アニメ好きでもゲーム好きでもない、純粋なポケモン好きによるポケモン対戦中心の雑記。コメント返信は遅め。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

XYシングル構築紹介

バンギラス(砂起こし)@拘りスカーフ
悪の波動/岩なだれ/大文字/冷凍ビーム
臆病 CS

ガブリアス(鮫肌)@ゴツゴツメット
剣舞/逆鱗/地震/ストーンエッジ
陽気 187-164-130-x-106-169

ギルガルド(バトルスイッチ)@防塵ゴーグル
剣舞/キングシールド/聖なる剣/影撃ち
勇敢 HA

ファイアロー(颯の翼)@命の珠
ブレイブバード/フレアドライブ/蜻蛉返り/オーバーヒート
無邪気 AS

水ロトム(浮遊)@拘りメガネ
ハイドロポンプ/10万ボルト/ボルトチェンジ/トリック
控えめ HCベース

フシギバナ(葉緑素)@メガストーン
眠り粉/光合成/ギガドレイン/ヘドロ爆弾
図太い 187-x-123-131-121-113 → 187-x-167-153-141-113


学習院シングル大会、及び駒場祭来場者対戦会で使用したシングル構築の改訂版。
結果としては、学習院シングル大会優勝(同率1位)、駒場祭4勝1敗と、上々の成績だった。


【全体】

発想としては、まず対メガガルーラを安定させたいというところから入った。
そこで、ゴツゴツメット鮫肌ガブリアスという発想にまず至る。メガガルーラは特性が親子愛であり、2回行動をとることができる。そのため、グロウパンチでA2段階上昇してくる点が非常に強力なポケモンであり、気合のタスキや身代わりや頑丈を貫通して攻撃してくる上、不意打ちにより、ただ上から殴り倒すという対策もとり辛いという、非常に厄介なポケモンだが、2回行動を逆手に取って、ゴツゴツメット+鮫肌でメガガルーラに大ダメージを与えようと考えた。
鮫肌ガブリアス以外でもゴツゴツメットによる対策は有用で、シングル構築はゴツゴツメットを誰に持たせるかから考える、くらいに思っている。強力な新参ファイアローにもかなり有効なのも見所。

ガブリアスは、火力、物理耐久、素早さがすべて高水準で、特に素早さが地味にメガガルーラより速いため、対メガガルーラを任せるには適任のポケモンである。特に、親子愛接触技に後出しするだけでメガガルーラの体力を7/12削るため、後出しから即縛ることができてしまう。

因みに、他にメガガルーラに後出しできそうなポケモンとしては、エアームド、パンプジン、サマヨールなどが居るが、他のポケモンはかなり受け志向なので、殴り合いを基調とした構築に自然に入れ込むのはやや難しい。やはりガブリアスは偉大で、対メガガルーラの最有力株がガブリアスでる上、結局フェアリーはガブリアスより遅く地面耐性のないポケモンばかりでガブリアスの弱体化には特に繋がっていないため、5世代以上にガブリアスが欲されるくらいだと考えている。
メガガルーラも最近は、冷凍ビーム(Cに振らないとガブリアスは倒せないが、触らずに大ダメージが入るため無振りでも十分有用。パンプジンにも有効打)や、大文字(パンプジンとエアームド)など、特殊技を採用するものも居るようだ。

さて、ガブリアスの採用のあと、とりあえず対ファイアローを確立しようと考えた。比較的受けが安定するポケモンでは、ヤドランやカバルドンが比較的安定するが、こういうポケモン使うならゴツゴツメット持たせて受けに出したい(がゴツゴツメットは先約が入っている)上、なるべく殴り合いベースで構築を組みたいと考えていたため、やはりファイアローのメイン技耐性があるポケモンを採用しようと思い、中でもまともそうなバンギラスと水ロトムを採用。
ファイアロー対策は岩タイプが優秀だが、岩タイプは物理ばかりで鬼火が怖いので、自然に特殊型で採用できるバンギラスが優秀と考えてのことである。

また、殴り合いベースの構築では、受けの部分がそこまでしっかりしていないため、なにかしらを起点にS上昇から全抜きということになり易いのでそれを颯の翼ファイアローで補う形にした。無償降臨からのバシャーモ、ウルガモス、パルシェンなどを止めることができる。
ここで、ファイアローを使う際の注意だが、止められると言っても、ファイアロー自身はそう簡単に後出しできるポケモンではないので、実質的には1:1処理となり易い。そのため、1度後手に回ると対処が間に合わなくなる可能性がある(例:初手でバシャーモにタイマンで負けるポケモンとメガバシャーモが対面した場合、ファイアローを後出しすると大ダメージを受け、相手の裏のポケモンへのブレイブバード反動+ゴツゴツメット圏内に入ってしまう)。
そこで、ファイアローによって対策を行う場合、それらのポケモンに(後出しはできずとも)タイマンで勝てるポケモンを先発に置き、ファイアローと、(タイマンでは負けてもいいが)それらのポケモンの安易な後出しを許さないポケモンを後発に置く、というような選出を心がける。

構築の残り2体は、ドラゴン技を受け易いポケモンと、対水ロトムを任せられるポケモンを採用しようと考えた。
最初は、ハッサム@メガと、対メガガルーラを意識したパンプジンを考えていたが、パンプジンは火力の低いポケモンであり、殴り合いベースの構築では相手に与える隙が大きくなりすぎると判断し、物理型であるため水ロトムの鬼火が怖いと考え、不採用。
また、現状対フシギバナがあまり得意ではないので、フシギバナを任せられるポケモンを採用したいと考えた。

そこで、鋼タイプのポケモンに防塵ゴーグルを持たせて対フシギバナをある程度見れるようにしつつ、対水ロトムで優秀なメガ枠たるフシギバナを採用する、という考えに至った。鋼タイプの選定については、フシギバナを採用する以上、ブリガロン(防弾でヘドロ爆弾無効)やナットレイに対する性能が高い駒を採用したいと考えて、聖なる剣が優秀なギルガルドで決定した。


【個別】

・バンギラス

最初は気合のタスキで使っていたが、ギルガルドは鋼と言ってもガブリアスにはタイマンで弱く、ファイアローはガブリアスに先手を取れると言ってもガブリアスにタイマンで弱いので、ガブリアスに先手を取れてタイマンで強いポケモンが必須であるという考えに至り、拘りスカーフで採用。
拘りスカーフにしたことで、選出率も跳ね上がった。特に、対メガリザードンYで安定感が増したことが非常に嬉しい。
なんだかんだでスタン志向構築のバンギラスは拘りスカーフが合っていると感じた。


・ガブリアス

 A177メガガルーラの親子愛グロウパンチ→親子愛不意打ち
=A177メガガルーラの親子愛恩返し+1発目不意打ち
=A172+2メガクチートの力持ち不意打ち
を耐える物理耐久を確保。Aは、7/12削れた無振りメガガルーラを地震で倒せるようにした。


・ギルガルド

ギルガルドの王道の使い方は、耐久と耐性を活かして受け回しながらダメージを稼ぎ、相手が全体的に削れてきたら(剣舞影撃ち圏内に入ってきたら)剣舞から薙ぎ倒す、というものである。そのため、一貫技し易いシャドークローが相手を削る際に便利なので、
 剣舞/シャドークロー/影撃ち/聖なる剣
というような構成にしたいところだが、相手が受け回さず居座ってくると途端に困ることになり、なんだかんだでキングシールドが重要な場面があり、切れないと判断して最初の構成に落ち着いた。
キングシールドは、拘りスカーフメタモン対策としても優秀。剣舞を積んだガブリアスが拘りスカーフメタモンにコピーされて逆鱗で倒されてもギルガルドで止めることができる。


・ファイアロー

構築で状態異常技を統一したかったので、フシギバナの眠り粉を優先してファイアローに鬼火を搭載しなかった。
ファイアローに任せたい相手+鋼のような並びに対して、ファイアローがフレアドライブを鋼(特にナットレイ)に撃つと反動で倒れて本来の仕事が遂行できない場面があったので、無邪気でオーバーヒートを採用することにした。
蜻蛉返りは、バンギラスや水ロトムの過負荷突破を狙える技でなかなか有用。最初はフシギバナにも出せるようにと寝言を入れていたが、フシギバナに出す場面がまったくなかったので外した。


・水ロトム

王道を往く拘りメガネ。


・フシギバナ

メガリザードンXを意識し、
 A200+1メガリザードンXの硬い爪フレアドライブ耐え(15/16)
 H153-D106メガリザードンXをヘドロ爆弾×2落とし(94%)
 最速マリルリ抜き
という配分にして、メガリザードンXの起点を与えにくくした。
元の特性を葉緑素にしておくと、メガリザードンYに先手を撃てる場面ができるのが便利。
甘えるが欲しい場面もあったが、技スペース的に難しい。


【感想】

殴り合いベースなので、試合もサクサク進むし、強力なポケモンを比較的バランス良く揃えることができたので、勝率もそれなりに稼げる、といったところ。
初期XYシングルの強ポケを贅沢に使っているのも特徴で、学習院シングル大会でも堂々のKP1位であった。
似たような構築も非常によく見かけた。

これらの要素から、XYシングル初期における1種のテンプレ構築と言っていいだろう。

負ける時はファイアローを選出していることが多かったので、そこら辺に改良の余地があるかもしれない。
スポンサーサイト
コメント
No title
いつも参考してます。
このパーティではクレッフィ対策はどのようにしていますか?
水ロトムのトリックで眼鏡押し付けでしょうか?
2013/12/08(日) 19:02 | URL | no name #zkSVs9K2[ 編集]
Re:
対クレッフィは、基本的には水ロトムのボルトチェンジで身代わりを壊しながらガブリアスを出すという事にしています。
2013/12/09(月) 03:19 | URL | リィズ #1CXoI.Uw[ 編集]
No title
ガブリアスの努力値逆算したのですが、
H28
A108
B116
C0
D4
S252
であってますか?
2014/01/06(月) 12:02 | URL | twitter=@takumi_1110 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

リィズ

Author:リィズ
ポケモンが好きで主に対戦を考察する。
東京大学ゲーム研究会(TGA)所属。
乱数調整の解説記事へは、下のリンクから行けます。

リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
Twitter
アクセスカウンター
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。