アニメ好きでもゲーム好きでもない、純粋なポケモン好きによるポケモン対戦中心の雑記。コメント返信は遅め。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地割れ文字カビってのが昔居たギガス

昔、エメラルド辺りの時代、地割れ文字カビというのが流行った時期があった気がする。某大会優勝者が「地割れ文字カビ怖い」と言ってたぐらいだから、間違いないと思う。

地割れ文字カビというのは
ねむる/じわれ/おんがえし/だいもんじ
という構成のカビゴンのことを指す。勿論努力値は耐久に割いている。文字は勿論だいもんじのことを指す。このカビゴンの使い方は、
敵が耐久型→じわれ
敵が低耐久or飛行or浮遊→おんがえし
敵ががんじょう→だいもんじ
といった感じで立ち回る。敵が耐久型なら敵に破壊力は無いのでじわれが決めやすく、低耐久でノーマルが等倍の敵ならおんがえしで2発で倒せてしまうという嫌らしいカビゴンだ。

なんでこんな昔のことを引っ張り出してきたかというと、もしかしたらこの地割れ文字カビを流行らせた人物がこの私であるかもしれないからだ。また何か変なこと言い出したな((

私が某パーティ鑑定掲示板で鑑定士として活動していた時、私は似たような呪文を繰り返し唱えていた。「地割れ文字カビがきついです」と。地割れ文字カビ、私は地割れ文字カビに対し先にした解説を特にしなかったのだが、私が鑑定する度に現れるその不思議な呪文は、掲示板閲覧者の目に焼き付いたことだろう。別に大した鑑定士ではなかったが((
その後、そのサイト内のあちこちで地割れ文字カビという用語が出没した。まぁ流行ったのはそのサイト内だけだったんだろうけど、そのサイトっていうのが大会上位者が結構集まってたりするサイトだったから、大会でもそれなりに流行ったんだろうな。
別に「地割れ文字カビ」って検索かけても出てこない訳だから、「有名な」型ではないんだけどね。
私が流行らせたのではないかもしれないけど、一時期流行ったことと、流行る前に私が声高に叫んでいたことは確実。そんなことはどうでもいいのだけど。

昔は格闘の技が低威力のかわらわりとオコリザル、カイリキー、ハリテヤマぐらいしか覚えないクロスチョップ程度しか無かった訳だから、カビゴンが強かったんだろうね。
今のダイパ環境だとカビゴン相手に何が出てくるんだろう。のろいカビだと後出しメタグロスは厳しいからやっぱりこだわりハチマキ持ちのヘラクロス辺りが出てくるのかな。もしそうならこだわりハチマキ+すてみタックルで返り討ちにしてやるけどな。まぁそんな上手くはいかないか。

地割れ文字カビは妥当な型だったけど、他に多くのパーティに対し対策不十分と言った型といえば、鉄壁グロスとかいう奇抜な型があったな。
ねむる/てっぺき/コメットパンチ/かみなりパンチ
しんちょう 体力特防全振り、防御に4振り
という構成のメタグロスのこと。てっぺき積んで地面技も耐えちゃおうという、意味不明な戦法。例えばてっぺき1回積むと敵の攻撃全振りメタグロスのじしんを3発耐える。こんなメタグロスに対策ができていないパーティなんてとても信じられないかもしれないが、実は結構多かった。皮相的な役割理論だけ頭に入れてパーティにポケモンを放り込んだだけの見かけ倒しのパーティでは、しばしばこういう様に、意外な落とし穴にはまったりする。最近のパーティでも、鉄壁グロス対策が不十分なパーティはあるかもしれない。ギャラドス入れてメタグロス対策と称してるパーティとかね。
こんな奴に苦戦したくないな。

こんな感じで、環境によってはある型に弱いパーティばかりできてしまうというのがあったりするらしい(結局これが言いたい)。その目でゲー研の環境を見てみる。もしかしたらあの型に弱いかもしれないという型はあるが、定かではない。間に合えば駒場祭で使用してみようかと思うが、普通にボコされる可能性大。上手くいけばいいんだけどな。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

リィズ

Author:リィズ
ポケモンが好きで主に対戦を考察する。
東京大学ゲーム研究会(TGA)所属。
乱数調整の解説記事へは、下のリンクから行けます。

リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
Twitter
アクセスカウンター
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。