アニメ好きでもゲーム好きでもない、純粋なポケモン好きによるポケモン対戦中心の雑記。コメント返信は遅め。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7thローテ所感

7世代ローテの考察をつらつらと。


【ランク】

S(採用しない理由が必要なポケモン)
メガボーマンダ
ミミッキュ

A(どんな局面でも活躍できるポケモン)
ボルトロスT、ギルガルド、クレッフィ

B(幅広い局面で活躍できるポケモン)
メガクチート
カプ・コケコ、クレセリア、テッカグヤ、水ロトム、アシレーヌポリゴンZ、ニンフィア、ピクシー

C(限定的な局面で活躍できるポケモン)
C1:メガバンギラス、メガハガネール、メガハッサム、メガギャラドス
C2:ウルガモス、マリルリ、パルシェン、カイリュー、ヌオー
C3:ガブリアス、サザンドラ、ヒードラン、カプ・テテフ、ファイアロー、ジバコイル、ドリュウズ
C4:ナットレイ、ドサイドンガラガラR
C5:ラティアス、ニャオニクス♂、炎ロトム
C6:ブルンゲル、シャンデラ、ポリゴン2、ユクシー
C7:トゲキッス、モロバレル、ラグラージ、サンダース、トリトドン
C8:キュウコンR、ニョロトノ、オムスター、ガマゲロゲ

D(採用理由が存在するポケモン)
D1:メガリザードンY、メガガルーラ、メガメタグロス、メガピジョット
D2:エンテイメタグロス、ハッサム、オニゴーリ、ココロモリ、イーブイエーフィ、ビビヨン、ルカリオ、マニューラ、ホルード、メテノルガルガン昼、ガメノデス、アバゴーラ、ビーダルグソクムシャ
D3:バンギラス、ボルトロスN、ランドロスN、ファイヤー、サンダー、カプ・レヒレカプ・ブルルカミツルギデンジュモクフェローチェ、ゲッコウガ、オンバーン、バシャーモ、ヒヒダルマ、オノノクス、ゲンガー、ムウマージ、ギガイアス、ユキノオー、アマルルガ、サンドパンR、マンムー、エンペルト、ラプラス、ランターン、チラチーノ、ベトベトンR、カラマネロ、ハギギシリ
D4:ココドラ、ボスゴドラシロデスナ、サイドン、リングマ、キテルグマ、ゴロンダ、オニシズクモ、シザリガー
D5:ジャローダ、ウツロイド、ビリジオン、メガニウム、マフォクシー、スターミー
D6:スイクン、エルフーン、バルジーナ、ムウマ、サマヨール、ドータクン、デスカーン、ランクルス
D7:シャワーズ、ブラッキー、リーフィア、ブースター、カイリキー、ゴルーグ、キノガッサ、マシェード、ドレディア、カバルドン、コータス、カエンジシ、マルノーム、ドーブル
D8:ペリッパー、キングドラ、ツンベアー

Tは霊獣、Nは通常、Rはアローラ。
新顔及び6thから評価を大幅に上げたポケモンは色で示した。

【解説】

〇Sランク

・メガボーマンダ
言わずと知れた最強メガシンカ。スカイスキンの補正は落ちたが、それでも意地っ張りならA+1恩返しでガブリアスは1発である。
 恩返し/竜の舞/羽休め/何か
という技構成が基本であり、空き枠には、地震・瓦割り・アクアテール・シャドークローなどから選択することになる。地震はいざという時に役立つが一貫性は低く、瓦割りは壁破壊、アクアテールは対岩(特にドサイドン)、シャドークローはギルガルド含む並びに一貫する技といった具合で選んでいけば良い。

・ミミッキュ
7th新顔。化けの皮による圧倒的行動保証があり、その上剣舞・影撃ち・トリックルームがあるので、自分で掃除しに行く筋とS操作から低速で掃除する筋の2通りを自在に選択できる、勝ち筋の鬼。特に、裏に置く駒としてこれ以上の駒はない。
 影撃ち/じゃれつく/剣舞/トリックルーム@襷
で完成されており、場合によっては剣舞ではなくZはねる(なんとA+3!)にしたり、トリックルームを対要塞の呪いにしたりといった具合での運用となる。

〇Aランク

・ボルトロスT
相変わらず強い駒。耐久自体は低いが、豊富な耐性と高い素早さを生かして行動回数を稼いで相手を消耗させる削り役。あらゆる相手に隙を見せない型で使いたく、
 10万ボルト/何か3つ@珠
での運用が基本中の基本。空き枠は候補が非常に多く、気合玉・草結び・ヘドロ爆弾・悪の波動・めざ氷・挑発などである。
基本は今までと同じだが、環境的に評価が上がったドサイドンに草結びが刺さることや、新顔のガラガラRに対して悪の波動が有効となることに注意を払いたい。

・ギルガルド
こちらも相変わらず強い駒。型も相変わらず2通りで
 シャドーボール/ラスターカノン/身代わり/キングシールド@残飯
の身代わり残飯居座り型と、
 影撃ち/アイアンヘッドor聖なる剣/剣舞/キングシールド@何か
の掃除型である。メガボーマンダと正面から撃ち合える役回り上、ギルガルドは高評価であり続ける。また、対メガボーマンダのメガ枠として採用されるメガクチートへの解答にもなりえる。

・クレッフィ
悪戯心壁役というだけでローテ最強候補。耐性優秀で、特に対メガボーマンダで行動回数が稼げるため、ニャオニクス♂より評価が高くなる。
特に、メガボーマンダと組む際の壁役として適役で、7thローテはとりあえずクレッフィ+メガボーマンダ+裏ミミッキュから組めというのが通説である。
 リフレクター/光の壁/マジカルシャイン/何か@光の粘土
で完成されており、空き枠には要塞対策の毒々や、雨対策の日本晴れなどを仕込む。

〇Bランク

・メガクチート
メガボーマンダに強いメガ筆頭。技構成は様々だが、採用するならトリックルームと併せて採用したい。トリックルーム役としては、当然ミミッキュが強力であり、他では従来通りクレセリアやブルンゲルと良好な関係である。
立ち回りの面でも6thとの変わりはほぼなく、相手に択を迫るが、自分も窮屈となりがちである。

・カプ・コケコ
s130から両壁が張れる、ライコウの存在を無へと変えた新世代壁役。自動で張るエレキフィールドのお陰で、接地駒に欠伸が入らなくなるのも見逃せない。基本的には、
 リフレクター/光の壁/10万ボルト/マジカルシャイン@光の粘土
で完成されており、マジカルシャインを羽休めにして場持ちを良くするのも一考といったところである。瞑想を積む型も一応考えられるが、メガボーマンダの制圧力上昇速度に比べて今一つなので、基本的にはメガボーマンダを補助する壁役として使う方が賢明であろう。
一見とんでもない駒にも見えるが、現状の印象としてはライコウ構築が多少パワーアップした程度であり、劇的な新駒というほどではない。

・クレセリア
トリックルーム要員として競合するミミッキュが現れたが、高耐久トリル役としては不動の地位であり、トリルと要塞の2つの筋を持った駒としてクレセリアの存在を語らずにトリパを語ることはできない。構成は当然、
 サイコキネシス/瞑想/トリックルーム/月の光@ゴツゴツメット
と、瞑想月光による要塞とトリル展開の2つを持っておくのが基本だ。
特性浮遊も偉く、マンダが倒された途端に地面が一貫しないためのトリル役としても採用理由が生まれる。

・テッカグヤ
優秀な耐性と数値からの宿り木の種が光る新顔。メガボーマンダに対し、不意の地震で倒されることがない点が魅力的。構成は様々だが、基本となるのはおそらく
 宿り木の種/ヘビーボンバー/火炎放射/守る@残飯
なる、宿り木残飯型であろう。というのも、テッカグヤが対メガボーマンダを見据える上で、羽休めに対して削りが追いつく必要があり、またメガボーマンダの圧倒的火力を前に過負荷とならないための工夫が欲しく、宿り木の種はその要請に合致する。火炎放射は、単身での詰めを狙う際に邪魔となるナットレイを焼き払うためのもの。火炎放射は場面がかなり限られる為、代わりに身代わりや鉄壁などを採用するのも面白いだろう。
他では、対電気での動きやすさを重視したチョッキや、即時火力を求める眼鏡での運用が考えられる。

・水ロトム
飛行耐性から眼鏡ハイドロポンプを撃つのが仕事の相変わらずのポケモン。構築のパワーを下げずに足りない耐性を補給してくれる、(命中以外)頼れるやつだ。

・アシレーヌ
ここでまた新顔の登場である。このポケモンの使い道は極めてシンプルで、
 ムーンフォース/泡沫のアリア/何か/滅びの歌@拘り眼鏡
で良い。何が強いかと言うと、「ただ殴ってるのが強い」のである。
というのも、このポケモンはc126と高いCを持っており、極めて火力が高く、例えば無振り程度のボルトロスTなら眼鏡ムーンフォースで1発で倒せてしまう。
また、Dも高く、特殊相手への行動回数が稼げる点も強い。特に、対雨では無類の強さを誇っており、雨パはアシレーヌを見ただけで選出が一気に窮屈になってしまう。(雨の攻撃役は大抵眼鏡ムンフォで1発である。)
当然、泡沫のアリアが身代わり貫通という点も見逃せなく、ヒードランはもちろん、素早さを下げることで、身代わりを張ったギルガルドを見てから、ブレードギルガルドを下からアリアで処理、ということも可能である。素早さを下げると、トリルからの筋も狙いやすくなる点も見逃せない。
滅びの歌を覚えるのも偉く、ピクシーが盤面に出ていたら拘り滅びを連打して嫌がらせを仕掛けるという立ち回りも可能だ。
6thでは非天候高火力水タイプは水ロトムくらいしか選択肢がなかったが、アシレーヌという(命中的な意味で)安定感のある駒が加わった。

・ポリゴンZ
ここまであまり多くは語られてこなかったZ技だが、このポケモンこそ、Z技の恩恵を最も受けたポケモンと言えるだろう。というのも、Zテクスチャーは、自分の全能力を上げながら自タイプを最上位置の技タイプに書き換えるというもので、強力無比な積み技となっているからだ。その上、適応力のお陰で一致技の火力が上がるため、一致技についてはC2段階上昇と同じ恩恵を受けると言うのだから驚きである。
当然、どのタイプに化けるかが問題となるが、一番の候補は電気であろう。というのも、ポリゴンZは一度Zテクスチャーを積んでも竜舞メガボーマンダを抜くことができず、対メガボーマンダの観点から、飛行耐性を持ったタイプに化けるのが最適であるからだ。となれば、構成は
 10万ボルト/冷凍ビーム/シャドーボール/テクスチャー@ノーマルZ
が基本であり、この構成により「メガボーマンダに強い高速積みポケモン」という、6thで待望された性能が得られる。配分については諸説あるが、
 控えめ 182-x-95-184-96-135
とし、Zテクスチャー後A216メガボーマンダの竜舞恩返し2耐え、Zテクスチャー10万ボルトで無振りメガボーマンダ1発、C197ボルトロスTの眼鏡10万ボルト耐え、最速70族抜き(S+1でカプ・コケコ抜き)というのが現状の有力候補。
ポリゴンZにより、環境初期の流行であるコケコマンダの並びが一網打尽にされたことは、もはや言うまでもない。

・ニンフィア
新顔が増えたとはいえ、妨害役としてニンフィアを超えるポケモンは現れなかった。やはり
 ハイパーボイス/欠伸/癒しの鈴/願い事@オボン
のような構成で、基本役割として欠伸撒きをこなしつつ、主力の状態異常を治す使い方で問題ない。願い事は、ギルガルドやテッカグヤなど、自然に防御技を採用できるポケモンと相性が良い。
注意すべきは、図太いHBであってもA最大テッカグヤのヘビーボンバーでは乱数で倒されてしまう点で、6thに比べて行動保証が得られにくくなっている。

・ピクシー
7thになるにあたり、ヘビーボンバーの効果が「小さくなるを使用した相手に必中かつ威力2倍」となった点が痛く、テッカグヤやメガハガネールからの攻撃をまともに食らってしまう。とはいえ、6thでメガクチートを相手にできるほどの実力があるので、ヘビーボンバー程度の修正があろうとまだまだ現役だ。構成は、
 アシストパワー/コスモパワー/小さくなる/月の光@保険
以外ほぼありえず、壁とコスモパワーで耐久を上げて相手の鋼技を真正面から受け止めて保険を発動させ、アシストパワーで薙ぎ払う。ヘビーボンバー持ちにはいきなり小さくならずにまずは地道にコスモパワーを積む立ち回りを心がければ良い。
厳しい相手はテッカグヤで、耐久が上がりきっていない序盤に小さくなるとヘビーボンバーで圧死させられ、まずはコスモパワーからと積んでいくと宿り木の種が飛んできてしまう。そのため、対テッカグヤを重視する場合は、特性をマジックガードにして使うという選択肢も生まれるであろう。流石に剣舞メガクチートや鈍いメガハガネールを見据えた天然の方が優先度は高いが。

〇Cランク

Cランク以下は、数が多い為、見易さ重視で
1:メガシンカ
2:主軸
3:削り役
4:低速アタッカー(トリル運用or対トリル運用想定のアタッカー)
5:壁役
6:S操作役
7:妨害役
8:天候利用
のように独断で仕分けた。

・C1
メガバンギラス、メガハガネールは、言わずと知れた対メガボーマンダ用のメガ枠である。特にメガハガネールは、対メガクチートでも非常に優秀な駒である。一部の相手は厳しい為、どんな局面でも刺さるほどではないが、一定の採用理由があるポケモンだ。また、対ミミッキュでも非常に大きな安心感があるので、採用の幅は広がったと言えるだろう。
一方メガハッサム、メガギャラドスは、対ギルガルドで強めのメガ枠としての位置である。とはいえ、メガギャラドスは対メガボーマンダが絶望的に厳しいのがつらい。

・C2
注目すべきはウルガモスとパルシェンである。
パルシェンは、メガボーマンダ+ミミッキュに対して同時に圧をかけることができるポケモンであり、ミミッキュで止まらない主軸として注目を集める。問題は先制技に弱いことだが、それは裏カプ・テテフや願い事の回復に任せることになる。メガボーマンダに強い高速積みにも見えるが、陽気竜舞メガボーマンダと陽気殻破りパルシェンではメガボーマンダの方が速いのが厳しい。とは言え、対ガブリアスの観点からメガボーマンダは意地っ張りでの採用が多くなると考えられる為、陽気殻破りで意地っ張り竜舞を抜いて倒せる場面が6thより多くなっている可能性がある。
ウルガモスは、6thでの活躍は絶望的であったが、ファイアローの評価が急降下したことによって復権。メガボーマンダは依然として厳しいのではないかと問われそうだが、ウルガモスの用途は、「メガボーマンダ軸における対メガクチート枠」であり、メガボーマンダを相手取る想定はしなくてよいので問題にならない。まさに「限定的な局面で活躍できる」Cランクに相応しいポケモンと言える。型は、
 炎の舞/蝶の舞/硬くなる/羽休め@ノーマルZ
が基本であり、メガクチートを含む並びに対してはZ硬くなるでBを一気に2段階上げ、不意打ちに耐性をつけていく。Z技のお陰で謎の要塞性能が加わったポケモンだ。

・C3
まずガブリアスだが、メガボーマンダを採用する場合、ガブリアスを採用する理由はあまりない。メガボーマンダ軸でガブリアスを採用する場合は限られており、大抵は裏メガボーマンダ表ガブリアスの選出で、表ガブリアスを雑に扱う場合である。採用理由は主に瓦割りで、対壁で優秀な削り役といった程度の立ち位置なのであり、5thローテのような絶対王者の時代はとっくに終わっている。ただ、鮫肌のお陰でミミッキュの襷を削れる点だけは偉い。
他で注目すべきは、疾風の翼の大幅弱体化の波を受けて評価を急降下させたファイアロー。使い方はほぼ1択で、
 ブレイブバード/フレアドライブ/追い風/何か@ヒコウZ
と、Zブレイブバードをぶっぱするものとなる。これ自体は役立つこともあろうが、上位にランク付けするほどではなくなってしまったという印象だ。
カプ・テテフは、裏スカーフからの掃除の筋をまず思いつくが、メガボーマンダに無力な為非現実的。先発眼鏡で雑に扱うのが吉だが、耐性が今一つな上トリルからの一掃も難しく、採用に至りにくい。

・C4
ドサイドンは、環境のみによって評価を上げたポケモンの代表格と言えるだろう。というのも、メガボーマンダ+ミミッキュの基本筋に対して圧倒的なまでの性能を誇るからだ。構成は様々だが、中でも目を張るのはイワZ岩石砲を撃つ型だ。わざわざこの型を挙げるのは、何も思考停止でとりあえず火力上げときゃいいだろということではない。ドサイドンは、攻撃性能が極めて優秀である反面、弱点も多いので、先に動いて1発で処理する盤面をなるべく多く作りたいポケモンである。Z岩石砲は、その目的に合致しているというわけだ。剣舞Z岩石砲でガブリアスが1発であるという事実は小学生でも知っている。
ナットレイも、対ミミッキュがなかなか優秀で、鉄のトゲのお陰で襷ミミッキュを処理しやすい点が偉い。
ガラガラRは、剣舞から高火力一貫技が撃てる点が偉く、連続技もある。トリックルームからの一掃を狙いたいが、不意打ちに弱い点をどうケアするかが問題だ。

・C5
ニャオニクス♂は壁だけでなく欠伸や癒しの鈴などが使えるのが偉く、特にピクシーと組む壁役はこれ以上の適役はない。
ラティアスは鋼と組みやすい壁役、炎ロトムはボーマンダ+ギルガルドにおける壁役としてそれぞれ需要がある。

・C6
特に言うべきことはない。

・C7
注目すべきはトゲキッスとラグラージの2体。
トゲキッスと言えば、スカーフエアスラッシュによる削り役と相場が決まっていたが、今作のトゲキッスは一味違う。と言うのも、Z欠伸によるS+1効果の恩恵を最大限に受けることができるポケモンであるからだ。そのため、とりあえずZ欠伸ぶっぱからの、怯み狙いエアスラッシュ(怯んだらお休みなさい)からの、主軸補助の癒しの鈴、のような器用な動きが可能になる。
一方でラグラージは、メガボーマンダと最も組ませやすい地面タイプとして採用が検討される駒だ。構成は、
 アクアテール/瓦割り/欠伸/バリアーor鈍い@オボン
で、欠伸による妨害を基調に、壁には瓦割り、トリル展開にはバリアーor鈍いからのクッションと、極めて器用に動くことができる。メガボーマンダでは厳しい相手となるメガクチートやドサイドン相手に対して動きやすい点で特に評価される駒であり、構築の殆どがメガボーマンダからのスタートである以上、実質的にガブリアスよりよほど採用検討されやすいポケモンとなっている。
トリトドンも、基本的には同様で、こちらは瓦割りと数値がない代わりに、水耐性とクリアスモッグによる対要塞性能が加わっている。

・C8
新顔となるのはキュウコンR。やることは単純で、霰を降らせて粘土オーロラベールを張るだけである。オーロラベールは、1ターンで両壁が張れる上、光の粘土が適用されるため、まずオーロラベールを張ってから主軸を動かしていくというような使い方ができる。
ニョロトノは、新顔雨降らしのペリッパーと競合するが、ペリッパーは耐久が低く敵のS操作に対するクッションにならないため、よほどのことがなければニョロトノを採用するのが吉だ。

〇Dランク

・D1
メガガルーラは、使う理由などもはやほぼないのであるが、挑発を受けても積むことができるという1点のみにて採用理由が存在する為、ここに入れてある。

・D2
注目すべき新顔がかなり多い。
エンテイは、クラウン産の遠吠え神速想定で、Z遠吠え(A+1+1)からの神速聖なる炎での勝ち筋が狙える駒だ。溢れる種族値によりメガボーマンダの竜舞恩返し耐え調整が容易にできる点も有難い。
メタグロスは、Z爪研ぎ(A+1+1)からのバレットパンチによる掃除を狙う。ハッサムでよさそうにも見えるが、ハッサムと異なり飛行耐性がある点が偉く、しかもメガボーマンダの竜舞恩返しを2発耐える。(H振りハッサムは1発で倒される。)
イーブイは、当然イーブイZからのバトンを想定。但し、ローテでは1体でも倒されるとバトン先が居なくなることに注意。壁役には襷キュウコンRを採用し、1発で倒されないように工夫したい。バトン先はもちろんアシストパワーエーフィ。
メテノは、メガボーマンダに強い高速積み第2弾であり、殻を破るからの合法白いハーブからのアクロバットを決めることができる。岩・飛行ともに一貫性が高いので、未知数ではあるが活躍の機会はあるかもしれない。
ルガルガン昼は襷剣舞からのアクセルロック掃除が基本で、特にメガボーマンダに抜群で入る点が偉い、気がするが、採用まで至るかは別問題。
ビーダル、グソクムシャは、剣舞アクアジェットによる掃除が基本筋。しかし、メガボーマンダが厳しすぎるので、現状は非現実的だ。ビーダルは、剣舞でA+4で電光石火も覚える上、ミミッキュの影撃ちが効かないので、悪くはないと言えば悪くはないのだろうが、まあよくわからない。

・D3
コメントすべきかどうか悩む面々がズラリと並ぶ枠。
デンジュモクは、Z蛍火で体力全快となるため、場合によっては蛍火2積みが狙えて、そこからの追い風からのマジカルシャイン一掃という浪漫がある。ちなみに、珠マジカルシャインでガブリアスが1発らしいのだが、これはまさに種族値の暴力であろう。
ハギギシリは、頑丈顎からのサイコファングで壁破壊高火力攻撃ができるという一発芸の持ち主。

・D4
注目すべきはボスゴドラ。やることはZ爪研ぎ諸刃の頭突き!

・D5
ビリジオンは、岩耐性持ちで非鋼壁役。具体的には、マンダドランにおける壁役として、一考の余地がある。

・D6
デスカーンは、メガボーマンダやメガクチートをついでにミイラにするトリル役。ミミッキュもミイラになっちゃうのかどうかはよく知らん。

・D7
ここに並ぶのは基本的に、「〜〜〜な耐性を持つ欠伸役」である。

・D8
ペリッパー、君には失望したよ。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

リィズ

Author:リィズ
ポケモンが好きで主に対戦を考察する。
東京大学ゲーム研究会(TGA)所属。
乱数調整の解説記事へは、下のリンクから行けます。

リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
Twitter
アクセスカウンター
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。