害悪系において、特性シンクロにより、「どくどく」を撃つとサンダーが(身代わりを張っていても)毒状態になってしまうのが面倒くさい。
「どくどく」は撃たずに攻撃技や妨害技のPPを涸らしてラティアスの起点にするのが望ましいだろう。PPが多い技を使うので時間がかかって面倒くさい。


・ミロカロス

「ミラーコート」に注意する。上手くいけば「ミラーコート」に合わせて「みがわり」で起点にできる。「れいとうビーム」の追加効果が怖いので、PPを涸らしてからラティアスで起点にするなど。
ラティアスの「めいそう」フル積み「ドラゴンクロー」で倒せなかったはずなので、「ミラーコート」の反撃を喰らってしまう恐れあり。


・ラプラス

先制の爪が厄介。「まもる」「みがわり」は、先制の爪対策にはならない。先制の爪でサンダーに有効打を放つラプラスは特に注意すべき相手。
先制の爪「ぜったいれいど」だけは防ぎようがないので、こればっかりはどうしようもない。


・メタグロス

クリアボディで「あまえる」無効。メタグロスとサンダーで、連係した処理を狙う。先制の爪「じしん」「いわなだれ」型が居るので、それの対処が特に面倒くさい。


・ボーマンダ

「りゅうのまい」ボーマンダは面倒くさい。基本的には、メタグロスで処理するか、ラティアスの「あまえる」で対応するが、光の粉を持った型が居るため、「あまえる」が命中しないことがあるのが怖い。
3連で避けられてガン積みされた時は絶望した(こっちも光の粉で避けて勝った)。
積みの中でも「りゅうのまい」は、サンダーで対応しにくいのが厄介。といってもギャラドスなら問題ないのだが。
幸いにして、「りゅうのまい」カイリューはLv50では出現しない。


・スターミー

ひかえめCSのスターミーがサンダーより速いのが面倒。「れいとうビーム」で結構ダメージが入る上に、光の粉を持っている。
追加効果の凍りや光の粉次第では厄介なゲームになってしまう。


こんなところだろうか。これ以外は特に何も考える必要の無い雑魚ばかりである。
タワータイクーンも適当にやれば勝てる。

この構築にしてから1度も負けることなく金リラ撃破までいけた。
相手が弱い序盤はメタグロス枠→拘りハチマキザングースで蹴散らした方が効率的。
スポンサーサイト
コメント
No title
分身レジスチルも出てきますよ。
アイツまじでうざいんで溶鉱炉の中にブチ込みたいです。
2013/04/05(金) 01:56 | URL | レジロック #-[ 編集]
>レジロック さん
レジ系は耐久高くて面倒ですね…
嫌がらせとしか思えない型が多くてうんざりします(
2013/04/06(土) 03:07 | URL | リィズ #-[ 編集]
かなり前の記事への質問コメントですみません。

メタグロスのSを106まで伸ばすとしたらHとAどちらから削るのが良いでしょうか?
2015/02/09(月) 02:44 | URL | 茶色くて小さいおっさん #-[ 編集]
Re:
メタグロスのS106調整する場合は私は主にAを落として使用しました。

最終的には、相手のs170振りメタグロス(S111)を抜けるようにS112まで伸ばしたメタグロスを使用していました。
調整としては、A187まで落として、残りはHから削っています。色々試してこれが一番使い易いと感じました。
2015/02/12(木) 16:51 | URL | リィズ #YignKQLU[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2015/05/21(木) 14:53 | | #[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

リィズ

Author:リィズ
ポケモンが好きで主に対戦を考察する。
東京大学ゲーム研究会(TGA)所属。
乱数調整の解説記事へは、下のリンクから行けます。

リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
Twitter
アクセスカウンター
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード