アニメ好きでもゲーム好きでもない、純粋なポケモン好きによるポケモン対戦中心の雑記。コメント返信は遅め。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ダブル】ギルガルドの配分

配分メモ。シャドーボール聖なる剣両採用ギルガルドについて。

現状非格闘タイプで格闘打点を持てるポケモンは非常に希少であるので、ギルガルドの聖剣は非常に価値が高い。一方、完全物理型にすると、威嚇が怖くなる(特に対クチート)ので、シャドボ聖剣型での運用がしたくなる。


☆配分案1

冷静 167-79-170-103-170-58
⇔ 167-179-70-213-70-58

・無振りサーナイトをシャドーボール1発
・無振りガブリアスをシャドーボール2発
・Hメガガルーラを聖剣2発

シャドボ聖剣と言われた時に真っ先にC寄りのものを考えるだろう。
C寄り配分で、ガルーラを2発で倒せるAを確保した配分。


☆配分案2

勇敢 167-100-170-82-170-58
⇔ 167-210-70-182-70-58

・無振りボーマンダをシャドーボール2発
・無振りメガガルーラをゴツメ×2+聖剣で処理

聖剣での役割遂行重視のA寄り配分。ゴツゴツメット持ちを採用した場合に連携での処理が狙い易い。
Cは最低ラインと思しきボーマンダ2発で妥協。


☆配分案3

勇敢 165-88-170-95-170-58
⇔ 165-198-70-195-70-58

・Hバンギラスを聖剣1発
・Hメガクチートをシャドーボール2発
・A133ファイアローの珠フレアドライブ耐え(15/16)

配分案2よりもCに多めに割いた。ゴツメとの連携処理を狙わない場合はこちらか。
聖剣でバンギラス1発とシャドボでメガクチート2発を両立したかったが、それだと若干数値が足りないので、耐久を削れないか検討したところ、HギルガルドはA133ファイアローの珠フレドラをちょうど耐えるためほぼ削れないとわかったが、15/16にまでなら落としてもいいだろうと考えこの配分。
カロスダブルはともかく、全国ダブルのファイアローはボルトロス化やライコウの上とるため(フレドラ撃ちたい)、エルフーンに先攻してブレイブバード撃つために陽気1択だと考えている。


☆配分案4

勇敢 167-89-180-82-171-58
⇔ 167-199-80-182-71-58

・Hバンギラスを聖剣1発
・無振りボーマンダをシャドーボール2発
・A146ファイアローの珠フレアドライブ耐え

配分案3をベースに、意地ファイアローの珠フレドラ耐えまで耐久を上げ、代わりにCの火力は配分案2のところに落とし込んだ。


闇の石が足りない(真顔)
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

リィズ

Author:リィズ
ポケモンが好きで主に対戦を考察する。
東京大学ゲーム研究会(TGA)所属。
乱数調整の解説記事へは、下のリンクから行けます。

リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
Twitter
アクセスカウンター
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。