アニメ好きでもゲーム好きでもない、純粋なポケモン好きによるポケモン対戦中心の雑記。コメント返信は遅め。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダブルバトル検定用構築:エルフテラキ

ダブルバトル検定の自己ベストを更新。最高記録6760ポイントを弾き出した。
構築は次の通り。


テラキオン(正義の心)@広角レンズ
岩雪崩/地震/インファイト/守る
陽気 AS

エルフーン(悪戯心)@気合のタスキ
袋叩き/ムーンフォース/追い風/アンコール
臆病 CS

リザードン(猛火)@ナイトY
熱風/火炎放射/ソーラービーム/守る
控えめ HS

ドリュウズ(型破り)@拘りスカーフ
地震/ドリルライナー/アイアンヘッド/岩雪崩
陽気 AS


以下解説。


基本的にエルフーンで袋叩きしながらテラキオンで岩雪崩を撃つだけ。毎度のように岩雪崩を撃つので、広角レンズを持たないとほぼ確実にどこかで外す。1回外しただけで反撃で倒され好記録が狙えなくなるため、広角レンズを持たないとやっていられない。
また、テラキオンの地震は必須。岩雪崩耐性のある相手に対しては地震を撃つことが非常に多い。初手ならエルフーンを巻き込みながら、2ターン目ならリザードンを投げながら、というところである。
インファイトは自身の耐久を下げてしまい反撃で倒される確率が上がり好記録が狙えなくなる要因となるのであまり撃たない。これだけだと聖剣の方が良いとも思えるが、袋叩きが狙えない展開になった時にインファイトの火力が役に立つことも多く、どちらが良いかは一概には判断できない。

エルフーンは、ムーンフォースの削りに期待したい場面も多いので、CSタスキ1択。テラキオンを縛ってくるポケモンが居た場合のために追い風は持っておくべき(エルフーンが倒されないように注意)。特に対ベテラン(準伝オンパレード)で役に立つ。
アンコールは、オカルトマニアやサイキッカーが使ってくる高耐久エスパー・ゴースト(叩き+岩雪崩で倒しきれない)のトリックルーム対策となる技で、なんだかんだで便利。
岩耐性持ちの地面を殴りたい場面も多く、エナジーボールが欲しくなるが、技はどれも切りがたい。

後発にはメガリザードンY。やはりダブルバトル検定においては単純な制圧力が高いリザードンYが使い易い。テラキオンとの相性も優秀。
熱風は命中不安なので放射との両立安定。

最後の枠は悩みどころだが、今のところ一番嵌っているのはドリュウズ。
まず、相手する上で鬼のように面倒くさい地面4倍頑丈勢を型破りで軒並みカモにできる性能が嬉しすぎる。鋼タイプのお陰で繰り出し易く(耐性で受けると加点される)、リザードンとの相性も良いので、テラキオンで突っ張るとどうしてもテラキオンが落とされる危険がある場合、初手でいきなりリザードンとドリュウズを交代出しすることもある。
持ち物は拘りスカーフで、繰り出しからいきなり縛りにいきやすくなり、繰り出し性能が上がる点が高評価。普通のダブル構築であれば鉢巻など火力強化アイテムを持たせて追い風下で殴る使い方が思いつくが、「1体も倒されてはいけない」という性質上、エルフーンが追い風撃って退場、という使い方はできず、追い風下での運用は想定できない。そのため、検定で使うならスカーフ1択であろう。

ドリュウズ以外では、サザンドラ、ガブリアス辺りが候補だったが、サザンドラは弱点を突ける範囲の狭さが足を引っ張っていたのと、ガブリアスはまともな単体攻撃物理地面技を覚えず立ち回りが窮屈であったことから、採用圏外とした。受け出ししにくさもネックであった。


ダブルバトル検定6760


因みに、それまで使っていたのは、

ガブリアス@気合のタスキ
リザードン@ナイトY
水ロトム@突撃チョッキ
ハッサム@オボンの実

というもの。メガリザードンYの制圧力に期待した構築だが、ガブリアスの火力が低いのと(しかし持ち物はタスキ1択)、素早さが低く一部の高速ポケモンの処理に苦労する(ケンタロスなど)点が使いにくかった。

今回の構築は、圧倒的制圧力を持つポケモンがテラキオンとメガリザードンYと2体おり、テラキオン、エルフーン、スカーフドリュウズと構築の素早さも十分で、従来の欠点を克服しており、非常に快適に対戦を消化していける。

以下、注意すべき相手。


・ネンドール

テラキオンの技すべてに耐性を持っている嫌なやつ。特殊耐久も意味不明に高く、突破は容易ではない。
しかし、相手からもこれといって即処理される恐れはないので、減点覚悟で叩き岩雪崩連打で突破してしまうのがいいだろう。


・ゴローニャ

頑丈で岩耐性があり、テラキオン、リザードン、ドリュウズを即処理してくる可能性がある。勘弁。


・ドンファン

岩耐性があり、物理耐久が非常に高く、地震やストーンエッジで主打点3枚が狙われる。しかも爪持ってる。


・ヌオー

岩耐性というだけで十分厄介だが、天然でこちらのA上昇を無効化するというオマケ付き。リザードンでソーラービームぶち当てるしかない。


・ルチャブル

エルフーンよりも速く、飛行技、格闘技、エッジによりこちらのすべてのポケモンの弱点を突いてくる。しかも軽業パワフルハーブゴッドバード型だと追い風しても抜けない。
ふざけたツラしやがって!


・ドータクン

岩耐性を持ったトリル要員というだけでかなりうざったい。浮遊でないことを祈りながらテラキオンで地震を撃つ(アヘ顔)。


こんなところだろうか。
因みにベテラントレーナー(all準伝)は基本的にカモ。最高記録もベテラントレーナー引いて取った。
スポンサーサイト
コメント
ドリュウズを最速にしなければいけない理由は何ですか
準速スカーフでも十分な速さがあるため、
倒せる範囲を少しでも広げるべく、意地っ張りの方がいいと思うのですが
2014/09/26(金) 22:58 | URL | ナナシ #tjFIf2f6[ 編集]
Re:
竜の舞などを使ってくる一部の積みポケモンを想定しています。エルフーンを早々に失うと止められなくなる可能性があるので。

とはいえ、意地っ張りでも大きな問題はないと思います。
2014/10/10(金) 18:45 | URL | リィズ #YignKQLU[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

リィズ

Author:リィズ
ポケモンが好きで主に対戦を考察する。
東京大学ゲーム研究会(TGA)所属。
乱数調整の解説記事へは、下のリンクから行けます。

リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
Twitter
アクセスカウンター
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。