アニメ好きでもゲーム好きでもない、純粋なポケモン好きによるポケモン対戦中心の雑記。コメント返信は遅め。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7thローテキャラランクver.2

S(他とは一線を画すポケモン)
メガボーマンダ
ミミッキュ

A(極めて汎用性が高いポケモン)
メガクチート
ボルトロスT、カプ・コケコ、ギルガルド、水ロトム、炎ロトム、クレッフィ、ヌオーニンフィア

B(採用理由が多く存在するポケモン)
B1:メガバンギラス、メガハガネール、メガハッサム、メガギャラドス
B2:エンテイポリゴンZピクシーマリルリゲッコウガキュワワー
B3:ガブリアス、サザンドラ、ヒードラン、カプ・テテフカプ・レヒレテッカグヤアシレーヌ
B4:ナットレイ、ドサイドンガラガラR
B5:ラティアス、ニャオニクス♂
B6:クレセリア、ポリゴン2、ブルンゲル、シャンデラユクシー
B7:トゲキッスビビヨンモロバレルサンダースブラッキー
B8:キュウコンR、ニョロトノオムスターガマゲロゲ

C(採用理由が存在するポケモン)
C1:メガリザードンYメガガルーラメガメタグロス、メガラティアス、メガサメハダーメガラグラージ、メガフシギバナ、メガジュペッタ、メガガブリアス、メガバクーダ、メガミミロップメガピジョットメガユキノオーメガヤドラン
C2:メタグロスカイリューパルシェンリザードンギャラドスライチュウRウルガモスハッサム、オニゴーリ、ココロモリ、イーブイエーフィルカリオキリキザンマニューラゾロアークアブソルホルード、メテノ、ルガルガン昼、ギギギアル、マッスグマ、ペロリーム、ニョロボンガメノデス、アバゴーラ、ビーダル、グソクムシャ
C3:バンギラスボルトロスNランドロスN、ラティオス、ファイヤーサンダーフリーザーカプ・ブルルカミツルギ、デンジュモク、フェローチェファイアロージバコイルドリュウズ、オンバーン、バシャーモヒヒダルマオノノクスゲンガームウマージ、ギガイアス、ユキノオーアマルルガ、マンムー、ワルビアル、バクオングゴローニャエンペルトラプラスランターン、チラチーノ、ベトベトンRルージュラ、カラマネロ、ペンドラー、メガヤンマ、ハギギシリ
C4:ココドラ、ボスゴドラハガネール、シュバルゴ、シロデスナ、サイドンカビゴンリングマキテルグマゴロンダローブシン、オニシズクモ、シザリガー
C5:ライコウ、ウツロイド、ビリジオン、ジャローダ、メガニウムアブリボン、マフォクシー、スターミー
C6:スイクン、エルフーン、バルジーナヤミカラスエアームドムウマタブンネ、サマヨール、ドータクン、デスカーン、オーロット、ナッシー、フレフワン、ランクルス
C7:シャワーズリーフィアブースターグレイシアカイリキーゴルーグペラップキノガッサ、マシェード、ドレディア、カバルドン、ラグラージトリトドンコータス、カエンジシ、トドゼルガ、ネッコアラ、マルノーム
C8:ペリッパーキングドラマンタインツンベアーサンドパンR、フシギバナ、ハハコモリメブキジカ、エレザード

Nは通常、Tは霊獣、Rはアローラ。
評価上げは赤、評価下げは青、太字は対要塞、下線は状態回復、斜体は壁破壊。
対要塞:クリアスモッグ、黒い霧、滅びの歌
状態回復:癒しの鈴、アロマセラピー
壁破壊:瓦割り、サイコファング、霧払い
1:メガ、2:主軸、3:削り、4:低速、5:壁、6:S操作、7:妨害、8:天候利用

以下解説。

主な変更点は以下の点である。
①お祝い・ハッピータイム・手を繋ぐの考慮。
②汎用性評価
③要塞の評価下げ
④使い道の開拓
それぞれについて解説する。


①お祝い・ハッピータイム・手を繋ぐ(「ハッピー」と総称する)

Zハッピーは、ABCDSを1段階ずつ上げる効果を持つ。使えるポケモン、というか覚えた状態で配布されたポケモンは、
イーブイ及びその進化系、ゲッコウガ、ギャラドス、リザードン、ライチュウ、ペルシアン、キュウコンR、デリバード、カラマネロ、ビビヨン、キュワワー
である。 但し、配布限定なので、タマゴ技、特性、性格に注意。基本は隠れ特性でないが、ゲッコウガに限り隠れ特性となっている。

・ゲッコウガ
メガボーマンダより速いので、積み合いになってもメガボーマンダの上を取れる点が偉い。悪の積みポケモンという点でも貴重で、メガギャラドスを使わずに、「ギルガルドに強い積みポケモン」を採用することができる。

・リザードン
浮いている炎で、ファイヤーやファイアローと競合するが、ゲッコウガ同様、「ギルガルドに強い積みポケモン」として採用できる点が偉い。

・ギャラドス
弱くはなさそうだがパッとはしない。

・ライチュウR
アローラフォルムで使えるかは知らないが、使うならアローラフォルムか。両壁願い事が使える貴重なポケモンでもある。

なお、ビビヨンとキュワワーの評価上げは、これとは無関係である。


②汎用性評価

2点目だが、前回は、単純な爆発力を主な基準に評価を行なった。
今回は、爆発力というよりは、汎用性、すなわち、「構築の採用要請の満たし易さ」によって評価を行なっている。特徴として、下にランク付けしたからといって弱いということではないということが挙げられる。採用しやすいとは言えないが、採用した際には無類の強さを発揮するポケモンが、低ランクにゴロゴロいる。
汎用性評価によって評価を伸ばしたのは、主に次のポケモンだ。

・ヌオー
最も顕著に評価を伸ばしたのはヌオーで、特性と耐性による圧倒的行動保証からの欠伸によって仕事できる局面が非常に多い上、対要塞・壁破壊という、構築の採用要請を満たすことができる。そのため、あらゆる構築で採用することができ、採用して腐ることもないという、欠点がまるで見当たらないポケモン。単体の爆発力では大したことはないが、採用して絶対に損をしない。
ヌオーの汎用性の高さは異常。

・炎ロトム
水ロトムと比べて単体の爆発力でパッとしにくい炎ロトムだが、汎用性という面で水ロトムに引けを取らないと判断した。というのも、7thローテ、強い炎タイプが全然居ない。炎は、2枚目のフェアリー耐性として採用要請が高く、浮いている鋼を選びにくい以上浮いている炎はそれだけで価値があるのだが、浮いている炎は非常に少なく、炎・飛行連中はどれも仕事に確実性が不足しており、パッとしない。一方で、水タイプはヌオーを筆頭に強力なポケモンばかりである。ゆえに、水ロトム+炎タイプで構築を組むより、炎ロトム+水タイプで構築を組む方が、結果的に強力になりやすい。以前は、炎ロトムは水ロトムに比べ眼鏡でのアタッカー運用がしにくいと考えて、主に壁役で使うことが多かったが、
 10万ボルト/シャドーボール/めざ炎/オーバーヒート@眼鏡
で十分力を発揮できると考え、眼鏡炎ロトムの評価を改めた。特に、ボルトロスT+炎耐性を前にしてもシャドーボールを撃って堅実な仕事をしにいける点が偉い(C全振り眼鏡シャドーボールでボルトロスTは2発)。

・エンテイ
ギルガルドのキングシールドを気にせず動ける掃除役という性能が偉い。対ミミッキュで聖なる炎が強いのも良い。着地炎としては、ウルガモスより採用しやすさを感じた。

・ブラッキー
構築に状態回復は仕込んでおきたいが、しかし状態回復技を持つポケモンは多くがギルガルドに弱い。一方で、ブラッキーは対ギルガルドで比較的戦いやすい。対ギルガルドがそこまで充実してるわけではなく、対ギルガルドに弱くなりすぎない状態回復を採用したい場合に、ブラッキーは他とまったく競合せず候補に挙がりやすいため、評価上げを行なった。
型としては、臆病HSからのZ欠伸でSを上げることで、欠伸という基本役割をこなした上で、鈴を撃つ確実性を高める、といった型が注目される。

また、評価下げを行なったのは次のポケモンである。

・ポリゴンZ
爆発力は非常に高い。とは言え、なかなかピーキーな性能をしているので、採用しやすさは高くはない。1回しか積めないせいで黒い霧ヌオーにかなり弱いのもマイナス。
前回は電気テクスチャー型を紹介したが、悪テクスチャー型も一考。ギルガルドどころか、殆どのクレセリアを即処理できる。ゴーストテクスチャーは、不意打ちに弱いので、カプ・テテフと組ませるなどといった工夫があると良いか。

・テッカグヤ
浮いている鋼は嬉しいが、他の鋼と比較すると、一貫打点のギルガルドや悪戯壁のクレッフィと比べ、仕事の安定感は流石に落ちる。

・アシレーヌ
仕事の安定感は高めだが、他に優秀な水タイプが多すぎて、なかなか最終採用まで至らない。

・クレセリア
他のトリル役と競合しやすく、なかなか決定的採用理由がないため、評価下げ。

・カイリュー
ドラゴン技も神速もミミッキュに無効化されるのがダメ。

・パルシェン
圧倒的地位のメガボーマンダやミミッキュに対して戦いやすい点は良いが、苦手な相手も多く、汎用性は低めである。

・ファイアロー
こいつ、あんま強くないし、できれば採用しない形で構築を完成させたい。

・ジバコイル
打点的に仕事確実性がそこまでではない。

・ドリュウズ
メガボーマンダに弱い鋼であり、ドサイドンに弱い地面である。

・ラグラージ&トリトドン
ヌオーに比べて採用する理由が薄いため、評価を下げた。


③要塞の評価下げ

汎用性評価に関連して、要塞は評価を下げた。というのも、素の火力が低く積まずに仕事をするのが困難な上、対要塞技を相手が持って居るだけで仕事の確実性が一気に減るからである。

・ピクシー
要塞の代表格。要塞戦術を採用する上で、こいつ以外を採用する理由はあまりない。

・ウルガモス
Z硬くなるによる要塞化は面白いが、ピクシー対策でついでに対策される。


④使い道の開拓

幾つかのポケモンについては、新規で使い道の開拓が進んだ。

・キュワワー
ヒーリングシフトは、HP回復効果のある技を優先度+3で撃てるというもの。キュワワーで言えば、光合成・ドレインキッスあたりが該当する。そう、ドレインキッスが先制技として撃てるのである。また、アロマセラピーを覚えるので、採用要請を満たしやすくもある。
すなわち、構成としては、
ドレインキッス/成長or瞑想/アロマセラピー/何か@ノーマルZor何か
という形で、積みからの(Z成長はC+1+1)ドレインキッスを狙う。
先制技での掃除と、瞑想ドレインキッスによる要塞と、アロマセラピーによる主軸補助の3つを技3枠でこなす怪物。トリックルームも覚えるので、トリルする耐久としては襷を持たないと心許無いとはいえ、十分視野に入る。
晴れにすると成長がC+2効果となるので、晴れパでの運用も検討されるポケモンだ。というか、晴れパはこいつのために組むものであろう。

・カプ・レヒレ
高い耐久からの自然の怒りにより堅実な仕事ができ、黒い霧での対要塞も担当でき、ちゃっかり霧払いによる壁破壊も可能な、有用ポケモン。状態回復技は覚えないが、ミストメイカーによる対状態異常性能もあるので、採用機会は極めて多い。
かなりヌオーに近い性能。

・ビビヨン
複眼眠り粉のお陰で入れて弱くなることがない上、アロマセラピーを覚えるので、襷が余っているなら構築の最後枠として非常に嵌まりやすいポケモン。
ローテ構築の基本は、強い4体+ヌオー+ビビヨンである。

・ハガネール
非メガである。鋼・地面というタイプがそもそも強いのだが、先述した通り、ドリュウズは対メガボーマンダでも、対岩(特にドサイドン)でもまったく信用できない。一方でハガネールは、対メガボーマンダで安心、ドサイドンにも戦えるという性能を持っている。特に、メガボーマンダと組む鋼としてなかなか嬉しい性能を備えている。
構成は、
 アイアンヘッド/地震/ロックブラスト/噛み砕く@鉢巻
のようにし、特性を力尽くにすると、アイアンヘッドでメガボーマンダが2発になってまあまあ嬉しい。一貫打点となる噛み砕くも火力が上がるので嬉しい。アイアンヘッドではなくジャイロボールなどにし、行動保証の頑丈にする手もある。
ヘビーボンバーはメガボーマンダ相手に威力80なので渋い。

・アブリボン
両壁、アロマセラピー、蝶舞ムーンフォースでメガボーマンダ1発、ができるポケモン。一応壁役としての枠組みに入れたが、蝶舞アロマで使っても当然良い。
主軸としての性能は流石に高いとは言えないので、どちらかと言えば、状態回復もできる壁役という立ち位置がメインになるだろうと考えている。
特性は、眠りにならないスイートベールと、エアスラッシュで怯まない鱗粉の2つで、どちらもなかなか嬉しい。
今一つ物足りない感じだが、面白いことは面白い。

・マンタイン
なんか種族値が上がったすいすいアタッカー。
第一に特殊耐久が高いところが偉く、眼鏡サザンドラやら眼鏡アシレーヌやら、耐えてから厳しい1発を放ってくる種の雨対策に対して強気に動ける。
第二に草が抜群でないところが偉く、(鉢巻パワーウィップだと流石に相当振らないと耐えないものの)ナットレイ前で比較的動きやすい。
第三に浮いているのが偉く、鋼と組みやすい。当然、電気耐性のある鋼と組むのが最善で、メガハガネールが筆頭候補となる。他、ナットレイやジバコイルも該当。とは言え、メガボーマンダに弱いことから飛行耐性のある鋼と組みたいので、ナットレイはやや微妙。
未知数ではあるが、すいすいアタッカーとして結構戦えそうな性能をしていることは間違いない。

他にも幾つか追加してはいるが、語るには及ばない。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

リィズ

Author:リィズ
ポケモンが好きで主に対戦を考察する。
東京大学ゲーム研究会(TGA)所属。
乱数調整の解説記事へは、下のリンクから行けます。

リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
Twitter
アクセスカウンター
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。