アニメ好きでもゲーム好きでもない、純粋なポケモン好きによるポケモン対戦中心の雑記。コメント返信は遅め。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仮想対戦法

仮想敵を考える意味やその方法についての話。

構築論のエッセンスの続編(?)。

仮想敵という用語はいつから使われ出したんだろうね。最近やたらと目にするんだけど、少なくとも私は各種攻略サイトでこの用語が用いられる以前から使っていた筈。

各所の鑑定板をよく見ていた時期があったが、大体のパーティというのは見ているだけで苛々する。
何故かというと、単に「物理受け」とか「特殊受け」としてしか説明がなされておらず、「具体的に」誰を受けるのか、全く書いていないからだ。
そんなパーティにはいつも、「仮想敵を明示して下さい」と書き送ったものだった。
皮相的役割理論では、パーティに物理アタッカー・特殊アタッカー・物理受け・特殊受けをバランスよく入れる(比は2:1:2:1がベストだとよく書かれる)ように指示されるので、しばしば愚直にそれに従って、各種サイトでそれらの役割に相応しいとされる種族を引っ張り出し、そのあとそれぞれの育成論を参照しその内容を丸々なぞり、パーティと称して放り込む人が居る。

勿論、そうやって作られたパーティでも偶然的に素晴らしいパーティになっていることはある。
しかし、それぞれの個体が同時出しを基調とするのか、後出しを基調とするのか、また同時出し・後出しで対処したいorできる範囲がどうなっているのかを知らない作成者がそのパーティを使いこなせる筈が無い。
結局、皮相的役割理論に基づくパーティは弱いのだ。

では、どうやってパーティ構築をするのがいいのかというと、一番最初の記事の通りにすればいい、と私は思う。
別に、あの方法のみが正解だとも思ってないし、あの方法がベストだとも思っていない。ここで言っているのは、現在私が私の能力で思いつきうる最良の解答はあの程度のものである、ということだ。

少なくとも私の方法では、目的意識が全面に打ち出されていることが確認できるだろう。
同時出しを基調とするか、後出しを基調とするかで役割を分類し、対処する敵というのを具体的に定めている。
即ち端的に言うなら、同時出しで対処できる仮想敵、後出しで対処できる仮想敵というのを各個体について逐一具体的に書き並べ、羅列された仮想敵に必要に応じて微調整をしていじくりまわすという机上の操作に集約されているのだ。
それは自らのパーティを徹底的に理解することであり、また書き並べられた情報は、行動選択の上での基本的な素材を与える。私は、このようなパーティ構築方法を、仮想対戦法と呼ぶことにしたい。
この仮想対戦法が最良の構築方法かどうかわからないのは前述の通りだが、この文章を読んで納得できる読者には、一度試してもらいたい。仮想対戦法の是非は読者自身で確かめていただきたい。

最後に、仮想対戦法を行う上で重要なことを言っておきたい。
仮想対戦法を有効に活用するためには、型に関する豊富な知識が要求される。仮想敵は型を単位に考えるから、型を知らないと対処可能な仮想敵を書き並べることができない、又は書き並べても実戦では用いられない型ばかりで役に立たないかもしれないからだ。
書き並べる必要がある型は、各々の対戦環境を調べるのがよいが、知識が絶対的に不足している(例えば無限トドを知らない等)場合は、各種サイトの育成論を参照されたい。

私も自分の知識不足は否めないので、ゲー研という素晴らしい環境を活用しながらポケモン対戦への理解を深めていきたいと思っている。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

リィズ

Author:リィズ
ポケモンが好きで主に対戦を考察する。
東京大学ゲーム研究会(TGA)所属。
乱数調整の解説記事へは、下のリンクから行けます。

リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
Twitter
アクセスカウンター
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。